ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年5月REVIEW清々しく爽やかで仄かにフォーキー・エキゾティズムもチラつく個性満点の優しい牧歌的リリカル・ヴォーカル CD CAMILA MEZA & THE NECTAR ORCHESTRA カミラ・メサ / AMBAR アンバー (日本先行リリース)
商品詳細
★ライアン・ケバリー(tb)&カタルシスや、ソロ、室内楽的なネクター・オーケストラを率いて、など、ニューヨークを拠点に多角的な活動を続け(来日ツアーも成功させている)、アルバムも着々と発表して高評価を得てきた、ソングライター肌なギター弾き語りの個性派才媛:カミラ・メサ(1985年チリのサンティアゴ生まれ)の、レギュラー・チームの一つである半チェンバー的なアンサンブル:The Nectar Orchesta(w./鍵盤、b、ds、vln×2、vla、cello)による会心作(※日本先行リリース)。

★透明感や清涼味に富み、張り&キレがあって伸びやか・しなやかなトーン高めの澄んだクール・ヴォイスによる、独特の夢幻的ロマンティシズムや牧歌的スピリチュアリティ、そして仄かなエキゾティズム&フォーキー・テイストを湛えた、唯一無二の個性を有するリリカル指向の滑脱な演唱が、生鮮度も抜群の瑞々しく爽やかな華を成し、ギター、鍵盤類、ストリングスらのインストも、多層的・重層的に彩りや奥行きを形作ってこれまたアザやかに魅力を際立たせた、全編を通じ何げにスケールも雄大な清新この上なしの感動と昂揚が満喫できる快演内容。
★おおらかな大自然謳歌っぽい開放感と、よりイリュージョナル&メディテーショナルな心象ムード、とが一体化した風な、緩急のメリハリも適宜なだらかにつけられる、どちらかと云うとバラード的コンセプトが中心にある感じの、躍動的でありながらリラクシングでもある按配絶妙のハートフルな行き方が続き、メサの、要所要所に達者なスキャット技も盛り込んで軽快かつダイナミックにグルーヴを醸成するも、基本はあくまで歌詞とメロディーを大切にした抒情派肌の、コンテンポラリー・ジャズとワールド系っぽい半エスニックさ・フォーク色をごくナチュラルに融和させた歌い回しが、中々味わい深くもファンタジックに冴え渡って、実に爽快だ。
→流麗でいてハキハキと明晰に元気よく声を発してゆくその、現代流リリカル・(ジャズ・)ヴォーカルの正統らしい晴朗闊達で誠実げなアプローチを根幹とし、しかしそうした歌声の端々から、或いは曲想から独創的なエキゾティック・カラーも垣間見せる、という、トータルとしてはあくまでも限りなくジャズ・ヴォーカル然たる、結構小粋で瀟洒な旨口っぽい風趣にすんなり着地させた、朝飯前の悠々とした芸風のあり様は全く見事。

1. カルフ Kallfu (Camila Meza)
2. ワルツNo.1 Waltz #1 (Stephen Paul Smith)
3. アウェイクン Awaken (Camila Meza)
4. ディス・イズ・ノット・アメリカ This Is Not America (David Bowie / Pat Metheny - Lyle Mays)
5. オーリャ・マリア Olha Maria (Chico Buarque - Vinicius De Moraes / Antonio Carlos Jobim)
6. 夕暮れ Atardecer (Camila Meza)
7. オール・ユア・カラーズ All Your Colors (Camila Meza)
8. ミラグリ・ドス・ペイシェス (魚たちの奇跡) Milagre dos Peixes (Milton Nascimento - Fernando Brant)
9. インタールード Interlude (Noam Wiesenberg) (strings only)
10. アンバー Ambar (Camila Meza)
11. フォール Fall (Camila Meza)
12. ククルクク・パロマ Cucurrucucu Paloma (Tomas Mendez Sosa) (solo vocal & guitar)

カミラ・メサ Camila Meza (vocal except 09) (guitar except 09)

ザ・ネクター・オーケストラ The Nectar Orchestra:
エデン・ラディン Eden Ladin (piano, celeste, keyboards, electric piano, synthesizer, organ except 09, 12)
ノーム・ウィーゼンバーグ Noam Wiesenberg (bass except 09, 12)
小川 慶太 Keita Ogawa (drums, percussion except 09, 12)
大村 朋子 Tomoko Omura (violin except 12)
フォン・チェム・ホェイ Fung Chem Hwei (violin except 12)
ベンヤミン・フォン・グートツァイト Benjamin von Gutzeit (viola except 12)
ブライアン・サンダーズ Brian Sanders (cello except 12)

*アレンジ:カミラ・メサ(02, 04, 08)、ノーム・ウィーゼンバーグ(02, 04)
*ストリングス・アレンジ:ノーム・ウィーゼンバーグ (01, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 10)

2017年6月NYブルックリン・レコーディング・スタジオ録音
解説:柳樂 光隆(Jazz The New Chapter)

レーベル:Core Port (Sony Masterworks原盤)

在庫有り
国内制作CD


清々しく爽やかで仄かにフォーキー・エキゾティズムもチラつく個性満点の優しい牧歌的リリカル・ヴォーカル CD CAMILA MEZA & THE NECTAR ORCHESTRA カミラ・メサ / AMBAR アンバー (日本先行リリース)[RPOZ 10047]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
CORE PORT (コアポート)

ほとばしる才能がさらに覚醒。既にワールドワイドで話題を集めているカミラ・メサの最新アルバムが日本先行でリリース!

■2016年から2年連続来日公演、同じく2年連続でダウンビート誌クリティック・ポール「Rising Star」に名を連ねるカミラ・メサ待望の最新作。現代ジャズ・シーンのトップ・アンサンブルであるライアン・ケバリー・カタルシス、ファビアン・アルマザン『Rhizome』『Alcanza』への参加、シャイ・マエストロ、ケンドリック・スコット他も参加してNYタイムズにも絶賛された前作『Traces』(2016)とここ数年はトップギアーでシーンの中心人物になっているチリ出身のシンガー/ギタリスト/作曲家カミラ・メサ。いよいよ5枚目のアルバムにして米Sony Music Masterworksからメジャー・レーベル・デビュー!

■ナチュラルでいてサウンドと一体化した伸びのあるヴォーカル、圧巻のヴォイス・コントロール、カート・ローゼンウィンケル以降のモダンかつ飛翔感ある自在なギター、イマジネーション豊かなコンポジション。ここ数年はネクター・オーケストラを率いた活動で新たな領域に踏み入っていたが、この新作ではその成果が想像以上のものとなって表れている。

■鉄壁のスモール・オーケストラのメンバーは、シャイ・マエストロがバックアップするイスラエル・ジャズの新進ベーシスト、ノーム・ウィーゼンバーグ(b)がアレンジとストリングス・アレンジと共に参加、その才能をいかんなく見せつける。さらにオメル・アヴィタル、ウォレス・ルーニー、シャイ・マエストロのバンドで活躍してきたブルックリン在住、イスラエルのジャズ・ピアニスト、エデン・ラディン(p)、スナーキー・パピーやボカンテでの活動を始め、世界中で活躍する小川慶太(perc)、そして大村朋子(vl)を始めとする弦楽クアルテットによる、圧倒的かつ有機的なアンサンブル。

★既に評価の高いオリジナル曲に加え、カヴァーはM2エリオット・スミス(ベッカ・スティーヴンスも歌った「ワルツNo.1」)、M4デヴィッド・ボウイ&パット・メセニーのコラボ曲(映画『コードネームはファルコン』より)、M5アントニオ・カルロス・ジョビン、M8ミルトン・ナシメントの名曲(ウェィン・ショーター『ネイティヴ・ダンサー』での再録曲)、、カエターノ・ヴェローゾの重要レパートリーM12と充実。南米特有のセンティミエント溢れるそのヴォーカル・スタイルも素晴らしい。(新譜案内より)

1 カルフ Kallfu (Camila Meza)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
2 ワルツNo.1 Waltz #1 (Stephen Paul Smith)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
3 アウェイクン Awaken (Camila Meza)
  *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
4 ディス・イズ・ノット・アメリカ This is Not America (David Bowie / Pat Metheny-Lyle Mays)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
5 オーリャ・マリア Olha Maria (Chico Buarque-Vinicius De Moraes / Antonio Carlos Jobim)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
6 夕暮れ Atardecer (Camila Meza)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
7 オール・ユア・カラーズ All Your Colors (Camila Meza)
  *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
8 ミラグリ・ドス・ペイシェス(魚たちの奇跡) Milagre dos Peixes (Milton Nascimento - Fernando Brant)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
9 インタールード Interlude (Noam Wiesenberg)
*Performer: Camila Meza, The Nectar Orchestra
10 アンバー Ambar (Camila Meza)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
11 フォール Fall (Camila Meza)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza / Performer: The Nectar Orchestra
12 ククルクク・パロマ Cucurrucucu Paloma (Tomas Mendez Sosa)
 *Vocal, Guitar:Camila Meza

カミラ・メサ Camila Meza (VOCAL,GUITAR)
ザ・ネクター・オーケストラ

エデン・ラディン Eden Ladin (piano,celeste,keyboards,fender rhodes,moog,organ,Wurlitzer,electric piano)
ノーム・ウィーゼンバーグ Noam Wiesenberg (bass)
小川 慶太 Keita Ogawa (drums, percussion)
大村 朋子 Tomoko Omura (violin)
フォン・チェム・ホェイ Fung Chem Hwei (violin)
ベンヤミン・フォン・グートツァイト Benjamin von Gutzeit (viola)
ブライアン・サンダーズ Brian Sanders (cello)

*アレンジ:カミラ・メサ(M-2, 4, 8)、ノーム・ウィーゼンバーグ(M-2, 4)
*ストリングス・アレンジ:ノーム・ウィーゼンバーグ (M-1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 10)


2017年6月 NY ブルックリン・レコーディング・スタジオ録音
Recording Engineer: Andy Taub
Editor: Matt Pierson
Mixing Engineer: Chris Allen
Mastering Engineer: Chris Allen
*プロデュース:カミラ・メサ
解説:柳樂光隆(Jazz The New Chapter)