ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年12月REVIEW【MACEK AVENUE】CD Erroll Garner エロル・ガーナー / Campus Concert
商品詳細
★エロール・ガーナーの“Octave Remastered Series”第6弾
1962年3月13日@インディアナ州ラファイエットのパーデュー大学
エディ・カルフーン、ケリー・マーティンとの最強トリオによる不滅のコンサート!

★エロール・ガーナーの“Octave Remastered Series”、第6弾はMGM原盤の『Campus Concert』。

★このアルバムは、ガーナー生前にリリースされた最後のライヴ・アルバムで、1962 年 3 月 13 日にインディアナ州ラファイエットのパーデュー大学で行われたコンサートが収録されています。メンバーは、最強のトリオ、すなわち、エディ・カルホーンとケリー・マーティンを従えたトリオで、ガーナーの個性、魅力が最も強く感じられるエキサイティングな演奏が続きます。彼の死後、『ワン・ワールド・コンサート』や『アムステルダム・コンサート』など、このアルバム以降に収録されたライヴ演奏もリリースされますが、それでもこの作品の価値は不滅です。

★演奏場所を考慮してまず「Indiana」からコンサートをスタートさせて聴衆を熱狂させたガーナーは、情緒纏綿としたバラードやお得意のマンボ、そしてセロニアス・モンクの演奏でもおなじみの「Lulu's Back In Town」などで強烈な個性を全開にしていきます。なお、8曲目の「夜のしじまに(In The Still Of The Night)」は、他にガーナーの録音がありませんが、じっくり聞くに値する名演となっています。また、最後の「La Petite Mambo」は、コロムビア盤『パリの印象』で聴くことのできるガーナー自身のオリジナルですが、もともとこの『Campus Concert』には収録されておらず、今回初めて付け加えられた初登場演奏です。(新譜案内より)

1. Indiana (Back Home Again In Indiana) (2:54)
2. Stardust (5:47)
3. Mambo Erroll (2:20)
4. Lulu's Back In Town (4:35)
5. Almost Like Being In Love (4:11)
6. My Funny Valentine (5:30)
7. These Foolish Things (Remind Me Of You) (5:29)
8. In The Still Of The Night (3:17)
9. La Petite Mambo (4:00)

Erroll Garner (piano)
Eddie Calhoun (bass)
Kelly Martin (drums)

#1,3,5-9 : 1962年3月13日録音 at Purdue University
#2 : 1962年8月23日録音
#4 : 1962年8月24日録音 at World's Fair Playhouse,Seattle,WA

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします
デジパック仕様CD

【MACEK AVENUE】CD Erroll Garner エロル・ガーナー / Campus Concert[MAC 1162]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報