ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCAL哀愁漂うメロウな演奏とクリーンなハートフル歌唱の瑞々しい融け合いCD  SWEET JAZZ TRIO with ISABELLA LUNDGREN スイート・ジャズ・トリオ・ウイズ・イザベラ・ラングレン / WHY TRY TO CHANGE ME NOW ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ
商品詳細
★お馴染みスウェーデンの人気寛ぎジャズ・ユニット:SJTの、今回は、先頃の一作「It Had To Be You」が好評だった若手実力派歌手:イザベラ・ルンドゥグレンをゲストに迎えての一編。

★温もりに溢れたソフト&マイルドなコルネットの寛ぎブロウや、豊潤でいてエッジの利いたギターのブルージー・プレイが、何とも渋い哀愁漂うメロウな、旨口の映え具合を見せながら、一方、しなやかな張りを呈した女性ヴォーカルのデリカシーあるロマンティック演唱も、抜群の鮮度で清々しく華を添えた、誠に心地よい、さすが練達の充実内容。

★スロー・バラードと幾らかテンポのある趣向とがバランスよく配列された、ウォーム&インティメイトな和み感満点の優しい行き方が続き、ごく平易で快適な展開の中に、緊密なチームワークや濃やかな構成センスがサラリと揮われた、瀟洒派歌物路線の極みとも云うべきサバけた道程を、実に美味しく楽しませてくれる。紅一点ルンドゥグレンの、透明感とシャープネスを兼備したハスキーめのクール・ヴォイスによる、洒脱で優しくもシャキッと背筋の伸びたハートフルな節回しが、殊の外瑞々しいスターぶりを堂々発揮しており、また、トゥーンクヴィスト(cor)の、微妙に掠れたスモーキー・トーンでのレイジーな憂愁フレージングや、ラーション(g)の、折り目正しくスクエアーでキレのある王道バップ妙技、といった辺りの、サビの利いた醸熟の名人芸も大いに聴きもの。

1. Why Try To Change Me Now (Coleman-McCarthy)
2. Blue Room (Rodgers-Hart)
3. Sophisticated Lady (Ellington-MillsノParish)
4. Thou Swell (Rodgers-Hart)
5. Someone To Watch Over Me (Gershwin-Gershwin)
6. Day In Day Out (Bloom-Mercer)
7. Blue And Sentimental (Basie-Livingston/David)
8. Embraceable You (Gershwin-Gershwin)
9. Drop Me Off In Harlem (Ellington-Kenny)
10. I'm Through With Love (Malneck/Livingston-Kahn)
11. Nobody's Heart (Rodgers-Hart)
12. These Foolish Things (Strachey/Link-Marvell)

Lasse Tornqvist(cornet)
Mats Larsson(guitar)
Hans Backenroth(bass)
Isabella Lundgren(vocal on 1,4,6,8,10,12)

2013年6月10日-13日 録音

レーベル:Spice Of Life

在庫有り
国内制作 デジパック仕様CD

哀愁漂うメロウな演奏とクリーンなハートフル歌唱の瑞々しい融け合いCD  SWEET JAZZ TRIO with ISABELLA LUNDGREN スイート・ジャズ・トリオ・ウイズ・イザベラ・ラングレン / WHY TRY TO CHANGE ME NOW ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ[SV 0028]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
★待望の新作はヴォーカルの新星イザベラ・ラングレンをフィーチャー.しみじみと心に染み入る珠玉のスタンダードを熟練の技で紡いだ作品。秋から冬を暖かく心優しくしてくれる名盤がここに誕生した。

●日本デビュー12年を迎えるスイート・ジャズ・トリオ待望の11作目は話題のシンガー、イザベラ・ラングレンをスペシャル・ゲストに迎え、久々にジャズヴォーカルをフィーチャーした作品。
タイトルソングの「ホワイ・トライ・トウ・チェンジ・ミー・ナウ」はサイ・コールマン/ジョゼフ・マッカーシーによるラブ・バラード。イザベラがしみじみと歌い上げる歌唱に思わず引き込まれる。彼女はスウェーデン人の心の故郷と呼ばれる美しいヴルムランドの出身。デビュー作の「イット・ハド・トウー・ビー・ユー/若しあなただったら」で説得力のある本格的なシンガーとして注目を集めたチャーミングな若き実力派。日本でも大きな話題を集めているまさに旬なシンガー。今作品で6曲に参加している。これまでリリースしたヴォーカル作品を入れると今作が13作目となるスイート・ジャズ・トリオだが、これまでアルバムに収録されたスタンダードは一曲も重複が無いという確固たる選曲へのこだわりがスタンダードナンバーを心から愛するリーダー、ラッセ・トウーンクヴイストにある。本作品もタイトルソングをはじめ、リチャード・ロジャースの「ブルー・ルーム」、デューク・エリントンの「ドロップ・ミー・オフ・イン・ハーレム」、カウント・ベイシーの「ブルー.アンド・センチメンタル」などの古き名曲を含めた珠玉のスタンダードをスイート・ジャズ・トリオならではのアコースティックで優しさに満ち溢れた演奏を繰り広げている。
この秋から冬の季節を温かい気持ちにしてくれる名盤が誕生した。(新譜案内より)