ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年7月REVIEW繊細柔和で清楚可憐な、ニュアンスに富んだ優しい寛ぎ歌唱がしっとりと映える超快適編♡ CD ELLE エル / SO TENDERLY ソー・テンダリー
商品詳細
お馴染みの人気個性派ピアニスト:アレッサンドロ・ガラーティに見出されたイタリアの新進女性ヴォーカリスト:Elle=エルの、ガラーティ率いるトリオが全面バックアップしたアルバム第1作。

★きめ濃やかで潤いに富み、透明感に溢れながら微妙に翳りを帯びたところもある、線は細め・トーンは高めのニュアンス豊かで独特の儚さを宿したちょっとハスキーなクール・ヴォイスによる、歌詞とメロディーを大切にしつつ自然体でそっと密やかに語りかけてくるような、とりわけバラードやボサノヴァ調辺りに真価を発揮する超センシティヴ&アンニュイなウィスパリング型の落ち着いた抒情派歌唱が、何とも清楚可憐で瑞々しい、そしてある種の幽玄とも云うべき行間含蓄をも湛えた夢幻の如き華をしっとりと成し、一方、音をしっかりと選んで簡潔質素に端正な、優しい寄り添い様に終始しながら深い余韻を残すデリカシーに満ちたピアノ以下、インスト陣の丹念に機微を掬い取ってゆくような優しいサポートも、一定の節度をもってきららかに魅力を滲ませた、全編を通じ甘美で典雅な(それでいて締まりもちゃんとある)寛ぎ空間にひたすら心地よく陶酔できる充実内容。
★インティメイトなリラクゼーションが変らず基底に敷かれ、そうした中でバックの演奏サウンドには研ぎ澄まされたシャープネス〜刃っぽさを感じさせる面も適度にあったりする、按配絶妙の、トータルとしては中々メロウ・ムーディーな「バラード」或いは「なごみ路線」的コンセプトをメインとした、気品と慎ましさとウィットある誠に快適端麗な行き方が続き、ガラーティ(p)の肩の力は抜けていながら自ずと俊敏さやキレのよさを絶やさないメリハリ充分の滑脱プレイ(随所で粋に光る!)、に上手く支えられ、導かれて、エル(vo)の、本盤のみを聴く限りにおいてその本性は確固としたバラード・シンガー気質と思しき極めて繊細柔和なアプローチが、この上ない生鮮度で冴え渡っており、全く見事。
→ソフト&マイルド・テンダーに優しく囁くが如きまろやかかつたおやかなスローリー・ロマンティック節(一語一句をじっくり噛み締めるようでもある)や、よりテンポのあるスインギーな趣向における、軽妙瀟洒なセンスよき小唄調のフレージングなど、何げにテクニックもしっかりした(しかし決してそれと意識させない極めてナチュラルな筆運びに終始)ブレのない語り口は、大層キュート&チャーミングであり、と同時にどこか妖しく消え入るような独自の幽遠なる(霧に包まれた深山幽谷とかに通じる?)趣〜雅趣っぽさもあって、実に蠱惑的だ。

1. How Insensitive
2. Tenderly
3. Time After Time
4. These Foolish Things (Remind Me Of You)
5. Moon River
6. The Nearness Of You
7. Body And Soul
8. Over The Rainbow
9. I Wish You Love

Elle (vocal)
Alessandro Galati (piano)
Guido Zorn (bass)
Lucrezio De Seta (drums)

2019年作品

レーベル:寺島レコード

在庫有り
国内制作・セミW紙ジャケット仕様CD

繊細柔和で清楚可憐な、ニュアンスに富んだ優しい寛ぎ歌唱がしっとりと映える超快適編♡ CD ELLE エル / SO TENDERLY ソー・テンダリー[TYR 1081]

販売価格: 2,880円 (税込)
数量:
商品情報
寺島レコード

★寺島レコード ヴォーカル・コレクション
アレッサンドロ・ガラティが発掘し寺島靖国が認めた歌姫、世界に先駆けて日本デビュー。

★1年前にスタートした寺島レコードとイタリアのピアニスト・アレッサンドロ・ガラティとのプロジェクト。そのスタートとなる『Shades of Sounds』は「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」を受賞。その後ソロ作品『Augustine』(TYR1076)と初のライヴ録音『Live from the Inside Out』(TYR1077)を同時リリース。
★同時に寺島レコードオリジナル録音のリマスタリングをステファノ・アメリオに依頼するなど、イタリア・ジャズ界とのコラボレーションを次々に打ち出してきた寺島靖国が次に目を付けたのは、ヴォーカリストだ。アメリカのスーザン・トボックマン、オーストラリアのサラ・マッケンジーに続く第3の歌姫はイタリアのElle(エル)。ガラティが現地のジャズクラブで歌う彼女を見い出し、寺島プロデューサーもその歌声に一聴惚れ込んだ無名の新人が、世界に先駆けて日本でデビューを飾る! (新譜案内より