ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO小粋で渋い吟醸ソウルと哀愁に彩られた表情豊かな熟練ドラマティック・ピアノ絶好調! CD CYRUS CHESTNUT サイラス・チェスナット / KALEIDOSCOPE
商品詳細
★益々絶好調な貫祿の快進撃を続ける人気黒人ピアニスト:サイラス・チェスナット(1963年メリーランド州ボルティモア生まれ)の、今回は新トリオを率いての、選曲もバラエティーに富んだ意欲みなぎる一編。
★キレや硬角質っぽさと流麗潤滑さが自然に併合された、艶のある中々きめ濃やかで端正なクリアー・タッチのピアノが、ある時は粋で渋い小唄的哀愁情緒やリラクゼーションを軽妙に歌い、ある時はジェントル&エレガントに半古典指向っぽい荘厳な様式美を粛々と体現、またある時は熱っぽくダウン・トゥ・アースに得意の黒いファンキー節で豪快朗々とクライマックスを飾る、という、メリハリの利いた表情多彩な旨口プレイを快活に紡いで、フレッシュ&テイスティー・グルーヴィーに座を賑わせた、何げに熟練なる快投内容。
★曲毎に多様多彩な変転を見せる、アレンジ&構成面もしっかり練られた、しかしチェスナットの動静には絶えずワンポイントの余裕や肩の力の抜けたマイペースっぽさ、が好もしく感じられる、緩急自在のドラマティックな現代流正統筋ハード・バップ演奏、がイキイキと展開され、ベース&ドラムの瞬発力ある、そしてキッチリとツボを心得た堅固なサポートに頼もしく支えられ、ノセられて、チェスナット(p)の、ムラなく無駄なき簡潔にして余情豊かな、さすが懐の深いアドリブ妙技が、ひたすら悠々と軽やかに円熟した冴えを見せて爽快だ。
→ゴスペル〜スピリチュアル系統の黒くおおらかな吟醸味&牧歌性を全開させたハートウォーミング節や、クラシックに接近しつつも持ち前のアーシーでソウルフルな味つけを決して忘れないユニークな旨口サロン調、モーダルでアグレッシヴな熱血さや疾走感を孕んだ雄渾ロマン路線、瀟洒でイキなファンキー色に彩られた寛ぎ曲あるいはムードあるボサノヴァ風など、多角的でいて終始一貫全くブレのない、「オール・チェスナット・カタログ」とも云うべき堂々たる会心名演がトントン拍子の快テンポで連続する充実作!!!

1. Golliwog's Cakewalk 5:02
2. Darn That Dream 5:06
3. Gymnopedie No.1 6:15
4. Entre Cloches 5:44
5. Jimbo's Lullaby 5:26
6. Father Time 5:29
7. Lord I Want To Be A Christian 4:28
8. Son Binocle 4:04
9. Smoke On The Water 4:33
10. Gnossienne No.1 6:57
11. Gymnopedie No.3 4:07
12. Turkish Rondo 3:37
13. Prayer For Claudine 5:13

Cyrus Chestnut (piano)
Eric Wheeler (bass except 7,13)
Chris Beck (drums except 7,13)

2018年4月29日ニューヨークシティのSear Sound - Studio C録音

レーベル:HighNote

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD


小粋で渋い吟醸ソウルと哀愁に彩られた表情豊かな熟練ドラマティック・ピアノ絶好調! CD CYRUS CHESTNUT サイラス・チェスナット / KALEIDOSCOPE[HCD 7317]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
HIGHNOTE

クラシックの名曲やスタンダード等、様々な音楽を見事に
ジャズ・アレンジしたピアノ・トリオ作品
まさにサイラスの魔術が詰まった万華鏡の世界!

■今や円熟期を迎え、ますます絶好調のピアニスト、サイラス・チェスナット。アコースティック且つサイラス本来のオーソドックスなピアノ・トリオ作品が登場!

■教会のオルガン奏者の父親、合唱団のディレクターの母親という恵まれた音楽環境で育ち、86 年にジョン・ヘンドリックスのグループに加わったことを皮切りに、88〜90 年にはテレンス・ブランチャード〜ドナルド・ハリソンのユニットで活動。90 年代にはウイントン・マルサリス、そして多くのミュージシャンが偉大なるメンターとして仰ぐベティ・カーターのバンドで活動するなど現在も大活躍中。今年の5 月にベースの中村健吾とのデュエットで来日し、各地で好評を博した。

■ High Note 第4弾の本作はモーツアルト、ドビッシー、ラベル、エリック・サティのクラシック・ピアニストの作品を中心にジャズ・アレンジ。更にディープ・パープルの“Smoke on the Water”やヴァン・ヒューゼン作曲のバラード“Darn That Dream”等も収録した注目作。“Smoke on the Water”は昨年同メンバーでのオーストラリア公演の際に演奏したところ聴衆の反応がとても良かったとのこと。

■「よく皆は私のことをソウルフルでスィンギーでゴスペル・フィーリングがある、と言う。それは嬉しいのだけど決して間違わないで!それだけが僕のすべてではないんだ」とサイラスは語る。今回のアルバムタイトル『Kaleidoscope(万華鏡)』は色々な音楽を華麗に変化させるまさにサイラスの魔術が詰まったアルバムである。

■サイラスは過去のアルバムにもクラシックの名品やポップスを収録しているが、今回はサティの有名曲“Gymnopedie No. 1& No.3(ジムノペディ)”“Gnossienne No.1 (グノシエンヌ)”、モーツアルトの“Turkish Rondo(トルコ行進曲)”等をジャズアレンジ。過去には教会で演奏していた経験もあり、ゴスペル・フィーリングがクラッシックと融合し独特な世界観を展開している。

■リズム・セクションは、ワシントン出身のEric Wheeler(b)、フィラデルフィア出身のChris Beck(ds)、いずれもNY 中心に活動している。録音は2018 年4月ニューヨークにて。(新譜案内より)

Recorded At Sear Sound - Studio C, New York, Ny On April 29, 2018