ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年3月REVIEW明快平易なオーソドックス・スタイルに徹しながら幽玄雅趣めいた奥深い余韻を残す歌物ハード・バップ・ピアノ・トリオの熟達名演 CD SCENE OF JAZZ (石井彰-p,安ヵ川大樹-b,大坂昌彦-ds) シーン オブ ジャズ / LOVE
商品詳細
石井彰(p)(1963年神奈川県川崎市生まれ)、安ヵ川大樹(b)(1967年兵庫県西宮市生まれ)、大坂昌彦(ds)(1966生まれ、秋田県横手市出身)、という3人の個性派名手から成るピアノ・トリオ・プロジェクト:Scene of Jazz(2006年結成)の、10年ぶりのニュー・アルバムとなるこの通算7作目は、「Love」に因んだ名曲の数々をレパートリーとしたソングブック編。折り目正しくきめ濃やか、それでいて歯切れよく硬質鋭角で骨太い堅牢さをも湛えた、清澄な透明小石っぽいタッチのピアノが、歌心潤沢にして甘すぎず中々渋〜いバップ&ブルースの伝統的イディオムをも多々活用しつつの、ソリッド&スクエアーな敏活プレイをキビキビとサバけた調子で紡いで、ブレのない確固たる凛々しき華を成し、一方、重厚かつ強力にバネを利かせてウォーム&ハード・ドライヴィングに極太く歌いに歌うゴリゴリした逞しいベースや、刻々と音像を変幻させながら手を代え品を代え縦横無尽にスウィンギン・ゲリラ・アタック!をカマしてくる滑脱自在なドラム、らも各々存在感濃厚にテイスティー・グルーヴィーな魅力をバッチリ際立たせた、総じてパワフルでノリよくもその根底にはマイルド・テンダーな和み感が見え隠れする、按配絶妙の快適内容。ハード・バップ・ジャズの正統らしいタフで剛健豪快な威勢のよさやストロングネスと、「歌物」路線ならではの親しみやすくセンスのいい瀟洒味や小粋さ、加えてこの顔ぶれ特有の和気あいあいとしたインティメイトな程好いリラクゼーション、が渾然一体となった、軽快でシャレていながらキリッと精悍に張り詰めた気魄〜緊迫感も自ずと保持してのリリカル・スインギー奏演、が嬉々溌剌と展開され、随所で前面に出張ってきては粘っこく雄弁なソロを炸裂させる安ヵ川(b)の、大いにドスの利いた渾身熱演(〜黒幕ぶり?)も結構圧倒的でウナるものがあるが、対する実質的主役:石井(p)の、あくまで超然としてマイペースで粛々と簡潔質素にごくオーソドックスなアプローチに終始する、その平易無欲げにして含蓄豊かで懐の深い語り口の妙が、巧まずして練達の冴えを見せており、素晴らしい。→揺るぎない確信を持って一音一音を力強く鳴動させるも、トータルとしてはわりかしサラリともしたリキみのない、謹厳実直そうなバップ・ピアノの慣用句的フレージング〜殺陣の型っぽくもある燻し銀テイストの節回し、に幾分か淡泊に徹し、しかし後には幽遠な雅趣めいた余韻・余情がじんわり残る、という、そうした、一聴几帳面でストイックげだがさりげなく奥行きに富んだ鳴音のあり様は卓抜だ。

01. When I Fall In Love 7:09
02. O Grande Amor 6:24
03. Love Walked In 7:23
04. Our Spanish Love Song 5:29
05. The Man I Love 4:22
06. Somebody Loves Me 5:18
07. Lover Man 6:32
08. Love Is Here To Stay 5:41
09. What Is This Thing Called Love 4:14
10. Love 3:13

石井 彰 (piano)
安ヵ川 大樹 (bass)
大坂 昌彦 (drums)

2019年12月17日Studio Happiness(神奈川県川崎市高津区二子2丁目)録音

レーベル:D-neo

こちらで試聴できます。

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

国内制作・見開き紙ジャケット仕様CD


明快平易なオーソドックス・スタイルに徹しながら幽玄雅趣めいた奥深い余韻を残す歌物ハード・バップ・ピアノ・トリオの熟達名演 CD SCENE OF JAZZ (石井彰-p,安ヵ川大樹-b,大坂昌彦-ds) シーン オブ ジャズ / LOVE[DNCD 22]

販売価格: 2,620円 (税込)
数量:
商品情報
D-MUSICA (ダイキムジカ)

シリーズ待望の第7作目、LOVEをテーマに、国内屈指のトリオが、真正面から挑む。

シーン オブ ジャズ 10年振り新作、待望の第7作目、愛(Love)をフィーチャーした至福のスタンダード集。国内屈指の名プレイヤー達が奏でる 「愛」。更に深化、純粋に音楽的な内実に満ちた極上の10篇。(メーカーインフォ)

Recorded on 17th Dec.2019 at Studio Happiness
Engineer : Eiji Hirano (Studio Happiness)
Mixed and Mastered by Eiji Hirano (Studio Happiness)
Exective Producer : Daiki Yasukagawa (DAIKI MUSIC INC,)
Art Direction & Design by Tadashi Kitagawa (Kitagawa Design Office)