ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ダイナミック・スリリングで凹凸メリハリに富んだ硬派粋渋ギターのハードボイルド・アクションが芳醇に冴え渡る壮快な醸熟世界! CD DAN KELLER QUARTET ダン・ケラー・カルテット / COFFEE CUP コーヒー・カップ
商品詳細
アメリカ-ノースカロライナ州のローカル・シーンにおいて、音楽教師を務める傍ら地元のライヴハウスなどで堅実に演奏活動を続けているマイナー・ギタリスト:ダン・ケラー(米ノースカロライナ州アシュヴィル在住)の、ヴィブラフォン、ベース、ドラムとのカルテットによる唯一のリーダー・アルバムが、日本盤となって登場。エレキギターとヴィブラフォンのアンサンブルがちょっとシアリング的なクール・サウンドっぽさを醸し出して爽やかさ・涼やかさも絶妙に感じさせながら、張りと厚みある芯の据わった鉄板トーンのギターが、潤いや旨味をふんだんに振りまきつつスクエアー・バピッシュかつアーシー・ソウルフルなイナセさみなぎる躍動的硬派プレイを鋭敏に紡いで、安定感・重みも充分の実に頼もしい粋渋なる華を成し、一方、ある時は潤滑・豊潤に流線形的ブルージー・フレーズを綴ってアジなコクを漂わせ、ある時はポコポコとパーカッシヴに角張った打撃ワザを繰り出して微妙に南国的ともとれるグルーヴを醸成するヴィブラフォンのメリハリある活躍も、ギターとは上手く好対照を成して魅力たっぷりに彩りを添えた、全体を通じキリッと凛々しく勇壮でバッチリ芳醇な充実内容。根底にブルース・フィーリングをしっかり脈打たせたイキな歌心と、敏活でダイナミックなスイング感や殺陣的立ち回りのスリル或いは凹凸っぽさ、を変らず肝とした、メロディアスだが適度に甘さは控えめの中々質実な潔いハード・バップ熱演、がシャープ&ソリッドにサバサバと展開され、サイド陣の幾分か地味だが決してツボは外さない手堅く的確なサポートにガッチリ支えられ、また触発されて、ケラー(g)の、終始背筋の伸びた雄渾にして結構剛健でもあるハードボイルドなアドリブ妙技が、毅然そうで濃い口な隙のない冴え渡り様を見せて、全く壮快だ。→クリスチャン〜ケッセル系統の正統的バップ・イディオム奏法に、ファーロウやバレルにも底通するハードな感触の角折れするようなダイナミズム表現、そしてウェス型のホット・アーシーなオクターヴ弾き、などもミックスして激烈な躍動感一杯のアクション驀進を決めきるその、ひたすら「硬派」で「勇み肌」、しかしリキんだところはなく自然体で伸び伸びと得意の男気節を繰り出し続けるのが楽しくてしようがない、といった感じの、スピーディーによく動くが泰然自若の体も崩さぬそうした醸熟な弾鳴のあり様は、巧まずして余情深く説得力も絶大。ミルト・ジャクソンっぽかったりボビー・ハッチャーソンっぽかったりレッド・ノーヴォっぽかったりと、表情多彩に軽々と道筋へ美味アクセントをつけてゆくDeCristofaro(vib)の助演も好インパクト。

01. Back In The Shack
02. 24
03. Yax
04. Coffee Cup
05. Southern Appalachian Blues
06. Commercial Music
07. Jack Jack Steps
08. Havana
09. Country Cat
10. Cup Of Coffee
11. That Guy

Dan Keller (guitar, compose)
Jason DeCristofaro (vibraphone)
Zack Page (bass)
Micah Thomas (drums)

レーベル:Somethin' Cool

御予約商品
2021年3月3日発売予定
国内盤CD


ダイナミック・スリリングで凹凸メリハリに富んだ硬派粋渋ギターのハードボイルド・アクションが芳醇に冴え渡る壮快な醸熟世界! CD DAN KELLER QUARTET ダン・ケラー・カルテット / COFFEE CUP コーヒー・カップ[SCOL 1051]

販売価格: 2,640円 (税込)
数量:
商品情報
SOMETHIN' COOL

★アメリカ・ノースカロライナ州在住のギタリストで、地元のライヴハウスを中心に演奏するかたわら音楽教師も務めるローカル・ギタリスト、ダン・ケラー。おそらくその名は未だまったく知られていないといっても過言ではないであろう。しかしその一聴して心地よく刺さるスウィング/マヌーシュ系の演奏スタイルは、日本のジャズファンの心を掴むことは間違いない。

★このたびそんな彼の唯一のアルバム『コーヒー・カップ』が日本初上陸。その名のとおり、ホッと一服つきたくなるような、人々が求めていたジャズが詰め込まれている。激動の時代の中でそっと発掘された名作をお楽しみいただきたい。(メーカーインフォ)