ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年3月REVIEW苦味走ったハードボイルド&エネルギッシュな精悍軒昂たる雄渾のアルト・ブロウが清新かつ芳醇に会心打を連発する充実作! CD 池田 篤 カルテット ATSUSHI IKEDA QUARTET / FREE BIRD フリー・バード
商品詳細
★つい先頃のソロ・ライヴ作:「Spiral」も素晴らしかった、多方面で旺盛に辣腕を揮うヴェテラン実力派アルトサックス奏者:池田篤(1963年横浜生まれ)の、今回は精鋭揃いのワンホーン・カルテットを率いた一編、=自作曲集。

★甲高くシャープに引き締まったキンキン響く筋骨隆々そうなトーンのアルトが、ひたすら精悍軒昂にキリッと凛々しく猛々しいスピリチュアル&アグレッシヴな肉弾突進風の大立ち回り咆哮を轟かせ、かと思えば一転して脱力した柔らかで軽涼な音色に様変わりし、優しくマイルドにしっとりと詩的ロマンティシズムを歌い上げる寛ぎバラード表現で包容力&行間余情も十二分に温かく座を和ませたりと、巧まざる自然体の態勢を保ちながら中々振り幅大きくメリハリに富んだドラマティック&エモーショナルな闊達プレイを揺るぎなげに繰り出して、生鮮度並びに迫真力も抜群の濃密な見せ場を堂々飾りきった、フレッシュ・エキサイティングでいてさすがの熟練さも多々感じさせる会心打内容。

★硬派で勇ましい漢たる情魂の燃え盛り様と、歯切れよく鋭利敏活かつ重厚なダイナミック・スイング感、を変らず肝とした、極めてストレートアヘッドな「潔し!」の現代ハード・バップ熱演、が毅然決然とハードボイルドに展開され、リズム・セクションの骨太く重心はドッシリ据わっていながら超敏捷で自在な機動性や瞬発力にも長けた半遊撃的サポート、にガッチリ支えられ、上手くノセられつつ、池田(as)の、リキみなく軽やか、それでいてしっかり剛健でもあるド真っ当な直球型のアドリブ妙技が、瑞々しくも確固と芳醇に冴え渡ってゴキゲンだ。

→ジャッキー・マクリーンやフィル・ウッズ辺りの系譜に連なる、適度に厳しく苦味走った表情の、思索性も仄めくシリアスでありアーシー・ソウルフルなところもあるピリッとした硬質アクション・ブロウ、が全体を通じブレなく根幹を成して、モーダル・バピッシュ・アルトのこれぞ神髄といった感じの武勇世界を濃厚に描き出しているが、エキサイトしてくるとコルトレーンに急接近したシーツ・オブ・サウンド・タイプの激烈沸騰絶叫型大暴れに推移して、少々荒っぽくワイルドな盛り上がりを見せたり、一転してリー・コニッツの抒情面を踏襲したかのような、清涼感満点にふんわり遊泳するクール派スタイル・プレイに新味を発揮したり、或いはまたバラードにおいては、より繊細でニュアンスに富んだ耽美的哀愁ロマンティストぶりやコンテンポラリーな「歌い」のセンスに独自の奥深さが認められたりと、あくまで流麗滑脱に文体のヴァリエーションを軽々披露して道筋に緩急をつけ、トータルとしては泰然自若の「雄渾なスケール」と「豊かなエモーション」が一瞬も揺らぐことのない、そうしたソリッドなタフガイ気質っぽい吹鳴のあり様はしっかり熟成された旨味に溢れ、説得力も絶大。
バップ&モードの伝統語法に則ってカッチリとスクエアーな殺陣ワザにほぼ徹した熊谷の抑え役ぶりもナイス。

01. His Way Of Life (A. Ikeda)
02. Bread And Soup (A. Ikeda)
03. Newspaper Man (A. Ikeda)
04. She Likes To Dance (A. Ikeda)
05. Sahelanthropus Tchadensis (A. Ikeda)
06. Forest Myth (A. Ikeda)
07. Is It Me? (A. Ikeda)
08. Little Bird Blues (A. Ikeda)
09. Spicy Island (A. Ikeda)
10. Ugan (A. Ikeda)
11. Flame Of Peace (A. Ikeda)

池田 篤 Atsushi Ikeda (alto saxophone)
熊谷 ヤスマサ Yasumasa Kumagai (piano)
池尻 洋史 Hiroshi Ikejiri (bass)
濱田 省吾 Shogo Hamada (drums)
*female child vocal on 04

2020年2月11日,7月5日STUDIO Dede(東京 上池袋)録音

レーベル:Music Flower

在庫有り
三面デジパック仕様CD
自主レーベルCD

★短編随筆ではなく長編作品なのである。
自分の感覚を信じ、そのために費やした時間を信じ、
そしてジャズを信じて初めて成り立つ物語がある。
元岡 一英(ピアニスト・Nica's店長)

苦味走ったハードボイルド&エネルギッシュな精悍軒昂たる雄渾のアルト・ブロウが清新かつ芳醇に会心打を連発する充実作! CD 池田 篤 カルテット ATSUSHI IKEDA QUARTET / FREE BIRD フリー・バード[MF 1001]

販売価格: 2,390円(税込)
数量:
商品情報
Music Flower

★短編随筆ではなく長編作品なのである。自分の感覚を信じ、そのために費やした時間を信じ、そしてジャズを信じて初めて成り立つ物語がある。元岡一英(ピアニスト、Nica’s店長)

★初リーダーアルバム発表から四半世紀、一貫してジャズと正面から向き合い地道な活動を続けてきたアルト・サックス奏者、池田篤。サックス一本だけのソロ活動から様々なコンボ、ビッグバンド、そしてビバップからフリーまでと幅広く柔軟な演奏スタイルで知られる彼の考える最もジャズらしいジャズ・アルバムが完成した。
★信頼するメンバーたちと共に5年間かけてじっくり作り上げてきた全曲オリジナルの11曲。(新譜案内より)

Recorded on Feb.11 & July 5,2020
Mixed by Shinya Matsushita
Mastered by Akihito Yoshikawa
Recorded at STUDIO Dede, Ikebukuro,Tokyo