ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 輸入盤LP【送料込み価格設定商品】国内仕様輸入盤LP (帯付) MAL WALDRON,TERUMASA HINO マル・ウォルドロン、日野皓正 / Reminicent Suite レミニセント・スイート
商品詳細
アメリカのピアニスト、マル・ウォルドロンと日本人トランペット奏者の日野皓正による『レミニセント・スイート』は、1973年にビクター・レーベルからリリースされ、ウォルドロンが日本で録音・リリースした日本限定アルバムの1つ。マル・ウォルドロンの多数の日本制作盤は、そのほとんどが日本国外で発売されたことがない。「Reminicent Suite」は長尺の2曲で構成されており、各サイドに1曲ずつ収録されている。A面のタイトル曲はマル・ウォルドロンが作曲したもので、70年代初頭のダーク&グルーブするマルの個性が見受けられる。B面の「Black Forest」は日野が書いたもので、濃密なパーカッションと日野の特徴的なトランペットの音色が重なり合った、鮮やかでエネルギッシュな作品だ。
マル・ウォルドロンは、1950年代初頭に、ジーン・アモンズ、ジャッキー・マクリーン、チャールズ・ミンガスなどのジャズメンとともに、プレスティッジ・レーベルで幅広く活動しました。最も有名なのは、60年代半ばにアメリカを離れ、ヨーロッパに拠点を移す前にビリー・ホリデイと仕事をしたことで、フランス、イタリア、ドイツなど多くの国で活動する主要人物としての地位を確立した。1969年、ヨーロッパの2大ジャズ・レーベル、ECMとENJAから作品を録音し、1970年に初めてツアーで来日した。すぐに日本を気に入ったマルは、その後の30年間、数多くのツアーやレコーディングを日本で行った。
日野皓正は、いうまでもなく日本におけるモダン・ジャズの巨匠の一人。60年代半ばに白木秀人、渡辺貞夫らによって頭角を現した日野は、日本のジャズの方向性を変えたニュー・ジャズ・ジェネレーションの立役者の一人である。彼はよりオープンで、より自由で、即興的なサウンドを探求し、サイケデリックやロックの要素をフリーフォームやポストバップのジャズと混ぜ合わせた。日野は、コロムビア、スリー・ブラインド・マイス、イースト・ウィンドなど、当時の主要なジャズ・レーベルでレコーディングを行い、70年代半ばにはアメリカに拠点を移し、ラリー・コリエル、ムトゥメ、アル・フォスター、デイブ・リーブマンなど、ニューヨークのフュージョン・シーンを代表するミュージシャンたちと交流した。80年代初頭、日野のジャズ・ファンク・トラックは、UKジャズ・ダンス・シーンのダンスフロア・スマッシュとなった。マル・ウォルドロンと日野の「Reminicient Suite」に加わったのは、サックスの植松孝夫、ドラムの皓正の弟の日野元彦、そして伝説のベースマスター、鈴木勲という、当時最高の日本のジャズマンで構成されている。A面にはマル・ウォルドロン、B面には日野皓正のオリジナル曲を収録。ジャズ・ロック〜スピリチュアル・ジャズ的な要素を取り入れた当時の熱気あふれるジャズ・シーンを活写した秀逸の作品だ。

SIDE A
1.Reminicent Suite: Dig It Deep Down Baby 〜 Echoes 〜 Once More With Feeling

SIDE B
2.Black Forest

Mal Waldron(Piano)
Terumasa Hino/日野皓正(Trumpet)
Takao Uematsu/植松孝夫(Tenor Sax)
Isao Suzuki/鈴木勲 (Bass)
Motohiko Hino/日野元彦(Drums)
Yuzi Imamura/今村祐司 (Percussion)

★帯付き国内仕様盤LP (解説は付きません)

御予約商品
帯付き国内仕様盤LP

2024年6月26日発売予定 受注締切 :2024年6月15日



【送料込み価格設定商品】国内仕様輸入盤LP (帯付) MAL WALDRON,TERUMASA HINO マル・ウォルドロン、日野皓正 / Reminicent Suite レミニセント・スイート[BBE682JLP]

販売価格: 7,700円(税込)
数量:
商品情報