ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ビター&ダークにして牧歌的詩情も漂う現代ヨーロピアン迫真インタープレイの会心打! CD THOMAS MARKUSSON トマス・マークソン / OPEN
商品詳細
ヨーテボリの音大に学び、アンデシュ・ヨルミンにベースを師事、過去およそ18年来スウェーデン国内外で活躍、ピアニスト:Daniel Karlssonとの連名デュオ・アルバムをBrus & Knasterより発表(2013年録音、2014年リリース)し、ここ最近も企画グループ:Corpoやワルター・ラング(p)・トリオのレギュラーを務めながら、自己の主力プロジェクト・ユニット:Openを精力的に推進している、スウェーデンの個性派・進歩派ベーシスト:トマス・マークソン(1978年スウェーデンのサンドヴィーゲン=Sandviken生まれ)の、単独個人名義としてはこれが初のリーダー作となる、トランペット入りカルテット(先年のFootprintよりの近作も好評だったヨーテボリ在住の邦人女性ピアニスト:坂田尚子も参画)を率いての自作曲集。生々しくシャープな迫真のスリル&サスペンスを渦巻かせつつ、たゆたい浮遊するかの如くジワリジワリと、そして確固と歩を進めてゆくベース&ドラムの匍匐(ほふく)遊撃的鳴動にしっかり支えられ、また突き煽られながら、スピリチュアルで繊細それでいて力強い剛健さをも感じさせるトランペットや、妖しい夢幻性を帯び、時にはアブストラクトな領域へも果敢に踏み込んでゆく、硬質かつ端麗美溢れるピアノ、らがシリアスにして情感豊かな風格ある見せ場を中々伸びやかに分け合って、誠に瑞々しい興奮と奥深い感動を満喫させてくれる敢闘内容。エレガントでロマンティックな耽美性と、妥協なく鋭利に研ぎ澄まされたハードネス並びに重厚なダークネス、をシッカと備えた、ヨーロピアン現代抒情派の最尖端を行く風な、決して甘くないシビアでミステリアスな思索瞑想性漂うリアル・インタープレイ妙演が腰を据えて展開され、強硬なるダイナミズムと濃やかな情魂味を交差体現するマークソン(b)の、揺るぎなげな立ち働きも絶えず頼もしく芳醇な存在感を際立たせる中で、スヴェンソン(tp)や坂田(p)の終始表情はピリッと引き締まっていながらバッチリ華やいでもいる、ビターノワールかつエモーショナルなアドリブ奮戦がひたすらフレッシュ(&サスペンスフル)に盛り上がりを呈して爽快・壮快だ。スヴェンソン(tp)の、「甘さを抑えた吟遊牧歌詩人」とも云うべきイメージの、タフでありセンシティヴでもある強靱咆哮が、一貫して威風堂々そして雄渾なる絵を飾っていて秀逸で、一方坂田(p)の、暗く深遠な内省世界とよりポジティヴで開放的な馨しき浪漫景色の間を細かに、自在に行き来するドラマティックなモーダル・プレイもひたすらソリッドに冴え渡っており、その道程は作曲面のコンセプチュアルな統一感も奏効して、独特の濃い翳りを含み、太く確たる骨芯に貫かれた、全くブレのない泰然幽遠のポエティック空間(宇宙)に仕上げられている。見事。

1. Ending
2. As It Is
3. Folke
4. Improvisation No. 3
5. Duo
6. Open
7. Into The Woods

Staffan Svensson スタファン・スヴェンソン (trumpet)
Naoko Sakata 坂田 尚子 (piano)
Thomas Markusson トマス・マークソン (bass, compose)
Cornelia Nilsson コルネリア・ニルソン (drums except 4)

2018年1月18-20日スウェーデン-ヨーテボリのハーガ教会での録音

レーベル:Footprint

御予約商品
CD
入荷予定時期:2018年12月 受注締切:2018年11月30日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


ビター&ダークにして牧歌的詩情も漂う現代ヨーロピアン迫真インタープレイの会心打! CD THOMAS MARKUSSON トマス・マークソン / OPEN[FRCD 107]

販売価格: 2,450円 (税込)
数量:
商品情報
Footprint

■ヨーテボリの音楽カレッジでアンデシュ・ヨルミンに学び、現在澤野工房からアルバムをリリースするウォルター・ラング・トリオのメンバーとして度々来日、2018年12月にも来日公演を予定しているスウェーデンのベーシスト&作曲家、トマス・マークソンの初リーダー・アルバム。全曲マークソンの作曲による叙情的で刺激的なフリー・フォーム・ジャズ。ポイントは、2009年に北欧ジャズの若手登竜門として権威ある「ヤング・ノルディック・ジャズ・コメッツ」でベスト・ソロイスト賞を受賞したスウェーデン在住の日本人ピアニスト、坂田尚子の参加。そしてE.S.T(. Esbjörn Svensson Trio)の名録音で知られる伝説的エンジニア、オーケ・リントンによる優秀録音にも注目。ヨーテボリのハーガ教会で行われたレコーディングは、2日間は誰も居ない教会で、1日は観客を入れた状態で録音されています。

☆トマス・マークソン(ウォルター・ラング・トリオ)来日公演予定!
2018年12月14日(金) 兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール