ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | FREE JAZZ 楽器別 > GUITAR紙ジャケットCD 高柳 昌行 MASAYUKI TAKAYANAGI / APRIL IS THE CRUELLEST MOUTH
商品詳細
★"April the cruellest month"は、米国のフリージャズレーベルESP向けに大橋邦夫の企画でスタジオ録音されたアルバムで、LPは市販されなかった。ジャケットのテストプリントは日本に存在し、本国ではテストプレスも終わっていたと言われているがLPプレス盤は確認出来ていない。メンバーは1970年代のニューディレクシ ョンの中では最も長く活動した編成。山崎は、1960年代の銀巴里時代から、森は、幻野祭の数ヶ月前より、ベースの井野は1972年よりはじまった東京タワーホールでの自主コンサート8回目からディレクションに参加している。

●今回のCD化は、LPのテストプリントを元にしており高柳の復刻作「ECLIPSE」「AXIS」「FLOWER GIRL」を手がけてきた高柳ファンでもあるデザイナーの佐々木暁氏によって発売予定だったLPデザインを忠実に再現した紙ジャケット仕様となった。ジャケット裏面はLPと同じ英文解説付き。日本語解説は1991年再発売時の解説文を転載。

本作品は、1991年にAPRIL DISC(AP-1)としてコジマ録音で発売されたCDをリマスタリング。裏ジャケットはLPに合わせ、ボーナストラックを含まない3曲のみ表記されているが、実際には1991年発売のCDと同様にボーナストラックを含め4曲収録。(メーカーHPより)

1.We have existed
2.What have we given?
3.My freind,blood shaking my heart
4.We have existed(Alternate Take)

高柳昌行(guitar)
森剣治(reeds)
井野信義(bass、cello)
山崎弘(drums、percussion)

1975年4月27日録音

解説 副島輝人
   大橋邦夫

在庫有り
紙ジャケット仕様CD

紙ジャケットCD 高柳 昌行 MASAYUKI TAKAYANAGI / APRIL IS THE CRUELLEST MOUTH[B 12]

販売価格: 2,670円 (税込)
数量: