ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 7月REVIEW【universounds presents DEEP JAZZ REALITY】明田川荘之率いる東 京の名門インディペンデント・ジャズ・レーベルがCD復刻。チコ 本田 CHIKO HONDA / チコ CHIKO
商品詳細
尾川雄介監修「DEEP JAZZ REALITY」今世界中のJジャズ・コレクターが最も熱い眼差しを注ぐ名門AKETA?S DISK一挙復刻(第一弾)12タイトル発売。

★圧倒的な個性と存在感を放ち続けるヴォーカリスト、チコ本田。活動歴は1970年まで遡るが、1979年録音の本作がファースト・アルバムとなる。それまでの蓄積を一気に開放したような、濃さと勢いのある作品だ。ひとたびチコが歌えば、どんな曲でも“チコのジャズ”になる。そのブルージーさに酔い、そのストレートさに打たれる。渡辺貞夫の妹、本田竹広の妻、本田珠也の母・・・。引き合いに出すのは無粋だろう。ただただ、魅力的なジャズ・ヴォーカリストである。(新譜案内より)

1. Buck
2. Time After Time
3. Trav' Lling Light
4. Fly Me To The Moon
5. But Not For Me
6. I'm A Fool To Want You
7. Let It Be Me
8. Waitin' For Charlie To Come Home
9. Stand By Me

チコ 本田(VOCAL)
元岡 一英(PIANO)
米木 康志(BASS)
酒井 敏明(DRUMS)
橋本 信二(GUITAR)

1979年3月21日,5月30日 アケタ録音

*完全限定生産、2019年最新デジタル・リマスタリング、新規解説付き!

レーベル:Octave-Lab (Deep Jazz Reality)

在庫有り
国内制作・完全限定生産CD


【アケタズ・ディスク】
★明田川荘之が西荻窪にライヴハウス<アケタの店>をオープンさせたのは1974年2月。以降これまでの35年間、幾多のミュージシャンが集い、夜な夜なセッションを繰り広げてきた。まさしく日本のジャズ史が積み重なってきた“現場”である。並行してレコード制作レーベル<アケタズ・ディスク>を始めたのが1976年春のこと。<アケタの店>に出演するような、パワフルで人間臭いミュージシャンの作品を制作したい、はたまた天才・アケタの作品を世に出したいと自主制作に乗り出したのである。アナログレコードは1985年までに23タイトルが制作され、その後もCDに切り替えてリリースは続けられている。現場を映したカタログには個性的な作品が多く、厚みもあって壮観だ。ここに唯一のリーダー・アルバムを残した者、後の活躍を予見させるようなファースト・アルバムを残した者、人生最後となるラスト・アルバムを残した者・・・。また、ここでしか実現しなかった貴重な顔合わせも数多い。もちろん音楽性は多岐にわたるが、明田川の思いを映し、全ての作品がパワフルで人間臭い。それこそが、アケタズ・ディスクの最大の魅力である。(尾川雄介)

【universounds presents DEEP JAZZ REALITY】明田川荘之率いる東 京の名門インディペンデント・ジャズ・レーベル<アケタズ・ディスク>がCD復刻。チコ 本田 CHIKO HONDA / チコ CHIKO[OTLCD 2405]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報