ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品スピリチュアル&アグレッシヴな、迷いなく妥協なき勇猛モーダル・アルトの驀進ぶりが清々しい痛快アクション編! CD THINKKAISM (松丸契 石井彰 金澤英明 石若駿 高橋直希) / THINKKAISM
商品詳細
1995年千葉県生まれ、パプアニューギニアに育ち、バークリー音大を首席で卒業、という異色の経歴を持つ、中々ラディカルで尖った新進個性派アルト(&ソプラノ)サックスの実力者:「松丸契」、の主導する、Boysで鳴らした強力リズム・セクション、=石井彰(p)&金澤英明(b)&石若駿(ds)の3人、そして更に札幌の現役高校生:高橋直希が2人目のドラマーとして加わった、ツイン・ドラムス体制のユニークなクインテット:THINKKAISMのアルバム第1作。締まりや堅牢さとソフトネスや丸みが絶妙に融和した生鮮なトーンのアルトが、ハード・ドライヴ感も全開で絞り出すかのようにスピリチュアルな雄叫びを上げて、激烈で凛然たる、そしてただならぬ切迫味も充分の華を成し、また時には適宜力を抜き流麗洒脱に哀愁や詩情を歌って軽やか&リラクシングな絵を飾り、一方、硬質でスクエアーな立ち回りの中に奥深い思索性も仄めかせるピアノや、ゲリラティックなド迫力満点に鋭く攻め込んでくるドラム勢、らの活躍も、それぞれしっかり濃厚に存在感を際立たせた、全体を通じ剛健でタフ&エモーショナルな妥協なき白熱ぶり・燃焼ぶりに理屈抜きで昂揚させてくれる敢闘内容。ほぼ一貫して苦味走った硬派で雄渾なるモード色濃いエネルギッシュ・アクション指向、的なアツい行き方が実に猛々しく精悍に続き、機動力に長けた縦横無尽・変幻自在なリズム陣のアタッキング・サポート、に上手く煽られ、突き上げられて、主役を担う松丸(as)の、極めてハイテンションだがしかし同時に泰然自若っぽく確固と骨芯・重心の据わった、情魂味こってりのアグレッシヴなアドリブ攻勢が、圧倒的迫真性をもって毅然と冴え渡り、誠に壮快。→強靱で逞しいスピリチュアリティをこれでもかと叩きつけてくるかの如き不屈な、かつまたフレッシュ・エキサイティングな燃え盛る烈火の大立ち回り咆哮!、に遺憾なく本領が発揮されているが、反面、ちょっと脱力した軽妙遊泳風の寛ぎブロウや、ソプラノに持ち替えての超絶ハイテクニックにして結構飄々としたさえずり節、辺りにもこれまた瑞々しい魅力があり、その、何げに振り幅大きく終始迷いのない堂々たる歩の進め様は、説得力も絶大だ。端正で潤いに満ち、豊かな包容力を感じさせる石井(p)の助演も光る。

01. Welcome (John Coltrane)
02. Ichiro (Shun Ishiwaka)
03. THINKKAISM (Kei Matsumaru)
04. Sail (Akira Ishii)
05. April Fools (Shun Ishiwaka)
06. Dad Milkman (Hideaki Kanazawa)
07. Parsley Sparsely (Kei Matsumaru)
08. View Figure 1a (Kei Matsumaru)
09. Star Field (Akira Ishii & Terumasa Hino)
10. A Thousand Brushes (Shun Ishiwaka)

松丸 契 (alto saxophone except 08, 09, 10) (soprano saxophone on 08, 09, 10)
石井 彰 (piano except 06) (electric piano on 06)
金澤 英明 (bass)
石若 駿 (drums)
高橋 直希 (drums)

2019年日本作品

レーベル:Somethin' Cool

御予約商品
2019年9月4日発売予定
国内制作・紙ジャケット仕様CD


スピリチュアル&アグレッシヴな、迷いなく妥協なき勇猛モーダル・アルトの驀進ぶりが清々しい痛快アクション編! CD THINKKAISM (松丸契 石井彰 金澤英明 石若駿 高橋直希) / THINKKAISM[SCOL1035]

販売価格: 2,570円 (税込)
数量:
商品情報
SOMETHIN'COOL

アルトサックス界に鬼才現る!
驚異の新人・松丸契率いる「THINKKAISM」デビュー

近年稀に見る“尖がった”アルト奏者、ついに登場!1995年千葉県生まれ、パプアニューギニア育ち、バークリー首席卒業という異色の経歴をもつサックス奏者・松丸契(まつまる・けい)。フリーを彷彿とさせながらも情熱的でメロディアスな音色と演奏は、ジャズの歴史に重く根差しながら確実な歩みを進める若きエネルギーに溢れている。
メンバーは、トリオ・ユニット「BOYS」として絶対的演奏自由度を誇る金澤英明・石井彰・石若駿のリズム・セクション、そして札幌の現役高校生・高橋直希が2人目のドラマーとして参加する、ツイン・ドラムス編成。アグレッシブなバンド・サウンドにも注目だ。(新譜案内より)