ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年10月REVIEWCD habanero ハバネロ / Premonition Of Love
商品詳細
2010年結成、羽根渕 道広(ts/fl) 馬場 孝喜(ac.gt)によるデュオ、habanero。幅広い音楽性と心地よい響きで聴く者を魅了する唯一無二のサウンド。今回はhabaneroのサウンドに鉄壁のグルーヴと色を添えてくれたドラマー岩瀬立飛氏を贅沢にもパーカッションで迎えレコーディング。世界的テナーサックス奏者
ボブ・ミンツァーが、来日時にライブを観て大絶賛した 新 進 気 鋭 の デ ュ オ は 一 聴 の 価 値 あ り ! ! ! (メーカーインフォ)

1. -4°C
2. Vanity
3. Flavour
4. Premonition Of Love
5. Brazilian Kiss
6. Keep In Touch
7. I Ask You A Question
8. Snoopy’s Siesta (bonus track)

羽根渕 道広(ts/fl)
馬場 孝喜(gt)
岩瀬 立飛(dr M6-8)
2013年10、11月録音

All composed by M.Hanebuchi
Composed by T.Baba(M6)
All Arrenged by habanero

在庫有り
紙ジャケット仕様CD



CD habanero ハバネロ / Premonition Of Love[HBNR 002]

販売価格: 2,100円 (税込)
数量:
商品情報
羽根渕 道広(はねぶち みちひろ)
1972年3月3日3時30分東京産。
中学時代、吹奏楽部でフルートを手にしバッハのフルートソナタなどを中心に6年間クラシックを独学する。明治大学入学後、同大学ジャズ
研究会に入部。チャーリー・パーカーの演奏に衝撃を受けAlto Saxを始める。その後、ハンク・モブレー、スタン・ゲッツ、ジョー・ロ
ヴァーノなどの影響を受けTenor Saxに転向。プロとして活動を開始。
<略歴>
1998年10月、King Record より“ジャズ新鮮組”のCDに参加、リリース。1999年3月、小林陽一率いるジャズ新鮮組でNHK FMセッション505に出演。また、大坂昌彦Session Live(NHK FMセッション505 Live中継)にも出演。2002年3月、渡米(NY)。ミュージシャンとの交流を深める。2002年10月、韓国演奏旅行。Kenji Omae氏に師事(1週間)。帰国後、都内横浜を中心に演奏活動をする。2003年7月、オリジナル曲を中心に自己のグループを結成。活動開始。2004年5月、つくばビッグバンドコンテスト2004でYAMAHA賞 最優秀ソリスト賞を受賞。(審査員 前田憲男、北村英治、エリック宮城)その他、和田アキ子、谷村有美、宮本信子などのサポート、レコーディングで活動中。

馬場 孝喜(ばば たかよし)
京都府出身。中学時代からギターを始める。
2004年、ニューヨーク〜ブラジルに渡航し、 ギタリストBilinho Teixeiraに師事。
ボサノバ、サンバ、ショーロなどのブラジル音楽に傾倒する。2005年ギブソン・ジャズギターコンテスト最優秀ギタリスト賞受賞。2006年11月25日に京都コンサートホールで行なわれた「佐山雅弘 PLAYS ゴールドベルク変奏曲」第二部の佐山雅弘トリオに参加。2008年より拠点を関西から東京に移す。佐山雅弘、井上智、大坂昌彦、沢田穣治など多数のミュージシャンと共演。現在、自身のグループや様々なセッション、レコーディング、講師など幅広く活動している。