ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX色彩感豊かでノリノリな、極めて密度の濃い壮快度200%のハード・バピッシュ小型ビッグ・バンド会心打! CD CORY WEEDS LITTLE BIG BAND コリー・ウィーズ / EXPLOSION!
商品詳細
★益々絶好調の精力的な活躍を続ける、当レーベル:Cellar Liveのオーナーでもあるカナダの人気サックス奏者:コリー・ウィーズ(ヴァンクーヴァー出身)の、今回は錚々たるスター・プレイヤー達を集めた小型ビッグ・バンドによる一編。
★パンチの利いたダイナミック&カラフルな、かつ、適度に入り組んだ巨大建築様の奥行きやスケールをも呈したホーン・アンサンブルが、颯爽と轟き渡り、各人のバップ色濃い渋くてメロディックなソロがフレッシュ・スリリングに見せ場を競い合ってゆく、ノリノリで旨味たっぷりの極めて充実した敢闘内容。
★精密巧緻に設計されたグループ表現の深遠さと、ブローイング・セッション風の豪快でおおらかなノリ、とを併せ持った、モダン・ビッグ・バンド〜ラージ・アンサンブル物の正統らしい、徹頭徹尾ハード・バピッシュな硬派旨口指向の嬉々溌剌とした行き方が続き、ホーン群によるメリハリもバッチリ利いたドラマティックな合奏が鮮麗にキメ絵を形作る一方、各人の、簡潔でいておいしさのエッセンスがギュギュッと凝縮されたようなアドリブ・プレイが、テイスティー・グルーヴィーこの上なしのひたすら親しみやすい豊作ぶりを見せてゴキゲンだ。
★こってりコクのある武骨にして鋭く引き締まったテナーや、重厚にドスを効かせつつドライヴ感満点に咆哮するバリトン、軽妙洒脱さとイナセなソウルフルさを絶妙にミックスした歌いに歌うアルト、ファンキーでウォームな包容力溢れる何げに濃い口のトロンボーン、ピリッと背筋を伸ばして凛々毅然げに立ち回るハードボイルド調のトランペットなど、個人プレーの実にアザやかな名場面が次から次へと連続して、すこぶる快適にトントン拍子で聴き進ませてくれる。

1. Minor Mishap
2. Soon
3. East Of The Village
4. Park Avenue Petite
5. My Girl Is Just Enough Woman For Me
6. Canadian Sunset
7. K.D.'s Motion
8. Please Send Me Someone To Love
9. Ready And Able

Cory Weeds (tenor saxophone, leader)
Joe Magnarelli (trumpet)
Chris Davis (trumpet)
Steve Davis (trombone)
Rod Murray (trombone)
PJ Perry (alto saxophone)
Steve Kaldestad (tenor saxophone)
Gary Smulyan (baritone saxophone)
Chris Gestrin (piano)
Paul Rushka (bass)
Jesse Cahll (drums)
Jill Townsend (arrangement)
Bill Coon (arrangement)

2017年11月13&14日カナダ-ヴァンクーヴァーのWarehouse Studios録音

レーベル:Cellar Live

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

見開きペーパージャケット仕様CD


色彩感豊かでノリノリな、極めて密度の濃い壮快度200%のハード・バピッシュ小型ビッグ・バンド会心打! CD CORY WEEDS LITTLE BIG BAND コリー・ウィーズ / EXPLOSION![CL111317]

販売価格: 2,050円 (税込)
数量:
商品情報
CELLAR LIVE

レーベルオーナーでアルト奏者の Cory Weeds 率いる、アメリカとカナダ勢から成るリトル・ビッグ・バンド。ウエストコースト系ビッグ・バンドを思わせる端正なアレンジを基調に実力者たちのソロが次々と飛び出してくるタイトル通りのエキサイティングな演奏。なめらかに歩を進めるソロ、アレンジがすこぶるゴキゲンで快適!!