ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | SOLID 完全限定復刻シリーズ (CD) > ★PROGRESSIVE ORIGINAL JAZZ COLLECTION肩の力の抜けた自然体調子で優しく軽妙瀟洒に哀歓を活写するマイルド・テンダーな抒情派歌唱が瑞々しい冴えを見せた70年代の小粋名盤! CD CHRIS CONNOR クリス・コナー / SWEET AND SWINGING スウィート・アンド・スウィンギング
商品詳細
クロード・ソーンヒル楽団やジェリー・ウォールド楽団を経て1953年に入団した(→ジューン・クリスティの強力な推薦があったという)スタン・ケントン楽団で頭角を現し、一気にスター歌手となって以来、多少の浮き沈みはあったものの半世紀に渡ってジャズ・ヴォーカル界をリードし続けた大物中の大物、=ハスキーなクール・ヴォイスの魅力で鳴らした名シンガー:クリス・コナー(1927年ミズーリ州カンザスシティ生まれ、2009年ニュージャージー州トムズリヴァーで死去)の、本盤は、ジェリー・ドジオン(as,fl)のフィーチュアされたカルテットの伴奏を得ての、円熟の名演唱が聴かれる1978年1月&2月NYC録音の傑作(Progressive PRO 7028)、のCD化・新装再発版。パンチの利いたイナセげでいてスムース感溢れるアルトのブロウや、硬質で堅牢な好もしいスクエアーさを湛えたバピッシュ・ピアノ弾奏、にノリノリで導かれながら、清澄な透明感とスモーキー&ハスキーな掠れ具合を絶妙に併せ持った中音域のクール・ヴォイスが、歌詞とメロディーを大切にしたテンダーで瀟洒な寛ぎ小唄風のリリカル・スタイルを基本とし、並行して、吟醸感ある渋いブルース節や、ダイナミック・スウィンギンに力強くグルーヴを体現するシャウト熱唱、などもごく自然に流れとして盛り込んで上手い按配でメリハリをつけ、何げに表情変化に富んだ半ドラマティックなストーリーラインをチョチョイのチョイとこなれた調子で軽やかに形作った、さすがの余裕と包容力そしてセンスのよさを感じさせる、明快シンプルにして含蓄深い充実内容。インティメイトな和気あいあいの寛ぎムードと鋭敏精悍げでイキのいいスイング感、を変らず底流させた、「ラウンジ・リラックス・セッションの鑑」とも云うべき趣味よく小気味のいい流麗な行き方、が温かく愉しそうに続き、1曲1曲は結構簡潔にまとめられた快テンポで展開する道程の中で、コナー(vo)の、熟練名人らしい悠々とした泰然自若の貫禄っぽさと、初心を忘れず誠実謙虚に歌曲に向き合う真摯さ・恭しさ、とが渾然一体となった、一聴サラリとしていながらしっかり深みのある唄い回しが、芳醇でいて清新味も絶えぬアジな冴え渡り様を見せてゴキゲンだ。→ジャズ・ヴォーカルの本格派ならではの鍛え抜かれたハイテクニックを備えるものの、決して器楽的になることはなくあくまで「言霊」や親しみやすいハートウォーミングな人情味を大切にした、自身の芸風のルーツたる「クール派リリカル系」の本道を節度をもって粛々と歩み続けるその歌い様は好感度抜群、説得力も絶大で、卓越したブルース感覚の醸熟ぶりを遺憾なく発揮した「白いアーシー節」に実に豊かなコクを滲ませる一方、スロー・バラードにおける、極めてフレッシュで丁寧な真心の込められた切々と優しく語りかけてくるようなメロウ&アンニュイな哀愁表現・ロマンティシズム表現、から立ち昇ってくる風流洒脱で胸に染みる行間余情がまた格別で、風合いとしては一貫してリキんだところのない自然体のゆとり調子を保ちながら、さりげなく小粋な余韻を残すそうした歌声は誠にシャレており(しかも爽やかな感動を齎す)、申し分なく絶品。やんちゃな勇み肌傾向とジェントルマンな気品やクールネス(+エレガンス)を的確に使い分けるドジオン(as,fl)の、中々芸の細かい活躍も光る。

01. シングス・アー・スウィンギング
02. エニー・プレイス・アイ・ハング・マイ・ハット
03. ジャスト・イン・タイム
04. ヒアーズ・ザット・レイニー・デイ
05. アウト・オブ・ディス・ワールド
06. ザ・スウィーテスト・サウンズ
07. ホエア・フランミンゴス・フライ
08. アイヴ・ゴット・ユー・アンダー・マイ・スキン
09. アイ・ウィッシュ・ユー・ラヴ
10. アイ・フィール・ア・ソング・カミング・オン
11. ホエン・サニー・ゲッツ・ブルー

Chris Connor クリス・コナー (vocal)
Jerry Dodgion ジェリー・ドジオン (alto saxophone except 04, 05, 06, 07, 09) (flute on 04, 05, 06, 07, 09)
Mike Abene マイク・アベーネ (piano)
Michael Moore マイク(マイケル)・ムーア (bass)
Ronnie Bedford ロニー・ベッドフォード (drums)
Unknown 謎 (tenor saxophone? on 11)

1978年1月27日,2月3日,2月28日ニューヨークシティのDowntown Sound Studio録音
(*原盤:Progressive Records PRO 7028)

レーベル:Solid ウルトラ・ヴァイヴ(Ultra-Vybe)

在庫有り
国内制作CD
最新リマスター、日本語解説書き下ろし
オリジナルジャケット使用


肩の力の抜けた自然体調子で優しく軽妙瀟洒に哀歓を活写するマイルド・テンダーな抒情派歌唱が瑞々しい冴えを見せた70年代の小粋名盤! CD CHRIS CONNOR クリス・コナー / SWEET AND SWINGING スウィート・アンド・スウィンギング[CDSOL 6768]

販売価格: 1,400円(税込)
数量:
商品情報
PROGRESSIVE ORIGINAL JAZZ COLLECTION

★艶やかなヴォーカルでファンを魅了する名シンガー、クリス・コナーが1978年にニューヨークで録音したスタジオ・アルバム!

★大御所になった1970年代後半のコナーだが、スウィング感はまだまだフレッシュ!愛らしいスタンダードを小粋に唄うコナーが最高!

1978年1月,2月 録音
解説:工藤 由美