ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)正攻法勝負でストレートアヘッド街道を驀進する旨味濃い現代ハード・バップ会心の一撃! UHQ CD 八木 隆幸 TAKAYUKI YAGI / NEW DEPARTURE ニュー・ディパーチャー
商品詳細
★過去の作品群がいずれも好評を博し、益々気力も充実したグローバルな躍進を続けている、ウォルター・ビショップJr.やバリー・ハリスに師事したキャリア豊富な正統派ピアニスト:八木隆幸(1966年京都生まれ)の、前作に続いて今回もニューヨーク・シーンの精鋭連と組んでの、ピアノ・トリオで7曲、2管入りのクインテットで4曲、という構成の意欲作。
★重厚で硬質に角張ったストーン・タッチのピアノが、熱情を孕んだダイナミックな激動的アクション!を炸裂させて、確固たる濃い存在感を放ち、流暢に歌うテナーやピリッと背筋の伸びたトランペット、のフロント2管も凛々しく勇ましい華を成した、ノリよくも壮快なヘビーネスみなぎる好演内容。
★硬派で雄々しくブルース色にも富んだ、極めてストレートアヘッドな今日流ハード・バップ奏演、が骨太に、剛健に紡がれてゆき、ベース&ドラムのツボを心得たメリハリある機動的・遊撃的スウィンギン鳴動、に上手く煽られながら、2管やピアノの、ポジティヴで力強い覇気を感じさせる完全燃焼のソロ敢闘が、何げに密度の高い隆盛ぶりを呈してスカッと昂揚させてくれる。
★Wendholt(tp)の、苦味走ったドライでハードボイルドな毅然たる鋭敏バピッシュ・ブロウや、Bowen(ts)の、ドライヴ感溢れる豪快でおおらかな伸び伸びとした唄い泳ぎっぷり、八木(p)の、ある時はモーダル・アグレッシヴにアツく烈しく疾走し、ある時はファンキー&ソウルフルに粋な吟醸節を綴る、何げにドラマティックな立ち働きなど、個人芸合戦の見せ場・聴きどころは文句なく充実しており、色彩感豊かで味わい深く歯応えも充分な道程(アルバム後半ではピアノ・トリオとなって、よりシンプルにタイトネスを増してゆく辺りも中々妙味)を、小気味よさも抜群にトントン拍子で楽しませる。

1. Beyond The New Horizons (Takayuki Yagi)
2. View From Newark (Takayuki Yagi)
3. Music On The Second Floor (Takayuki Yagi)
4. 130East 7th St. (Takayuki Yagi)
5. Kyoto Tower (Takayuki Yagi)
6. Rockland Blues (Takayuki Yagi)
7. Ritha (Larry Young)
8. Nature Boy (Eden Ahbez)
9. Is That So? (Duke Pearson)
10. On The Real Side (Walter Davis Jr.)
11. Two Faces Of Nasheet (Frederick Waits)

八木 隆幸 Takayuki Yagi (piano)
Jay Anderson (bass)
Billy Drummond (drums)
Scott Wendholt (trumpet on 1,2,3,5)
Ralph Bowen (tenor saxophone on 1,2,3,5)

2018年3月21日&22日 ニュージャージー州MontclairのSound On Sound Studios録音

レーベル:JazzTOKYO

在庫有り
CD

国内制作UHQ CD

正攻法勝負でストレートアヘッド街道を驀進する旨味濃い現代ハード・バップ会心の一撃! UHQ CD 八木 隆幸 TAKAYUKI YAGI / NEW DEPARTURE ニュー・ディパーチャー[JTRC 2]

販売価格: 2,570円 (税込)
数量:
商品情報
JazzTOKYO RECORDS

ジャズ・ピアノへの熱狂的な探求心と、
猛然とドライヴするエモーショナルなエンジン。
常に前進する八木隆幸の、初クインテットによる新作!

前作「Skyscraper」(JTRC1)では、ピアノ・トリオ・フォーマットの表現力を突き詰めるような攻めを見せた八木隆幸。約3年ぶりとなるニュー・レコーディングは、フロント2管を加えた初のクインテット編成で再びNY録音を敢行。八木自身の手になるホ-ン・アレンジは独特で、緩急豊かなアンサンブルにカラフルなアクセントが眩い。そして、ピアニスト八木隆幸の魅力は、熱狂的なまでのジャズ・ピアノへの知性と、溢れ出るエモーショナルなエンジンで駆動されるパワー・プレイにある。文武両道なエリートの佇まいでありながら、オリジナル曲やカバーの選曲にはどこかチャーミングなセンスがきらめいている。BluesとBebopに根差した伝統的サウンドと現代的なサウンドとの融合、スピード感溢れる演奏と叙情性とを合わせたピアニスト八木隆幸の新作は、ブレイクスルーに満ちた爽快な聴き応えだ。(新譜案内より)

Producer / Artist: Takayuki Yagi
Recording Director: Atsushi SUSHI Kosugi
Recording Engineer: David Alman
Recording Studio: Sound On Sound Studios (3/21 & 22)