ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2022年9月REVIEWタフ&ダイナミックなスイング感と親しみやすいハートウォーミングな歌心に溢れた、ブルース色も濃いハード・バピッシュ・ソロ・ベースの芳醇快打編! CD 粟谷 巧 TAKUMI AWAYA / 鼓動 KODO
商品詳細
★福居良のトリオを皮切りに、渡辺貞夫のグループ、片倉真由子トリオ、小林陽一のジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズ等々、シーン第一線で各方面から引っ張りダコの超多忙な活躍を続けている敏腕ベーシスト:粟谷巧(1985年生まれ、北海道北見市出身)の、全編たった独りのソロ・ベースで通した野心的な一作。

★重低音をハジくように勢いよくヒットするバネとウネりの利いた分厚い鳴動が中々ハートウォーミングに、かつ歯切れのいいスイング感も一杯にコクのあるテイスティーなグルーヴを体現して、頼もしくタフ&リリカルな魅力を泰然と揮いきった、気合と温もり溢れる敢闘内容。

★敏活でスウィンギンなノリのよさと親しみやすい歌心にしっかりと貫かれ、吟醸感あるブルース・フィーリングや粋渋なバップ・スピリットも自ずと備わった、ひたすらメロディアス&グルーヴィーな哀愁と人情味満点の溌溂たる行き方が続き、1曲1曲はそう長すぎず適度な簡潔さにまとめられる、朗々と闊歩する感じな快テンポの道程の中で、腰を据えて伸びやかに本領を振るうその、揺るぎない硬派メインストリーマー=ハード・バッパーであり生粋メロディスト然ともしている、こってりした旨口のアドリブ奮戦が濃厚濃密なる豊作ぶりを呈してゴキゲンだ。

★哀歓織り混ぜつつあくまで取っ付きやすいメロディーを「唄う」歌謡者的側面と、ダイナミックな殺陣アクション風バップ・グルーヴの体現ならびにシブくイナセげなブルース節の繰り出しといった伝統的モダン・ジャズマンらしい燻し銀っぽくもある勇み肌面、とを的確に掛け合わせ、時にはイントロ部分で弓弾きを効果的に挿入して雄渾たるストーリーテリングの妙も発揮して見せる、そうした、質実剛健な逞しさの中に優しく暖かな包容力をも仄めかす、風合いとしてはシャキッとした思い切りのいい弾鳴のあり様は、何げに懐深く超芳醇でなおかつ清々しい感動を齎す、という、誠にアジな魅力に満ちている。

1. Prologue
2. Bohemia After Dark
3. Round Midnight
4. Free Improvisation
5. Autumn Leaves
6. Blues 4G
7. Breeze Suite
 a)Introduction
 b)In the Forest
 c)In the Ocean
8. Minor Chase

粟谷 巧 Takumi Awaya (solo bass)

2022年5月31日東京都港区南青山、岡本太郎記念館での録音

レーベル:Days of Delight

在庫有り
国内制作CD

タフ&ダイナミックなスイング感と親しみやすいハートウォーミングな歌心に溢れた、ブルース色も濃いハード・バピッシュ・ソロ・ベースの芳醇快打編! CD 粟谷 巧 TAKUMI AWAYA / 鼓動 KODO[DOD 028]

販売価格: 2,640円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
DAYS OF DELIGHT

本作は、いまシーンでもっとも評価の高いベーシストのひとりである粟谷巧のリーダー作で、「アルバム1枚丸ごとベースソロ」という野心的な作品です。南青山の岡本太郎のアトリエで収録したもので、ガット弦から繰り出される表現力豊かな音色、歌心溢れるベースプレイを存分にお楽しみいただけます。

粟谷巧は、渡辺貞夫をはじめ多くのトッププレイヤーから絶大な信頼を得るファーストコール・ベーシスト。7年ぶりのリーダー作に選んだのは、全編ベースソロというチャレンジングな企画でした。書き下ろしのオリジナルとシンプルなスタンダードを織りまぜたバランスのいい選曲のもと、ガット弦から繰り出される表現力豊かな生音と、歌心あふれるプレイを存分に展開していきます。


「全編をとおして聴くと、最初から最後まで粟谷巧の“歌”を聴いているような気分になります。自由に、楽しそうに鼻歌を歌っている、
そんな感じです。彼が紡ぎ出すラインは“歌”であり、音色は“声”なのです。ここに記録されているのは生身の粟谷巧そのもの。純度
100%だから、彼ならではの“旨み成分”が濃いままにたっぷりと含まれている。どうぞお楽しみください」
――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野暁臣