ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | SOLID 完全限定復刻シリーズ (CD) > ★エンヤ (ENJA)・オリジナル・アルバムズ・ストレイト・リイッシュー・シリーズ雄々しく力強く質実剛健に硬派モーダル・バップの本道を決然と突き進む超エキサイティングかつコク旨な傑作ライヴ1968!一撃必殺!!! CD ELVIN JONES エルヴィン・ジョーンズ / LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード
商品詳細
複雑なリズムを難なく叩き出す並外れた超絶ハイ・テクニックの持ち主であり、予断を許さぬ爆裂的なうねりを利かせたスリル抜群・縦横無尽のダイナミズム攻勢にワン&オンリーの妙味を発揮して、モダン・ジャズ・ドラミングの奏法・スタイル・流れにフレッシュな革新を齎した巨匠:エルヴィン・ジョーンズ(1927年ミシガン州ポンティアック生まれ、2004年ニュージャージー州イングルウッドで死去)の、本盤は、ジョージ・コールマン(ts)&ウィルバー・リトル(b)とのトリオに、途中1曲ではマーヴィン・"ハンニバル"・ピーターソン(tp)も加わりつつの大熱演が聴かれる、1968年3月NYCヴィレッジ・ヴァンガードでの公演の模様を捉えたライヴ傑作(Enja原盤)、のCD化・新装再発(限定)版。ドスを利かせてドコドコ・バシバシ!と鋼鉄の速射パンチ・キックをカマしてくるかのような、雷神的ドラムの凄味みなぎるゲリラティック猛襲に頼もしくも激しくプッシュされながら、フロントに立つテナーが、程好くふくよかな感触を呈しつつキュッと締まってもいる、リキみを解いた自然体の旨味あるトーンで、ある時は苦味走ったハードボイルドでダークなシリアスめのダイナミック・モーダル・バピッシュ咆哮を剛健に轟かせ、ある時はマイルド・ロマンティックな歌らしさとシーツ・オブ・サウンド風の烈々さを掛け合わせた熱くパッショネートな躍動的メロディック・ブロウを繰り出すなど、中々振り幅大きくメリハリ充分のドラマティックな奮戦ぶりで堂々と、雄渾に華を成した、大いに血沸き肉躍る敢闘内容。ドッシリ腰を据えて硬派勇猛なるストロング・スウィンギン・アクションの本道を揺るぎなく強固に驀進する、好もしい男臭さ・武骨さとタフネスに満ちたこれぞサックス・トリオの神髄、たる熱のこもった質実豪快な力演が展開され、背後から容赦なく突き上げ攻勢をかけてくるエルヴィン(ds)の仁王の如き怒濤迅雷(或いは燃え上がる烈火!)の爆裂激動の様、もさすがこってり濃く重厚な閻魔オーラを放ち続ける中で、一歩も引かずこれに決然と拮抗しつつ雄々しく哀愁と漢たるロマンを映し出すコールマン(ts)の、すっくと構えた勇姿が颯爽にして超芳醇なる魅力をフル発揮して秀逸だ。→バップやモードの定番イディオムに則りながら、甘さを排した陰影も濃いビター・ブルージーなハード・ドライヴィング鳴動に終始するコワモテめの大立ち回り技や、一転、よりナイーヴでテンダーなやや訥々とした物憂くけだるいメランコリック節を歌うバラード表現など、その、基本は強壮覇者らしくも何げに引き出しが多く懐の広い、ニュアンスに富んだ語り口の妙は絶品で、加えて、1曲に登場するピーターソン(tp)の、ただならぬ切迫感を伴ったアグレッシヴでドライなキレ味鋭い猛爆アタック咆哮も圧倒的にインパクト強烈。

1. M.C.
2. バイ・ジョージ
3. ローラ
4. ミスター・ジョーンズ
5. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
6. M.C.

Elvin Jones エルヴィン・ジョーンズ (drums)
George Coleman ジョージ・コールマン (tenor saxophone)
Wilbur Little ウィルバー・リトル (bass)
Marvin "Hannibal" Peterson マーヴィン・ハンニバル・ピーターソン (trumpet on 4)

1968年3月20日ニューヨークシティのVillage Vanguardでのライヴ録音

レーベル:Solid (Enja原盤)

解説:田中 英俊

在庫有り
国内制作CD

雄々しく力強く質実剛健に硬派モーダル・バップの本道を決然と突き進む超エキサイティングかつコク旨な傑作ライヴ1968!一撃必殺!!! CD ELVIN JONES エルヴィン・ジョーンズ / LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード[CDSOL 46422]

販売価格: 1,200円 (税込)
数量:
商品情報
★エンヤ (ENJA)・オリジナル・アルバムズ・ストレイト・リイッシュー・シリーズ

★ジョン・コルトレーン・カルテットのドラマーとしてヴィレッジ・ヴァンガードで歴史的ライヴを行ったエルヴィンが1968年にその聖地で自身のバンドを率い行った白熱のライヴ!1曲でハンニバル・マーヴィン・ピーターソンも加わった熱い、熱いライヴ盤! (メーカーインフォ)