ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品マイルド・テンダーでハートウォーミングかつしっかりブルージー・グルーヴィーな、伝統を重んじるアメリカン・リリカル・ヴォーカルの真骨頂!爽快!!! CD DENA DeROSE ディーナ・ディローズ / ODE TO THE ROAD
商品詳細
Amosaya、Sharp Nine、MaxJazz、Vega、HighNoteよりの諸作品に確たる支持を集めてきた、元々ニューヨーカーだが現在はアメリカを離れ、オーストリアを本拠とする(地元グラーツ音楽大学で教鞭をとっている)もNYへも頻繁に戻るなどグローバルなライヴ・ツアーにも益々精を出している、ピアノ弾き語りの人気女性歌手:ディーナ・ディローズ(1966年ニューヨーク州ビンガムトン生まれ)の、4年ぶりのニュー・アルバムとなる今作は、マーティン・ウィンド(b)&マット・ウィルソン(ds)との鉄壁トリオを軸に、シーラ・ジョーダン(vo)、ヒューストン・パーソン(ts)、ジェレミー・ペルト(tp)という強力ゲスト陣も次々迎えての一編。潤いや澄んだ清潔感とコクっぽい熟したウマみを混在させた、風格や貫祿をも感じさせる中音域(ちょっと高めか)のクリーン・ヴォイスによる、歌詞&メロディーを大切にした基本は抒情指向ながら、同時にダイナミックなグルーヴやブルース由来の渋くてイキな吟醸テイストもごく自然に体現して見せる、さすがさりげなく磨き上げられた懐の深いドラマティックな演唱が一点のブレもない、堂々たる存在感をもって華を成し、また、硬派でブルージー・バピッシュな正攻法のピアノ・プレイ始め、インスト面の鋭敏でスリリングな凛とした鳴動具合も迫真性満点に結構濃い魅力を際立たせた、全般に歯切れよくノリノリでありながら思わずホッと安心できる温もりや和気も潤沢に味わえる充実内容。インティメイトな優しいリラクゼーションと、背筋も伸びたシャキシャキ・キビキビした快活スウィンギンさ、の並立する、正統的リリカル・ハード・バップ・スタイルに乗せた軽妙瀟洒な小気味のいいラウンジ小唄セッション風の行き方、が一定のゆとりを堅持しつつ愉しげに続き、ディローズの、洒脱さやソフィスティケートさに溢れる反面、ハジけるようなパッションやわりかし熱いエモーションも巧まずチラつかせた、細かなニュアンスや機智に富む独自の歌い回しがあくまで悠然と冴え渡って素晴らしい。→テンポのある躍動的な局面にあっては、軽みやウィットっぽさ・小粋さと力強くパンチの利いたダイナミズム(一部スキャット技もあり)を飄々と自在に交差させ、バラードでは、テンダー・ロマンティックな耽美性やスウィートネスと内に秘めた情熱っぽさや力強い心象の激動ぶりとを細密に描き分ける、しかも全体を通じてその根底にはブルースの旨味がしっかりと息づいている、という、そうした、アメリカン抒情派ジャズ・ヴォーカルの伝統に深く揺るぎなく根を下ろした語り口の粋は、ハートウォーミング&グルーヴィーそして実に芳醇で全く見事。加えて、高齢(録音時90歳!)を感じさせぬキュート&超絶ハイテクニカルなジョーダン(vo)、イキのいいイナセなハード・バッパーぶりに徹したペルト(tp)、レイジー・スモーキーで好もしいユルさを振りまく醸熟のパーソン(ts)、と、ゲスト陣の活躍も極めて快調。

01. Ode To The Road
02. Nothing Like You
03. Don't Ask Why
04. All God's Chillun Got Rhythm / Little Willie Leaps
05. That Second Look
06. Small Day Tomorrow
07. The Way We Were
08. Cross Me Off Your List
09. I Have The Feeling I've Been Here Before
10. A Tip Of The Hat
11. The Days Of Wine And Roses

Dena DeRose (vocal, piano)
Martin Wind (bass)
Matt Wilson (drums)
Sheila Jordan (vocal on 04, 06)
Houston Person (tenor saxophone on 07, 11)
Jeremy Pelt (trumpet on 02, 08)

2019年10月1&2日ニュージャージー州ティーネックのTeaneck Sound録音

レーベル:HighNote

御予約商品
CD
入荷予定時期:2020年5月下旬 受注締切:2020年5月6日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


マイルド・テンダーでハートウォーミングかつしっかりブルージー・グルーヴィーな、伝統を重んじるアメリカン・リリカル・ヴォーカルの真骨頂!爽快!!! CD DENA DeROSE ディーナ・ディローズ / ODE TO THE ROAD[HCD 7323]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
HIGHNOTE

超本格派のピアノ弾き語り!デナ・デローズの4年ぶりの新作
自己のピアノ・トリオを中心に敬愛するシーラ・ジョーダンが2曲に参加。さらにジェレミー・ペルト (tp)、ヒューストン・パーソン (ts)をゲストに迎え全曲がジャズ・フィーリング満載の注目作品!

■ジャズボーカル&ピアノ奏者、デナ・デローズの待望の新作が登場!1990年代中頃から、シャープナイン, MaxJazz等のジャズ専門レーベルから多くの作品をリリース。2015年に Highnote レーベルに移籍、シャーリー・ホーンへ捧げた『We Won’t Forget You...A Homage to Shirley Horn』 、2016年には『United』を発表し話題を集めた。本作はHighnoteレーベルから4年ぶり、3作目のアルバム、デナ自身のリーダー作としては通算11作目にあたる。

■元々はニューヨーカーのデナであるが、15 年ほど前からオーストリアに移住し地元のグラーツ音楽大学で教授を務めている。教鞭をとらないときは頻繁にツアーに出かけ、異なる文化や生き方、音楽を吸収し自分自身の経験値を高めている。本アルバムで共演したシーラ・ジョーダン(vo)、ヒューストン・パーソン(ts)、ジェレミー・ペルト(tp)の3人のHighnoteアーティストとはデナがツアー中、オーストリア以外で何度も共演した気心の知れあった仲間である。

■収録曲は11曲。長い間デナと共演しているマーティン・ウィンド(b)とマット・ウィルソン(ds)とデナの弾き語りトリオが中心。シーラ・ジョーダン、ヒューストン、ペルトがそれぞれ 2 曲にゲスト参加している。アラン・ブロードベンド作のタイトル曲からスタートし、どの曲もストレート・アヘッドでジャズフィーリングが満載の選曲である。特筆すべきは 90 歳を超えてもますます元気な歌声と抜群のスイング感を聴かせるシーラとデナのデュエット曲の 2 曲「神の子は皆踊る」と「Small Day Tomorrow」で魅せる2人のかけ合い。40年離れて生まれた2人の女性のリズミカルな相互作用が興味深い。

■そしてスタンダード曲を吹かせたら右に出るものはいないベテランテナー奏者、ヒューストン・パーソンが参加した「The Way We Were(追憶のテーマ)」と「The Days of Wine and Roses」にも注目である。デナにそっと寄り添うように絡むテナーはまさに円熟の境地である。2 曲に参加しているジェレミー・ペルトのハードバップフィーリング溢れるトランペットソロも聴きどころである。

■もちろんデナのトリオによる弾き語りヴォーカルも奇をてらうことなく絶好調。スインギーなピアノプレイも冴え渡る。4年間のアイデアを一気に披露した本作はデナのベスト作品にふさわしい出来栄えである。ジャズヴォーカル・ファン、ピアノ・トリオ・ファン、ストレイトアヘッド・ジャズファンの全てにおすすめの作品である。2019年10月、ニュージャージーでの録音。(新譜案内より)