ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年7月REVIEWある時は怪しく隠微で不透明、ある時は屈強タフでエネルギッシュ、ある時は心地よく夢幻世界をトリップさせてくれる、自在で多彩な充実インプロ・ライヴ1971! CD 高柳 昌行 山崎 比呂志 (NEW DIRECTION) / ライヴ・アット・フリーダム 高柳 山崎 1971 4 25 Live at FREEDOM
商品詳細
鬼才:高柳昌行(g)(1932年旧東京府の芝生まれ、1991年死去)の主導するライフワーク的なユニット・プロジェクト、ニュー・ディレクションの、これは山崎比呂志(ds,per)とのデュオ体制による、1971年4月25日高崎のFreedomにおけるライヴの模様を捉えた未発表音源(高柳自身の手により編集の施されたテープが元になっている)、の初ディスク化。迫真のフリー・インプロヴィゼーション全4トラック。妖しく不気味にガサゴソ蠢きながらしかし同時に、何か秘境の舞踏儀式のようでもある情魂のこもったグルーヴをも体現するドラム或いはパーカッションと、これまた怪異でノイジーでありつつ結構アンビエントっぽくもある心地よい幻覚トリップ感を伴ったシュール即興を飄々と、神出鬼没風に繰り出すギター、とがちょっと隠微に語らい、リアル・アクシデンタルにインタープレイ交感を展開して、極めてアブストラクトである反面、力強いエモーションなど情緒性もしっかり宿した、スリルと昂揚感抜群で実に感動的な異界めいた音景色を濃密に描き出した敢闘内容。トラック毎に文体やサウンドのあり様が刻々多彩に変移する、即ち、一種のフューチャー・ジャズ的な夢幻空間を彷徨うが如き快適テクノ型音響がきめ濃やかに織り成されたり、ディレク・ベイリー〜インカス系とかにも通じる、甘さ&妥協を排したカキーン!コキーン!シャカシャカ!とひたすら奇異頓狂に、硬質かつ決して予断を許さない抽象純度超高めの鳴動に粛々と終始して見せたり、かと思えば、(例えるなら)ブレッツマン辺りのパワー・ミュージック〜野蛮路線をエレキギターに置き換えたようなヴァイオレントでワイルドな問答無用の獰猛大攻勢が誠にタフに決め込まれたり、と、次から次へと変幻自在で奔放苛烈な悔いなき完全燃焼のハイテンション大熱演が連続して、息つく間もなく興奮させられっぱなしだ。とりわけ、90年代以降ぐらいのちょっとサイバー・パンクなアンビエント・テクノ系(音響派?)サウンドを先取りした感じの、ナイトメアーな#1に格段の新味を感じさせる他、ベイリー型地下実験風の#2、大暴れ野獣路線〜バーバリズム路線(ロック・ギターにもどこか通じるところがある)の#3、そして#2と#3を併合したような長尺の#4、と、各トラックそれぞれに瑞々しく濃い魅力が詰まっていて、文句なく鮮麗なる充実編に仕上がっている。

1. Black Picture (12:02)
2. Double Precision (6:09)
3. Alt Freedom I (12:36)
4. Alt Freedom III (20:45)

高柳 昌行 (electric guitar, guitar)
山崎 比呂志 (drums, percussion)

1971年4月25日 高崎 (群馬県高崎市?) Freedomでのライヴ録音

レーベル:Jinya Disc

在庫有り
国内制作CD


ある時は怪しく隠微で不透明、ある時は屈強タフでエネルギッシュ、ある時は心地よく夢幻世界をトリップさせてくれる、自在で多彩な充実インプロ・ライヴ1971! CD 高柳 昌行 山崎 比呂志 (NEW DIRECTION) / ライヴ・アット・フリーダム 高柳 山崎 1971 4 25 Live at FREEDOM[B 34]

販売価格: 2,620円 (税込)
数量:
商品情報
JINYA DISC

★これは高柳の即興音楽の誕生の記録である。晩年のソロワーク「アクション・ダイレクト」につながる活動の起源と言える演奏。

★1970年末、東京のすべてのライブハウスから締め出された高柳は、活動の場所を高崎の「フリーダム」に移した。高崎までは山崎の車で往復6時間の道のりだったが、他に演奏できる場所はなかったのだ。 本作は、その高崎「フリーダム」でのライブ録音を高柳自身が編集したテープを元に制作した。

★ このライブが録音された前後、音楽の世界では、メインストリートとは別に新しい動きが始まっていた。ジャズの世界では、ラリー・コリエルやソニー・シャーロックなどにより新しいギター奏法が生み出されつつあり、また、フリー・インプロヴィゼーションの世界ではデレク・ベイリーがエヴァン・パーカーらと共に「IncusRecords」を発足。マイルスがエレクトリック化しファンク色を強め始めた時期でもある。 
★本作が録音されたのはマイルス・デイビスの『オン・ザ・コーナー』が発表される1年前。この大きな変革期に先駆けるように、高柳はジャズにおけるエレクトリックギターの使い方を大きく変え、その方向を明確にし始めていた。 その頃、高柳が提唱していたのが「リアルジャズ」。ムードに馴れ合ったジャズ風の演奏が氾濫する中、それらを告発し、ジャズそのものの不在を炙り出すジャンルの創設。その後、「ノンセクションミュージック」「ヘビーノイジック インプロヴィゼーション」などと表現は変わるのだけど、その根底にあるのが、ジャズの生々しい表現力を追求する姿勢。 私はこの時期に録音された「ジャズベッド」、「ステーション70」、そして本作「フリーダム」の3作を、高柳ジャズ誕生の証と考え、これらを作品化することにした。(JINYADISC 斉藤安則/解説より抜粋)

関連
ワイルド・ヴァイオレントかつスピリチュアル&エモーショナルな混沌にしてスカッとした激動的フリー・インプロ応酬が連続する充実の壮快未発表ライヴ1970! CD 高柳 昌行 阿部 薫 山崎 弘 (NEW DIRECTION) / ライヴ・アット・ジャズベッド 高柳 阿部 山崎 1970 9 27 Live at JAZZBED
妖しい情念漂う美しき管楽器の吹鳴と奇怪でアナーキー・ノイジーな硬質ギター・インプロがフレッシュ・スリリングに交錯する充実の未発表ライヴ! CD 高柳 昌行 阿部 薫 (NEW DIRECTION) / ライヴ・アット・ステーション '70 高柳 阿部 1970 Live at STATION '70
高柳昌行、飯島晃、山崎弘唯一無二のインプロヴィゼーション! CD 高柳昌行 / 高柳昌行アーカイヴシリーズVOL.2
復刻輸入盤2枚組 CD  高柳 昌行 MASAYUKI TAKAYANAGI / Axis/Another Revolvable Thing
【three blind mice Supreme Collection 1500】CD   高柳 昌行 MASAYUKI TAKAYANAGI  / フリー・フォーム組曲  FREE FORM SUITE
紙ジャケットCD    高柳 昌行  MASAYUKI TAKAYANAGI   / APRIL IS THE CRUELLEST MOUTH
CD    高柳 昌行 (MASAYUKI TAKAYANAGI)  ニュー・ディレクション・ユニット/ MASS HYSTERISM
【CRAFTMAN RECORDS】完全限定プレスLP 高柳 昌行 MASAYUKI TAKAYANAGI   /  侵蝕 (エクリプス)
ワイルド・ヴァイオレントかつスピリチュアル&エモーショナルな混沌にしてスカッとした激動的フリー・インプロ応酬が連続する充実の壮快未発表ライヴ1970! 【CRAFTMAN RECORDS】 完全限定LP   高柳 昌行 阿部 薫 山崎 弘 (NEW DIRECTION) / ライヴ・アット・ジャズベッド 高柳 阿部 山崎 1970 9 27 Live at JAZZBED
紙ジャケットCD    高柳 昌行 (MASAYIUKI TAKAYANAGI) ニュー・ディレクション / アクシス  もう一つの自転するもの VOL.1 (AXIS - ANOTHER REVOLVABLE THING Vol.1) (紙ジャケット仕様CD)