ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2022年11月REVIEW真っ向勝負のブルージー・バピッシュな硬派旨口ピアノ・トリオ演奏で綴られる哀愁と牧歌性に満ちたロマネスクなフォーク・ミュージック世界 CD SCENE OF JAZZ (石井 彰-p, 安ヵ川 大樹-b, 大坂 昌彦-ds) シーンオブジャズ / FOLKLORE フォルクロア
商品詳細
★2006年に結成され、ローヴィング・スピリッツやダイキムジカよりの諸作に好評を得てきた、石井彰(p)(1963年神奈川県川崎市生まれ)、安ヵ川大樹(b)(1967年兵庫県西宮市生まれ)、大坂昌彦(ds)(1966年生まれ、秋田県横手市出身)、という3人の個性派名手から成るピアノ・トリオ・プロジェクト:Scene of Jazz(シーンオブジャズ)の、今回は海外ならびに日本のトラディッショナルな「民謡」群をレパートリーとしてSoJ独自のジャズ・アレンジによるフォルクロア世界を愉しませる一編。

★歯切れよくも端正できららかに光沢を放つかのようなクリアー・タッチ・ピアノの瀟洒味溢れるファンキー・バップ・プレイ、或いはクール・スマートなモード系力学ワザ、が軽妙で粋渋なる華を成し、太くウネりつつウォーム・ドライヴィングに揺れ躍るベースや、ドコドコ轟鳴する重厚でゴツい力業とシャープ&センシティヴな堅実アプローチを的確に使い分けるドラム、らの瞬発力&機転ある遊撃的サポートもばっちりテイスティー・グルーヴィーに際立った、全体を通じ原曲の本来有する奥深い哀愁浪漫や牧歌性とハード・バップ・ジャズならではの陰影に富んだ燻し銀っぽいノリ具合、とが絶妙の親和力を見せて小気味よくノセ、また豊かな旨みを満喫させてくれる好演内容。

★民謡のジャズ・アレンジと云っても決して奇を衒うことはせずいい意味で安心感を齎す「バップ、ブルース、歌心」に主眼を絞った、極めて真っ当な人情娯楽派ジャズへストレートに引き寄せられたフォーキー演奏がおおらかかつインティメイトに、落ち着いた調子でイキイキと展開され、安ヵ川(b)や大坂(ds)の芸達者でニュアンス細かな活躍が奏効してキレのある鋭敏なダイナミック・スイング感が醸成され続けるノリのいい道程の中で、実質的な主役を務める石井(p)の、腰を据えて伸び伸びと哀歓を唄い上げる硬派王道でシブいアドリブ妙技が安定して芳醇なる冴えを示し、加えて、隙あらば主役の座をさらわんと分厚くしなやかな弓弾きも織り交ぜつつ雄弁に迫る安ヵ川(b)、の中々執拗な猛追ぶりも利いて大いにスリリングで色彩感豊かな流れが創出されており、一瞬たりとも生鮮気分が途切れない。

★石井(p)の、ハンコックやエヴァンスの成果を踏まえて敢えて甘さは控えめに、思索性や理知性の仄めく硬質で鋭角な翳りある憂きアクション・フレーズを慎重な息遣いで丹念に繰り出し、何とも奥深い余情を残す語り口の粋がさすが卓越しており、かと思えばよりアーシーで黒いソウルやゴスペル・フィーリングを前面に打ち出した吟醸グルーヴ節の「イキでイナセ」な妙味がまた絶品で、その、節度とゆとりを保っての何げに懐の広い筆運びは実に風流かつコク旨この上なし。これに分け入って(ちょっと饒舌なほどに)侵攻してくる安ヵ川(b)の歌謡性溢れる温かでスピリチュアルな猛ハッスルの様も敢闘賞モノ。

01. Estrellita (From three Mexican folk songs メキシコ民謡より / Manuel M. Ponce) 5:36
02. Annie Laurie (Scottish folk song スコットランド民謡) 5:28
03. Ack Varmeland Du Skona アック ヴァルメランド デゥシェーナ (Dear Old Stockholm) (Swedish folk song スウェーデン民謡) 6:38
04. The Water is Wide (Scottish folk song スコットランド民謡) 6:00
05. Hanagasa Ondo 花笠音頭 (Yamagata folk song 山形県民謡) 5:48
06. Itsukino Komoriuta 五木の子守唄 (Kumamoto folk song 熊本県民謡) 5:17
07. Tairyo Utaikomi 大漁唄いこみ (Miyagi folk song 宮城県民謡) 4:16
08. The Dream Passes by the Windows 夢は窓辺を過ぎて (Ukrainian folk song ウクライナ民謡) 3:55
09. Scarborough Fair (English folk song イングランド民謡) 5:56
10. Precious Lord, Take My Hand (George Nelson Allen) 4:22
11. The Cossack Lullaby コサックの子守唄 (Caucasian folk song オセチア民謡) 4:58
total time 58:35

石井 彰 (piano) (toy piano? or 鉄琴? on 06)
安ヵ川 大樹 (bass)
大坂 昌彦 (drums)

2022年8月3日Studio Happiness(スタジオハピネス/神奈川県川崎市高津区)録音

レーベル:D-neo

在庫有り
国内制作・見開き紙ジャケット仕様CD

真っ向勝負のブルージー・バピッシュな硬派旨口ピアノ・トリオ演奏で綴られる哀愁と牧歌性に満ちたロマネスクなフォーク・ミュージック世界 CD SCENE OF JAZZ (石井 彰-p, 安ヵ川 大樹-b, 大坂 昌彦-ds) シーンオブジャズ / FOLKLORE フォルクロア[DNCD 30]

販売価格: 2,640円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
D-MUSICA (ダイキムジカ)

★石井 彰、大坂 昌彦、安ヵ川 大樹によるシーンオブジャズ、待望の9作目!
世界、日本の民謡をシーンオブジャズのサウンドで大胆にアレンジ。

★2006年7月ローヴィング・スピリッツより、初アルバム「Scent of Summer」をリリースして以来、2006年10月「Echoes of Autumn」、2006年12月「Colors of Winter」、2007年4月「Breeze of Spring」、2008年11月「Delights of Seasons -Live at MUZA」、2010年12月ダイキムジカより「Night and Day」、2020年03月「Love」、2021年06月「Colors」とリリースを重ね、本作品2022年11月「Folklore」は9作目。世界、日本の民謡をシーンオブジャズのサウンドで大胆にアレンジ。(メーカーインフォ)

Recorded on Aug.3.2022 at Studio Happiness
Engineer : Ryota Murahama (Studio Happiness)
Piano Tuner : Nami Hanaki
Mixed and Mastered by Eiji Hirano ( Studio Happiness)
Exective Producer : Daiki Yasukagawa ( DAIKI MUSICA INC. )
Art Direction & Design by Tadashi Kitagawa ( Kitagawa Design Office )