ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2022年12月REVIEW真っ向勝負で明快ストレートに美メロを歌いきる徹頭徹尾オーソドックスなリリカル・アクション・ピアノがスカッと華を飾ったテイスティー・グルーヴィー・ピアノ・トリオの鑑! CD TÕNU NAISSOO TRIO トヌー・ナイソー・トリオ / THAT OLD FEELING ザット・オールド・フィーリング
商品詳細
★また一段と熟味を増してきたエストニアの人気ヴェテラン・ピアニスト:トヌー・ナイソー(1951年旧ソ連・エストニアのタリン生まれ)の、鉄壁不動の緊密トリオによる快調な一編。

★ゴツンと石のように固く鋭角的キレのよさを呈した陰影にも富む骨太ソリッド・タッチのピアノが、オーソドックスなバップ・ピアノの言語マナーに則った硬質ダイナミック・アクションとアーシー・ブルージーな吟醸歌謡風の節回しを掛け合わせ、更にはモーダルな雄渾スケールの力学手法もしくはヨーロピアン・タイプのロマンティシズム描写なども適宜盛り込んで変化をつけ、トータルなアウトラインとしてはあくまで真っ当、あくまで正攻法の明快明瞭なるメロディック・スインギー・プレイを溌溂と紡ぎきって、何とも清々しく爽やかなスッキリとした華を成し、一方、重低音を弾力的にウネり躍らす分厚いベースや、安定律動と不穏な蠢きを同時に連鎖体現する遊撃力抜群のドラム、らの立ち働きもノリとスリルを的確に高めて頼もしい魅力を際立たせた、全体を通じとことん真っ向勝負な人情肌娯楽活劇風のアクティヴ・リリカル敢闘が続いて、胸のすくカタルシスを満喫させてくれる会心打内容。

★歌心とスイング感に潔くポイントを絞り、伝統的ブルース・フィーリングやバップ・スピリットも自ずと潤沢に備わった、大衆派エンタテインメントのこれぞ鑑!たる抒情指向のハード・バップ快演、が嬉々として愉しげに、そして精悍に展開され、終始一貫晴れ晴れとしておおらかで風通しもよさそうな朗々驀進コースの中、Abner(ds)やRemmel(b)の手堅くも起爆力みなぎった中々アタッキングなサポートに上手くノセられ、触発されて、ナイソー(p)の、"吹き抜ける一陣の青嵐"の趣を湛えた直球のアドリブ奮戦が、ひたすらスカッと爽快に冴え渡ってゴキゲンだ。

→エヴァンスやハンコックの成果を踏まえた躍動型耽美ポエティック路線の王道を行く機略縦横の劇的マイルド節や、バップ・イディオムをストレートに活用したハード&スクエアーな殺陣風のダイナミズム攻勢、そしてレッド・ガーランド辺りに通じる軽涼な玉転がしっぽいブロック・コードを使った小粋で渋い寛ぎファンキー・フレージング、以上のようなアプローチを変らず柱として徹頭徹尾「ジャズ・ピアノの正統」の道を脇目もふらず真っ直ぐに突き進むその、美旋律の宝庫にして輪郭にもスタンスにも一切ブレるところのない確固とした弾鳴のあり様は、誠に風流で雅趣深く旨味満点、説得力も十二分。

1. Wouldn't It Be Loverly?
2. Naima
3. I Hear A Rhapsody
4. Lazy Day
5. Invitation
6. Sometime Ago
7. Doxy
8. These Foolish Things
9. That Old Feeling

Tõnu Naissoo (piano)
Taavo Remmel (bass)
Ahto Abner (drums)

2022年9月 録音

レーベル:澤野工房

在庫有り
デジパック仕様CD
※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,640円になります。


真っ向勝負で明快ストレートに美メロを歌いきる徹頭徹尾オーソドックスなリリカル・アクション・ピアノがスカッと華を飾ったテイスティー・グルーヴィー・ピアノ・トリオの鑑! CD TÕNU NAISSOO TRIO トヌー・ナイソー・トリオ / THAT OLD FEELING ザット・オールド・フィーリング[AS 502]

販売価格: 2,520円(税込)
数量:
商品情報
澤野工房

★ピアノをどう弾いたら、こんな音色になるのだろう。トヌー・ナイソーのピアノは優しく、美しく、キラッとしたメロディーがある。これがサワノの求めるサウンドの原点。

■ライナーノーツ
★2022 年秋。ひさしぶりに東京で澤野さんとお会いし、年末のコンサートや、澤野商会時代の話、好きなレコードの話をした。その時、「これ次のリリースなんやけど」と渡されたのが本作だ。トヌー・ナイソーはエストニアのベテランピアニスト。 1960 年代から活動し、サワノとは 2005 年 の 『 ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート 』 以降、 1 5 年以上のつきあいとなる。前作、 2017 年 の 『 1967 』から約 5年のリリース間隔があるものの、澤野さんいわく、 2 人の間には「ブレのない信頼」があるそうだ。

★一方、私はジャズ C Dの販売に携わり 2 0年以上が経つ。アトリエサワノの作品は、ほぼリアルタイムで聴いていて、もちろんトヌーさんの作品もすべて聴いてきた。この人のピアノは、優しく美しく、キラッとしたメロディがあっていい。例えば、 Tr.01 「 ウドント・イット・ビー・ラヴリー?」はイントロからして、トヌーさんの世界そのものだと思う。可愛らしい三拍子の Tr.06 「 サムタイム・アゴー」も、同様に個性が出た演奏だ。テーマが終わるとすぐベースのソロがあり、そこからはベーシストと対話のように曲が進んでいく。コルトレーンの Tr.02 「 ネイマ」は、少し意外な選曲かとも思うが、実にメランコリックに仕上げる。最後の 2曲は少しオールドな雰囲気。特に Tr.08 「 ジーズ・フーリッシュ・シングス」のとつとつとした表現はどうだろう、引き込まれませんか?

★あの時聞いた「ブレのない信頼」とはどういうものか分かる気がする、とてもいい作品だと思う。
(Text by 神 尾 孝 弥)