ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年6月REVIEW【送料込み価格設定商品】 まろやかでソフト&テンダーな真心こもった抒情派傾向と背筋の伸びた凛々しいドレッシー感が清新に融け合う端麗ヴォーカル快作 CD 荒木 眞衣子 MAIKO ARAKI / CHERISH : STANDARD JAZZ SONGS
商品詳細
★食空間コーディネーター、フードスタイリストとしての顔も持つ、ウィリアムス浩子に師事した多才なジャズ・ヴォーカリスト(主に九州で活動):荒木眞衣子(佐賀県嬉野市生まれ)の、ウィリアムス浩子がプロデュースを手がけたデビュー・アルバム。スタンダード中心のレパートリーを石田衝(p,elp)の仕切りによる小コンボ(ピアノ・トリオが基本)の伴奏で歌う。

★透き通るような清澄さや爽涼感とちょっぴり甘い蜜のような潤いを湛えた、きめ濃やかでトーン高めのメロウ・ヴォイスによる、情感とメロディーの美を大切にし、一声一声に誠心こめて丁寧に語りかけてくるような、それでいて躍動感一杯にスウィンギンなグルーヴを体現したりイキなブルース的小節辺りにも堂々としたところを見せる、何げにしっかり均整のとれた中々芯の強い基本はリリカル指向の演唱が、瑞々しくも味わい豊かな鮮度抜群の魅力を放ち、バック陣の瀟洒で渋い硬派筋のノリと洗練ウィット溢れるハード・バップ演奏もガッチリとテイスティーにツボにハマッた、小気味よく歯切れよくもホッと安心できる快演内容。

★ウォーム&インティメイトな和気=なごみ感と背筋の伸びた敏活なグルーヴ=乗りのよさ、を自然に兼備した、「シャレたラウンジで一服休憩気分」といった感じな(アメリカ由来的)寛ぎ小唄セッション物の伝統に真摯に根を下ろしての軽妙滑脱な趣味よき行き方、が節度をもって溌溂と展開され、スクエアー・バピッシュなカッチリしたピアノや、アーシー・ブルージーな吟醸ソウル表現とスイング・ジャズ風のリズム・カッティングを巧みに織り混ぜるギター、コク味もこってりとスピリチュアルに迫るベースなど、インスト勢の確たる気魄のこもった結構「濃い」活躍も次々頼もしく座をさらう、色彩感&ウマみに富んだ道程の中で、一座の花形:荒木(vo)の、誠実で謙虚そうであり、同時にわりかしドレッシーな(「よそ行き」っぽい)エレガンスも自ずと備える、独自のバランス感覚を持った歌い回しが鮮麗に、颯爽と冴え渡って好調だ。

→唱法・語調としてはあくまでソフト&テンダーな優しさと包容力十二分のまろやかロマンティック節を変らず根幹としていてハートウォーミングに和ませ、憩わせてくれるが、反面、声音そのもの(或いはその英語の発音のあり方?)に顕れる独特の高純度な清潔感やある種の潔癖さが奏効して、キリッと凛々しく毅然とした慎重な身構え・油断していない態様(もしくは一寸お澄ましムード)が巧まず醸し出されて、こちらも思わず程好い緊張に包まれる、という、そうした、文体自体は洒脱で気さくそうだがカジュアル〜アットホームにはなりすぎず、幾分かフォーマルに寄った適宜クールめの佇まいが作為なく自然体で形作られている歌声キャラは、実にユニークと云える。

01. I Got Rhythm (Ira Gershwin / George Gershwin)
02. My Foolish Heart (Ned Washington / Victor Young)
03. Polka Dots And Moonbeams (Johnny Burk / Jimmy van Heusen)
04. Stella By Starlight (Ned Washington / Victor Young)
05. The Gift (Paul Francis Webster / Djalma Ferreira)
06. Dindi (Ray Gilbert / Antonio Carlos Jobim) (vo-acg-p trio)
07. Waltz For Debby (Gene Lees / Bill Evans)
08. Smile (John Turner, Geffrey Parsons / Charles Chaplin) (vo & b duo)
09. My Heart Stood Still (Lorenz Hart / Richard Rodgers)
10. Fly Me To The Moon (Birt Howard)
11. On Green Dolphin Street (Ned Washington / Bronisław Kaper)
12. Moon River (Johnny Mercer / Henry Mancini) (vo-p-b trio)
13. あそびましょ (Yasushi Yoneki) (vo-p-b trio)
14. Tell Me A Bedtime Story (Herbie Hancock)
*all arrangements & directions: Mamoru Ishida,Hiroko Williams,
Yasushi Yoneki(#08)

荒木 眞衣子 (vocal)
石田 衝 (piano except 04, 08, 14) (electric piano on 04, 14)
米木 康志 (bass except 06)
Gean Jackson ジーン・ジャクソン (drums except 06, 08, 12, 13)
久保田 浩之 (electric guitar on 01, 03, 09) (acoustic guitar on 06)

2018年1月29日,30日Studio Dede録音
2020年6月8日,9日Aby Studio録音

レーベル:BandWagon

在庫有り
国内自主製作・デジパック仕様CD
※この商品のみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,750円になります。


【送料込み価格設定商品】 まろやかでソフト&テンダーな真心こもった抒情派傾向と背筋の伸びた凛々しいドレッシー感が清新に融け合う端麗ヴォーカル快作 CD 荒木 眞衣子 MAIKO ARAKI / CHERISH : STANDARD JAZZ SONGS[LCM 1111]

販売価格: 2,750円(税込)
数量:
商品情報
表現のフィールドは夢現多才なジャズシンガー荒木眞衣子。待望のファーストアルバム。

★食空間コーディネーター、フードスタイリストとして数々の受賞歴と華麗な経歴を持つ荒木眞衣子が、師であり、数々のヒットを世に送り出し続けるウィリアム浩子をプロデューサーに迎え、ジャズシーンを担う第一線のプレーヤーたちの重圧でスウィンギーなサウンドに歌詞の主人公の想いを可憐に歌いあげている。

★ハービーハンコック作詞作曲の、Tell Me A Bedtime Storyは、偶然にも元メンバーである、ジーン・ジャクソンが本アルバムでドラムを担当することになり、意図せぬ素敵なサプライズとなった。

★また、米木康志作詞作曲の、あそびましょ、という曲は、唯一の日本語歌詞。ヴォーカルでは初披露となり、全体の雰囲気に可愛らしいアクセントを添えている。

★どんなシーンにも馴染み、初めてジャズボーカルを聴いてみようという方にもオススメのアルバム。

Engineer:Makoto Niijima
producer:Hiroko Williams

*アルバムに寄せて:荒木 眞衣子
ライナーノーツ:北川 健太(佐賀嬉野温泉 旅館大村屋15代目)