ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品流麗滑脱でマイルド&柔和な懐広いピアノの円熟至芸と熱気を孕んだパッショネートなベースのウネりが鮮やかに融和した雅趣深き浪漫世界 CD ENRICO PIERANUNZI - THOMAS FONNESBÆK DUO エンリコ・ピエラヌンツィ、 トーマス・フォネスベック / THE REAL YOU : A BILL EVANS TRIBUTE
商品詳細
2017年録音のデュオ・ライヴ:「Blue Waltz」が好評を博し、その後、それにユリシズ・オーウェンズJr.(ds)の加わったトリオによる2019年録音作:「New Visions」でも卓抜な成果を上げていた、イタリア抒情派ピアノの至宝:エンリコ・ピエラヌンツィ(1949年イタリアのローマ生まれ)と、北欧シーンを代表するエース・ベーシスト:トーマス・フォネスベック(1977年デンマークのヘルシンゲル生まれ)、の二人が再びガッチリと組み合った無双のコラボを見せる、デュオ体制での今回はビル・エヴァンス・トリビュート・アルバム。折り目正しく端整で歯切れよさと滑らかさが自然に一体化した、中々ニュアンスに富むきめの細かい「翳りめ水晶」っぽいタッチのピアノが、敏活でダイナミックなグルーヴを表すと同時にメロディック&リリカルにじっくりと哀愁を映し出す、唯美的だが決して甘すぎない陰影豊かなロマネスク・アクション・プレイを流麗に、軽々と綴って瑞々しくも渋いコクのある墨絵の如き華をあくまで泰然と成し、一方、このピアノの動静・動向に極めてセンシティヴに感応しながら、結構強烈にバネとウネりを利かせて手数多く迅速によく動き回り、雄大に波打つその躍動から豊饒なる歌心を鮮明に立ち昇らせてくる、肉太ベースの重厚な轟鳴も実に芳醇に味わい深い魅力を際立たせた、全体を通じポジティヴな勢いがあってノリよく、時にサスペンスフルに妖しくトグロも巻くが、一貫して十全に熟成された深遠な旨味を満喫させてくれる充実内容。リアル・インタープレイの圧倒的迫真力や鋭いスリルも多々発せられるが、基本は先ず何より美旋律やマイルドな歌心、詩的情趣を徹底して大切にした、憂いと浪漫の香り溢れるアクティヴな抒情派演奏、が程好いスピード感を伴いつつテキパキと展開してゆき、1曲1曲は比較的簡潔にまとめられた快テンポの道程の中で、肩肘張らずリキみを解いてひたすら悠々と徒然なる独自のメランコリック小唄節を滑脱に紡いでゆく、さすがゆとりのピエラヌンツィ(p)と、わりかし必死の息遣いでこれに熱く力強く食らいついてゆくフォネスベック(b)、とのいい具合に好コントラストを描いたアドリブ奮戦〜キャッチボール対話が、何ともテイスティー・グルーヴィーかつデリシャス・ポエティックに清新この上ない盛り上がり&豊作ぶりを見せて、全く鮮やか。とりわけピエラヌンツィ(p)の、エヴァンス・トリビュートということもあって幾分かエヴァンス・スタイルに奏法を寄せているものの、決してそれそのものと云うほど似てはおらず、終始節度と余裕を保った自然体調子で、自身の持ち味の一端である濃いニガみや暗黒の憂鬱さ、瞑想感、といった要素はここではあらかた封印し、どこまでも優しくマイルドな表情でフランクに語りかけてくるような、親しみやすいリリシズム路線の鑑とも云うべき平易柔和な筆致にほぼ終始、がしかしよく聴いてみればその一音一音・一節一節には誠に丹念に真心や機微が込められていて、後にはちょっぴり仄暗くアンニュイなピエラヌンツィ一流の幽玄めいた余韻が残るという、そうした、表面の風合いは変らず軽みに富んでいながらしっかり雅趣豊かで懐深い語り口の粋は、(旨い!やはりプロの味は違う!!みたく)ヴェテランならではで何げにただならぬ卓抜さ。入神のピエラヌンツィに対し、やや若気の至りっぽさを好もしく残すフォネスベック(b)の、ガッツやパッションを秘めた真っ向勝負の誠実(&激烈)な立ち回り様もナイス。

01. Hindsight
02. Only Child
03. The Real You
04. Passing Shadows
05. Our Foolish Hearts
06. Sno' Peas
07. Il Giardino Di Anne
08. I Will Look After You
09. Dreams And The Morning
10. Interplay
11. More Stars
12. People Change
13. Bill And Bach

Enrico Pieranunzi (piano)
Thomas Fonnesbæk (bass)

2020年7月デンマーク-コペンハーゲンのザ・ヴィレッジ・レコーディング(The Village Recording)録音

レーベル:Stunt

★カートでお選びください。
◎輸入盤CD
◎国内仕様輸入盤CD (書き下ろし日本語解説&日本語オビ付き) 日本語解説:原田和典

御予約商品
CD
入荷予定時期:2021年1月 受注締切:2021年1月6日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


流麗滑脱でマイルド&柔和な懐広いピアノの円熟至芸と熱気を孕んだパッショネートなベースのウネりが鮮やかに融和した雅趣深き浪漫世界 CD ENRICO PIERANUNZI - THOMAS FONNESBÆK DUO エンリコ・ピエラヌンツィ、 トーマス・フォネスベック / THE REAL YOU : A BILL EVANS TRIBUTE

販売価格: 2,400円~2,700円 (税込)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
仕様:
数量:
商品情報
STUNT

ピエラヌンツィとフォネスベクのデュオ再び!
ビル・エヴァンス・トリビュート・アルバム!

☆「ブルー・ワルツ」に続くピエラヌンツィとフォネスベクによる至福のデュオ!
☆2020年7月に録音された、ビル・エヴァンス・トリビュート・アルバム!
☆Stutの優れた高品質録音にも注目。ピアノもベースも絶品のサウンド!

■イタリアが生んだ現代最高峰のジャズ・ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィと、ラーシュ・ヤンソン・トリオのメンバーとしても活躍するデンマークの敏腕ベーシスト、トマス・フォネスベク。2018年にリリースされて話題を呼んだ名盤『ブルー・ワルツ』(STUM21081)に続く、ピエラヌンツィとフォネスベクの有力デュオによる新録音。
ピエラヌンツィが「おそらく今でもモダン・ジャズでもっとも影響力のあるピアニストであり、私の音楽の発展に重要な役割を果たした」と尊敬するビル・エヴァンスへと捧げるトリビュート・アルバムで、2020年7月にコペンハーゲンの名スタジオ「The Village」でレコーディング。ピエラヌンツィとフォネスベクのそれぞれのナンバーに、エヴァンスの「オンリー・チャイルド」と「インタープレイ」を組み合わせ、麗しいピアノとウッドベースのデュオを創造。ラスト・ナンバー「Bill and Bach」では、ヨハン・セバスティアン・バッハの旋律も顔を出します。信頼しきった二人が絶妙なインタープレイを織り交ぜながら、実に自由に爽快にプレイしている様は圧巻。また、Stuntが誇る高品質録音にも注目。ピアノもベースもどこまでも柔らかい音ながら、粒立ちはっきりと見通せる絶品のサウンドに仕上がっています。(新譜案内より)