ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年3月REVIEW勇猛精悍なハードボイルドさと親しみやすい哀愁浪漫や吟醸味が交差する現代正統派ピアノ・トリオ会心の一撃! CD LYNNE ARRIALE TRIO リン・エリエイル / CHIMES OF FREEDOM
商品詳細
★ハード・バップ・ピアノの伝統を重んじるオーソドックスなプレイに確固たる支持を得、過去、dmp、TCB、Motema Music、In + Out、Challenge等から続々と上質のアルバム群を発表して、高い評価と人気を博してきた、アメリカのヴェテラン女性ピアニスト:リン・エリエイル(1957年ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ)の、Challengeでの2作目=通算15作目のリーダー・アルバムとなる今盤は、前作でも組んだイェスパー・サムセン(b)に超売れっ子のE.J.ストリックランド(ds)、という猛者連との強力トリオによる(終盤2曲に女性ヴォーカルも客演)一編。

★硬質堅固で骨太くも潤いや旨味に富み、打鍵は強く精確そして陰影も豊かなストーン風タッチのピアノが、パッショネートでスピリチュアルな、熱いガッツのみなぎった躍動的・情動型のプレイを力強くも歯切れよくビシビシと紡いで、中々毅然とした凛々しい華を成し、ベース&ドラムの機略縦横に全方位から遊撃を仕掛けてくるが如きアタッキングなバックアップも、迫真のスリルとストロングなノリのよさをバッチリ高めて、スケールも雄大に確たる魅力を際立たせた、全編精悍軒昂にして取っ付きやすくおいしさたっぷりの会心打内容。

★硬派で渋くも歌心溢れる、現代モーダル・ハード・バップ系ピアノ・トリオのこれぞ紛いなき鑑!とも云うべき緩急メリハリある敏活溌剌としたテイスティー・グルーヴィー熱演、が瑞々しい覇気と迫力をもって堂々展開され、サムセン(b)やストリックランド(ds)の瞬発力抜群で奔放自在、それでいて「歌」のセンスやノリノリのリズム感もしっかり備える、表情豊かで闊達なサポートにガッチリ頼もしく支えられ、触発されながら、エリエイル(p)の、硬軟・剛柔巧みで振り幅大きくも卓抜な「構成力」を有したアドリブ妙技が、一音の無駄もなく圧倒的に鮮やかに、しかも泰然自若として冴え渡って、全く壮快だ。

→マッコイやハンコックの成果を踏まえての、さながら「女ハードボイルド」の様相を呈した勇猛雄渾の苦味走ったダイナミズム攻勢で大いに昂揚させる一方、バラードや寛ぎ調での繊細深遠な耽美派ロマンティストぶり、更には、ブルースやラテン調でのアーシー&ソウルフルな唸るが如き吟醸節、といった辺りにも充分に練り込まれ、磨き上げられた濃密な妙味があり、そうした、結構多彩に筆致・表情を転じてゆくドラマティックな筆運び、その全てのアプローチに揺るぎなく一切ブレのない確固たる説得力や独特の威風が顕れており、一つ一つの弾鳴にはさりげなく問答無用の気魄もあって、ウ〜ムさすが!!! 客演ヴォーカルのダウン・トゥ・アースで悠然とした漆黒の歌唱も誠に感動的。

01. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
02. Journey
03. The Dreamers
04. 3 Million Steps
05. Hope
06. The Whole Truth
07. Lady Liberty
08. Reunion
09. Chimes Of Freedom
10. American Tune

Lynne Arriale (piano)
Jasper Somsen (double bass)
E.J. Strickland (drums)
K.J. Denhert (vocal on 09, 10)

2019年8月6日ニューヨークのSamurai Hotel Recording Studio、同年10月10-11日ベルギーのモートル・ミュージック録音

レーベル:Challenge

こちらで試聴できます。

在庫有り
スリーブケース仕様CD

勇猛精悍なハードボイルドさと親しみやすい哀愁浪漫や吟醸味が交差する現代正統派ピアノ・トリオ会心の一撃! CD LYNNE ARRIALE TRIO リン・エリエイル / CHIMES OF FREEDOM[CR 73494]

販売価格: 2,280円 (税込)
数量:
商品情報
Challenge Records

アメリカの名女流ピアニスト、リン・アリエルのChallenge Records第2弾!
☆イェスパー・サムセン、E.J.ストリックランドとの強力トリオ!


■これまで、アメリカのDMPやMotema Music、スイスのTCBから多くのアルバムをリリースし、ビルボードやThe New Yorker、United Press Internationalなどのチャートにランクインしてきたアメリカの名女流ピアニスト、リン・アリエルの新録音。

★オランダのChallenge Recordsからは2作目、自身のリーダー作全体としては15枚目となるこのアルバムは、ボブ・ディランの初期の名曲「自由の鐘(Chimes of Freedom)」をタイトルに据え、自身のオリジナル・チューンとボブ・ディランやポール・サイモンのスピリチュアルを組み合わせ、自由と文化の多様性を表現。
★ピエラヌンツィとの共演でも知られるオランダの名ベーシスト、イェスパー・サムセン、マーカス・ストリックランドの双子の兄弟としてニューヨーク・ジャズ・シーンで活躍するE.J.ストリックランドとの強力トリオで、叙情的な旋律と明快なテクニックを鮮やかに披露しています。

★ボブ・ディランの「自由の鐘」、ポール・サイモンの「アメリカン・チューン」では、アーバン・フォーク&ジャズ・シンガーのK.J.デンハートがゲスト参加。(新譜案内より)