ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ロック・フィーリング爆発のワイルド・ヴァイオレントなギターが突出して見せ場をさらい、モーダル・グルーヴィーなピアノやシャープ&スピーディーなドラムも美味しく際立った現代ジャズ最尖端! CD 竹村 一哲 ITTETSU TAKEMURA / 村雨 MURASAME
商品詳細
中学卒業と同時に地元の札幌でプロ活動を開始し、当初はロックやフュージョンを演奏、やがてジャズの道へ進み、石田幹雄トリオを皮切りに、板橋文夫トリオ、渡辺貞夫グループ、峰厚介カルテットなど、拠点も東京へ移して数々の名だたる第一線バンドで辣腕を発揮、また企画ユニット:Maziwarisや自身率いるカルテットでの演奏も精力的に推進して好評を得てきた、新世代ドラマー:竹村一哲(1989年北海道札幌市生まれ)の、そのレギュラー・カルテット(with 井上銘-g、魚返明未-p、三嶋大輝-b)によるアルバム第1作。シャキシャキ・キビキビ・ドシャバシャと歯切れよく跳ねのいい速射砲撃的な大攻勢をかけてくるドラムの猛襲に頼もしく捲し立てられながら、鋭く空を斬り裂くブルージーであり半ノイジーでもあるロック・フィーリング或いはファンク・ジャム感覚に満ちた好戦的ギターや、モーダル・バピッシュなストレートアヘッド街道を前のめりに突き進むテイスティー・グルーヴィーなピアノ、ドライヴ感満点の鋭利敏捷にして温もり溢れるベース、らが次々と入れ代わりカラフルかつ旨味たっぷりに座を賑わせて中々スカッと昂揚させてくれる会心打内容。現代流モード系ハード・バピッシュ・ジャズの一典型を示した、リズム・スタイルは今風でヴァラエティーに富みながらあくまで硬派で精悍凛々、しかもブルース・センスや哀愁の歌心も潤沢に備わった、雄渾のハードボイルド・アクション!的な程好き疾走感を伴った超威勢のいい大驀進、が嬉々溌溂と展開され、要所要所に浮かび上がっては雷神の如き情容赦ない猛り狂い様を見せる竹村(ds)の、細密にして結構コワモテそうでもある黒幕ぶり=半ゲリラティックなパンチキック遊撃、にビシビシ触発されて、井上(g)や魚返(p)の全力全霊で燃えに燃え盛るアドリブ奮戦が実にワイルドに、殊の外エキサイティングに疾風怒濤のただならぬ盛り上がりを見せて、全く圧倒的だ。とりわけ井上(g)の、音色も変幻自在にひたすらエネルギッシュ&アグレッシヴそしてヴァイオレントな轟音(またある時は騒音?)然とした大暴れ疾駆にイキイキ興じる、感じの鬼気迫る、また「邪」の匂いを濃厚に振りまく破壊力も抜群なロックorファンク・ジャズ寄りのモーレツ大立ち回りアタック、がグループ全体をカタギでない一種異界めいた危険な領域へ踏み込ませるのに重要な一役を買っていて何より傑出しており(もし井上がいなかったらこの作品、このグループの本質〜核たるところは恐らく成立しなかったであろうと思われる肝心カナメぶり!圧巻!)、一方魚返(p)の、真っ当なメインストリーマー肌のダイナミック・スウィンギン・スタイルを根幹とするも、井上のハッチャケぶりに負けてなるかと闘魂に火がついたか時折フリー寄りのアブストラクト&アナーキーな強硬ワザにも転じる、メリハリの利いたドラマティックな燃焼具合もこれまた壮快。

1. 村雨 
2. もず 
3. A 
4. Black Bats And Poles
5. RM
6. Spiral Dance
7. Lost Visions

井上 銘 (guitar)
魚返 明未(オガエリ アミ) (piano)
三嶋 大輝 (bass)
竹村 一哲 (drums)

2021年2月9日,10日東京録音

レーベル:Days of Delight

御予約商品
2021年7月1日発売予定
国内制作CD


ロック・フィーリング爆発のワイルド・ヴァイオレントなギターが突出して見せ場をさらい、モーダル・グルーヴィーなピアノやシャープ&スピーディーなドラムも美味しく際立った現代ジャズ最尖端! CD 竹村 一哲 ITTETSU TAKEMURA / 村雨 MURASAME[DOD 016]

販売価格: 2,630円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
DAYS OF DELIGHT

★日本ジャズ界が誇るドラムの鬼才・竹村一哲のリーダーアルバムがついに完成!同世代のトッププレイヤーを率いた新譜 『村雨/Murasame』 登場!

★2年余り前に結成したレギュラーカルテットによるエキサイティングな演奏はこのバンドならではのもの。井上銘(g)、魚返明未(p)、三嶋大輝(b)という若きトッププレイヤーをメンバーに迎え、エッジの効いた「現代のジャズ」をつくりあげています。

★魅力はなんといっても彼らのあいだに生まれるケミストリー。メンバーのアイデアで次々に展開していくスリリングなサウンドは、文字どおりジャズの魅力を体現しています。(メーカーインフォ)

★「メンバーの力量と感性を信じてドクドクとグルーヴを放射しつづけ、彼らを背後から強い力でプッシュする。迷いのないドラミングでバンドを鼓舞し、ポジティブなエネルギーで満たす。保険をかけない。人目に媚びない。後悔しない。保
身や小賢しい計算とは無縁。それが竹村一哲の強度の力源だとぼくは考えます」
―――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野暁臣