ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年3月REVIEWW紙ジャケット仕様2枚組CD マイルド・ロマンティックなしっとりとした耽美派メロディスト気質と粋で勇ましいド真っ当ダイナミック・ブルージー・バピッシュ傾向を併せ持つ超スッキリ風味ピアノ益々快調! 大橋 祐子 トリオ YUKO OHASHI TRIO / KISS FROM A ROSE
商品詳細
★寺島レコードよりの作品群に好評を集めてきた正統派モダン・ピアノの才媛:大橋祐子(東京都八王子市出身)の、5作目のリーダー・アルバムとなる本盤は、メンバーを一新したニュー・トリオによる第1弾。

★ボーナス・ディスクとして、メイン・ディスクと同内容だが音加工を施す以前の、スタジオで録れたてほやほやの「ラフミックス」版が添付されている。

★清流あるいは朝露がまろやかな潤みを滲み出させるかのような、澄みきった透明感と滑らかさ・光沢っぽさに溢れ、それでいて同時に骨太く角張った硬質堅牢さや陰影、をも表裏に併せ持った、基本はきめ細やかで端正なクリスタル風タッチのピアノが、ある時はマイルド&テンダーにしっとりと哀愁浪漫を映し出し、またある時はダーク・ブルージーに少々荒っぽくガキゴキとダイナミズムを体現する、適度に振り幅大きくも本性はあくまでメロディストたる抒情指向プレイをイキイキと紡いで、何とも瑞々しく爽やかな華をリキみなき体で真摯げに成した快演内容。

★旋律唯美主義とも云うべき豊かな歌心の表出と、小気味よくもスリルを孕んだ瞬発力ある機動的スイング感の醸成、を変らずキモとした、ごく明快平易で親しみやすい、現代流リリカル派ハード・バピッシュ・ピアノ・トリオの鑑!たる溌剌としたエンターテイニング&グルーヴィーな邁進が続き、エッジを効かせてシャープにえぐり込んでくる鉄井(b)や高橋(ds)の、しっかり芯の据わった安定律動性と意表を衝くフェイント的サスペンスや浮遊感覚織り混ぜた機略縦横のサポート、も実に的確に、そして精緻にノリと緊迫のツボを創出する中で、大橋(p)の、背筋はピンと伸びているが決して肩肘張らず自然体で伸び伸びと得意技の繰り出しに興じきる、風な、晴れやかな開放感とハートウォームな包容力に根ざしたド真っ当なアドリブ奮戦が、どこまでも「スッキリ」と抜群の生鮮度で冴え渡って、全く清々しい。

→エヴァンスやキース、ハンコック、チック辺りの成果を十二分に踏まえながら、しかしそれらとは明らかに世界観の異なる独自のコンテンポラリーな憂き詩的音景色へと昇華して見せた耽美的ロマンティック・アプローチや、パウエルもしくはトリスターノにも底通する重厚な打楽器タイプの筆致で力学的に迫る驀進アクション攻勢、更には、黒々とした濃いアーシー・ソウルをたぎらせてワイルドに疾駆し突っ掛かってくる硬派ブルース熱演、そしてまた、粋で瀟洒な寛ぎファンキー文体を活かした小唄調、ゴスペル・フィーリングも仄めくスピリチュアルな牧歌路線など、結構表情多彩に劇的起伏メリハリを描きながら一貫してその弾鳴からは演奏することの歓び・愉しさがダイレクトに好もしく伝わってくる、という、そうした、殊の外フレッシュな一陣の清風のような音キャラが得難い魅力、実に素晴らしい。幾分かスタイリッシュめに颯爽と作り込まれたメイン・ディスクの音に比し、よりドライで微妙にガサついた生々しさを残すボーナス・ディスクの荒削りな迫真力も妙味。

01. I Fall In Love Too Easily
02. Pithecanthropus Erectus
03. Englishman In New York
04. Cielito Lindo
05. I'll Be Seeing You
06. Brave Bull
07. After You Left
08. Strode Rode
09. Linna
10. Kiss From A Rose
11. No Rain, No Rainbow
12. Tennessee Waltz Part-I
13. Tennessee Waltz Part-II

*メイン・ディスク、ボーナス・ディスクとも収録曲は同内容となります。

大橋 祐子 (piano)
鉄井 孝司 (bass)
高橋 延吉 (drums)

2021年12月1日 ランドマークスタジオ録音
解説:後藤誠一

レーベル:寺島レコード

在庫有り
国内制作・W紙ジャケット仕様 2枚組CD


W紙ジャケット仕様2枚組CD マイルド・ロマンティックなしっとりとした耽美派メロディスト気質と粋で勇ましいド真っ当ダイナミック・ブルージー・バピッシュ傾向を併せ持つ超スッキリ風味ピアノ益々快調! 大橋 祐子 トリオ YUKO OHASHI TRIO / KISS FROM A ROSE[TYR 1096]

販売価格: 2,940円(税込)
数量:
商品情報
寺島レコード

大橋祐子待望の5作目にして新生トリオ第1弾美しく色鮮やかなピアニズムが描き出す、多彩な名曲の数々今回も寺島レコード「聴き比べセット」でお届けします。

前作『ワルツNo.4』(2016年12月リリース/TYR1054)を、ホール録音盤とスタジオ録音盤の2枚組BOXセットで発表。オーディオマニアならずとも、歴史的にも好みの分かれるホールとスタジオの音質聴き比べが話題をさらった。それから4年の時を経て、寺島レコードが大橋祐子トリオの最新作で新たな聴き比べを世に放つ。今回のボーナスディスクは前代未聞の「ラフミックス」――すなわち、スタジオで録音された日のいわば産地直送の音。通常ほとんど世に出ることのない生まれたての音を、特別にお届けいたします(お値段は1枚組と同じ!)。もちろんメインディスクは、横浜ランドマークスタジオと寺島プロデューサーが腕によりをかけて仕上げ。こだわりの寺島サウンドを存分に体現した出来となった。今作よりトリオのメンバーを一新し、従来の美しさに加え自由度と鮮やかさを増した新生・大橋祐子トリオの両サウンドに乞うご期待。(メーカーインフォ)