ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年11月REVIEWCD BOBBY SHEW,BILL MAYS ボビー・シュー、ビル・メイズ / TELEPATHY
商品詳細
バディ・リッチ・ビッグバンドやトシコ〜タバキン・ビッグバンドなど、過去には主にビッグバンド畑で腕を磨き、米西海岸の実力者として、活躍を続けるトランペット & フルーゲルホーン奏者、ボビー・シュー。一方、抒情派ピアニストとしてメロディ重視のリリカルな演奏で変わらぬ魅力を発揮し続ける、ビル・メイズ。本作は、この2人の1978年デュオ演奏によるもので、1982年にJazz Hounds Recordsからリリースされた作品のCD化です。柔和で円やか、美しい響きでの吹奏が、丁寧なピアノのサポートにより、豊かな広がりをみせる好作品です。当時、制作にあたり、バーニー・グランドマンがマスタリングを担当。美しい音色を生かした広がりのある音質作りがなされています。

01. It Might As Well Be Spring (Rodgers-Hammerstein II) 5:59
02. Poor Butterfly (Hubbell-Golden) 5:26
03. Yesterdays (Kern-Harbach) 2:59
04. Telepathy (Shew-Mays) 9:32
05. The Gentle Rain (Bonfa-Dubbey) 5:43
06. You've Changed (Fisher-Casey) 4:41
07. Indian Summer (Herbert-Dubin) 5:32
08. Telepathy II (Shew-Mays) 8:39

Bobby Shew, flugelhorn & muted trumpet;
Bill Mays, piano.
Recorded at Sage & Sound Recording, North Hollywood, March 4 & April 16, 1978

Recording Engineer: Jim Mooney
Mastered by Bernie Grundman At A&M Studios, Los Angeles, California
Art Director: Renee Harcourt
Cover Photography: Nels Israelson
Back Cover Photography: Scott Windus

こちらで試聴できます。

在庫有り
CD


CD BOBBY SHEW,BILL MAYS ボビー・シュー、ビル・メイズ / TELEPATHY[FSRCD 984]

販売価格: 2,400円 (税込)
数量:
商品情報