ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年3月REVIEWバップ魂、ブルース感覚、小唄性の三拍子揃ったスウィンギン・グルーヴィーで超芳醇な娯楽派ワンホーン物の比類なき神髄! CD JEROME RICHARDSON AND THE TETE MONTOLIU TRIO ジェローム・リチャードソン、 テテ・モントリュー / GROOVIN' HIGH IN BARCELONA
商品詳細
★様々な楽器をこなし読譜力にも優れたセンスのいいオールラウンドな(=ホーキンス系からビ・バップ、ハード・バップ、コルトレーン型モーダル、ドルフィー似の半アブストラクト流儀、ロック〜フュージョンまで実に多彩なスタイルを獲得した)名バイプレイヤーとして、クインシー・ジョーンズやサド=メル等のビッグ・バンド、主流派ハード・バップ系コンボ物、歌伴、などなど長年に渡り実に膨大な第一線セッションに名を連ねて来、また自己名義でも味のあるレコーディング群を残した、進取性に富む知的でスマートなマルチ・リードの逸材:ジェローム・リチャードソン(1920年カリフォルニア州オークランド生まれ、2000年ニュージャージー州イングルウッドで死去)の、本盤は、1988年5月、テテ・モントリュー(p)(1933-1997)のトリオを伴ったカルテットでスペイン・ツアーを行なっていた折、同メンバーによりバルセロナのスタジオで吹き込まれていた(リチャードソンは殆どアルトサックスを吹く)未発表音源、の初ディスク化。

★シャープに尖った突き刺さり感と澄みきった透明さや涼やかな潤いを併せ持ったクリアー・タッチ・ピアノの、ジェントル&エレガントで歯切れよくも折り目正しいメロディック・スインギー・プレイに快調に導かれながら、キュッと引き締まった中にも程好い丸みや弾力感を覗かせる旨味豊かなトーンのアルトが、マイルド・キャッチーな歌謡傾向と激烈敏速なダイナミズムを自然に掛け合わせ、微妙にヨタヨタと粘着気味に右往左往するかのようなルーズな動き(→これがまた絶妙の「味」)も混入させつつの滑脱グルーヴィー・ブロウをどこか飄々と、軽妙に紡いで何とも粋な、そしてコクのある熟成された魅力を余裕で揮いきった、さすが練達の会心打内容。

★歌心とスイング感とブルース・センス、に潔く重点を絞り込んだ、極めて単純明快な直球勝負のハード・バップ大会が嬉々溌剌と、風抜けもよくおおらかに展開され、インティメイトな和気あいあいの温かみとキリッと背筋の伸びた凛々しい緊張感や硬質グルーヴ、がナチュラルに共存し、またテンポのあるスウィンギンな駆け足調とムーディーなスロー・バラードがほぼ交互に現れるメリハリ充分の道程の中で、スピリチュアリティこってりに雄弁なドライヴィング闊歩を見せるジョンソン(b)や結構けたたましくドシャバシャと四方八方から砲撃をカマしてくるクイーン(ds)、らにガッチリ頼もしく支えられ、触発されながら、リチャードソン(as)やモントリュー(p)の腰を据えて伸び伸びと晴れやかに歌い泳ぐ、気力も充実したごく愉しげなアドリブ妙技が抜群の鮮度で匠の冴えを見せ、実に爽快だ。リチャードソン(as)の、パーカー型の勇ましく闊達なスピード感あるバップ・イディオム奏法を根幹として揺るぎない鉄板の風格・貫祿を発揮する一方、よりモーダル・アグレッシヴなシーツ・オブ・サウンド風の猛烈大立ち回り攻勢や、キャノンボールに接近したかにも思えるイナセなファンキー節、といった辺りにも充溢した確かな説得力があり、またバラードにおけるきめの細かいニュアンス豊かな哀愁ロマンティシズム表現も絶品だったりするという、しかも一貫してワンポイントの余裕や洒落っ気を失うことなく悠々と宙を飄遊して上機嫌そうなその吹鳴のあり様(まさしく百発百中!)は、誠に風流でアジな雅趣に満ちており卓抜で、かたやモントリュー(p)の、バップ、モード、耽美派の各鉄則にキッチリ律儀に沿いつつしかしイキイキと自由闊達にとことんよく歌う、円滑自在でありながらシッカと「抑え役」の任を担いきったテイスティーな至芸も、これまたすこぶる鮮やかでゴキゲン。

01. A Child Is Born
02. Manha De Carnaval
03. Groovin' High
04. Where Is Love?
05. When Lights Are Low
06. Warm Valley
07. Hi-Fly
08. I Thought About You
09. A Night In Tunisia
10. J & T Blues

Jerome Richardson (alto saxophone except 01) (soprano saxophone on 01)
Tete Montoliu (piano)
Reggie Johnson (bass)
Alvin Queen (drums)

1988年5月22日スペイン-バルセロナのEstudi Gema録音

レーベル:Fresh Sound

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD


バップ魂、ブルース感覚、小唄性の三拍子揃ったスウィンギン・グルーヴィーで超芳醇な娯楽派ワンホーン物の比類なき神髄! CD JEROME RICHARDSON AND THE TETE MONTOLIU TRIO ジェローム・リチャードソン、 テテ・モントリュー / GROOVIN' HIGH IN BARCELONA[FSRCD 5065]

販売価格: 2,350円(税込)
数量:
商品情報