ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2022年6月REVIEW【MUZAK 】 CD THE COOKERS QUINTET クッカーズ・クインテット / VOLUME ONE ヴォリューム・ワン
商品詳細
★入手困難だった現代ハードバップのお宝盤、TCQのファースト作が復刻 !

★ジャズ黄金期を彷彿とさせるスリリングなサウンドでハード・バップ・ファンを驚喜させたザ・クッカーズ・クインテットのファースト・アルバムがオリジナル・デザインで奇跡の復刻!2011年に自主制作でリリースされすぐに完売となり、その後2014年にDo Right Musicから再発されたものの再び入手困難となっていた一枚が魅惑的なアートワークと共に紙ジャケットで甦る!

★レロン・トーマスのヴォーカルをフィーチャーしたキラー・チューン「They Say It’s Wonderful」をボーナス・トラックとして収録!(THE COOKERS QUINTET / VOLUME TWOに収録されています)


★人気ピアニスト:リチャード・ホワイトマンも参加した、カナダの精鋭陣による2管クインテットの第1作。息の合ったカラッと爽やかな2管アンサンブルも快調に、トランペット、テナー、ピアノらの、徹底してメロディアス&ソウルフルな直球的アドリブ・プレイが、色彩豊かでおいしさ抜群の華を成してゆく、何とも清々しい正々堂々の会心打内容である。

★歌心とスイング感とファンキー・ソウルをひたすら重視した、ブルース色濃い全き正攻法のハード・バップ大会が楽しげに、ノリよく綴られ、各人の、明快かつ簡潔な、吟醸味たっぷりのソロ活躍が、何げに高い密度でスカッとした見せ場を繋いでゆく。

★Hamel(tp)の、パンチの利いた凛々しく毅然げな、ビタースウィート風味の歯切れよいスウィンギン・アクション技や、オリヴァー(ts)の、引き締まった堅固さとスモーキーな弾力的モコモコ感が絶妙に入り混じった、渋〜い陰影味満点のレイジーなスムース・ドライヴィング・ブロウ、そしてホワイトマン(p)の、燻し銀的な硬派バップ色とロマンティックな耽美詩情を自在に交錯させた、哀愁じんわりの滑脱メロディック弾奏、などなど、旨み芳醇でいて清やかに胸のすくような、超フレッシュ・テイスティーな好プレーが次々と連続して、云うことなし。 (当店のキャプションより)

1.オブリガトリー・ブルース
2.マッドバグ・シャッフル
3.クロストーク
4.ザ・ランブル
5.ブルース・トゥ・ブッカー
6.シー・ユー・ネクスト・サーズデイ
7.ザ・フォーク・テスト
8.オープン・エア
9.ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル

#1-8
Ryan Oliver ライアン・オリヴァー (saxophone)
Tim Hamel ティム・ハーメル (trumpet)
Alex Coleman アレックス・コールマン (bass)
Richard Whiteman リチャード・ホワイトマン (piano)
Morgan Childs モーガン・チャイルズ (drums)

2011年 録音

#9
Ryan Oliver ライアン・オリヴァー (saxophone)
Tim Hamel ティム・ハーメル (trumpet)
Alex Coleman アレックス・コールマン (bass)
Richard Whiteman リチャード・ホワイトマン (piano)
Joel Haynes ジョエル・ヘインズ (drums)
Leron Thomas レオン・トーマス (vocal)

2014年1月 カナダ-トロントのCanterbury Studio録音

在庫有り
二つ折り紙ジャケット仕様CD


【MUZAK 】 CD THE COOKERS QUINTET クッカーズ・クインテット / VOLUME ONE ヴォリューム・ワン[MZCS 1451]

販売価格: 2,520円(税込)
数量:
商品情報