ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)硬派なグルーヴと粋な旨味に満ち満ちた正統筋ピアノのフレッシュ快打! CD 前田 幸美 YUKIMI MAEDA / SIMULATION
商品詳細
★米録音の最新作「I'll Close My Eyes」も好評を得ている、北九州市を拠点に活躍中の女性ピアニスト:前田幸美(福岡県出身)の、本盤は、2010年に吹き込まれ、リリースされた、処女作にあたるミニ・アルバム。トリオで2曲、ソロ・ピアノで2曲の全4曲。
★ゴツッとした固さや濃い陰影っぽさと、澄んだ潤い感、が塩梅よく融け合った鋭角的タッチのピアノが、ある時はダイナミック・バピッシュに硬派なアクション技を毅然と炸裂させ、ある時は玉転がし風の滑らかさを呈しつつ粋な小唄情緒を活写、またある時は瞑想感を絡めつつ繊細かつダークに深い哀愁を歌い上げて、清々しくも渋い絵を飾り、ノリにノッた鋭敏でグルーヴィーなエレキベースや、歯切れよくパンチ・キックをカマしてくるドラム、らも各々壮快に彩りを添えた、推進力バツグンそして旨味たっぷりの会心打内容。
★徹頭徹尾メロディアスでスウィンギンな、意気溌剌と驀進するリリカル・アクション調の明朗快演が展開され、前田(p)の、骨芯もしっかり据わった中々エネルギッシュに歌い躍るアドリブ奮戦が、昂揚感抜群にしてブレなく風格堂々たるゴキゲンな冴えを見せてゆく。
★→バップ(やモード)の定番イディオムに則った、硬質で凹凸起伏に富んだパワフルな力学的アクション攻勢と、適度に軽みをも湛えたファンキー・テイストの吟醸的ブルージー節、とのミックス文体を基調としつつ、より深い翳りを呈したスピリチュアルな求心的情緒描写や、リズミカルで賑々しいラテン調のアツいグルーヴ路線っぽい立ち回り、といった転回も織り混ぜて、メリハリ充分のドラマティックな流れを一歩一歩力強く編み上げてゆくその、ポジティヴな勢いと揺るぎない信念を感じさせる語り口は、誠に美味しく説得力も満点だ。

1. A Night In Tunisia
2. Sakura Fantasy
3. On Fire
4. White Street

前田 幸美(piano)
関谷 友貴(electric bass on 1,3)
吉川 昭仁(drums on 1,3)

2010年9月4日 東京STUDIO Dede録音(アナログ録音)

レーベル:自主制作

在庫有り
国内自主制作CD
※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格1,500円になります。

硬派なグルーヴと粋な旨味に満ち満ちた正統筋ピアノのフレッシュ快打! CD 前田 幸美 YUKIMI MAEDA / SIMULATION[YM 001]

販売価格: 1,500円 (税込)
数量:
商品情報
★前田 幸美 プロフィール
《経歴》
4歳よりクラシックピアノを始める。1993年ピティナ・ピアノコンペティション、ピアノデュオ部門で優秀賞受賞。ピアノソロ部門で入賞者記念演奏会メンバーに選ばれ出演するなど、小学生、中学生時代から、数多くのピアノコンクール に参加し、入賞する。
1999年 梅光女学院高等学校の音楽科ピアノ科を卒業。
2001年 日本で唯一の公立音楽系短期大学である、大分県立芸術文化短期大学、器楽科、ピアノコースを主席で卒業。
短期大学在学中、2000年8月、福田隆を指揮者に迎え、九州全土からプレイヤーを募り立ち上げた九州学生オーケストラに、ピアニストとして参加するなど、声楽、器楽の伴奏者としてコンクールに出場するなどして多くのプレイヤーから伴奏者としても高い信頼を得る。

卒業後、2004年 第15回くるめ新人演奏会、2008年 第4回JBAソロコンテスト、第8回 鹿児島新人演奏会など、コンクール伴奏者として、多くのコンクールに出場し、その様子が新聞にも紹介される。また、2003年 KAWAI楽器製作所に入社し、自身の演奏活動を続けながら、後進の指導にも励み、その生徒達が、グレンツェン音楽コンクール全国大会出場、2008年ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサートに抜擢など、様々なコンクールで素晴らしい結果を残し、指導者としても高く評価されるようになる。その頃、Thelonious Monk 、McCoy Tyner等の多くの著名ミュージシャンとの共演をしたジャズピアニスト田村勝哉氏と出会い、ジャズを学ぶ。2006年、ニューヨークを訪問し、多くの素晴らしいジャズミュージシャンに感銘を受ける。以来、現在に至るまで、10年以上の期間、毎年のニューヨーク滞在中、ブルーノート、ビレッジバンガード、スモールズなど、多くのジャズクラブや、コンサートに足を運運んだ。また、セッションや、ワークショップなどにも参加し、沢山のミュージシャンとの交流を深めてきた。
《現在》
海外からの著名ミュージシャンも数多く演奏していた老舗のクラブでレギュラーソロピアニストととして演奏する他、バンドリーダーとして様々なイベントを企画し、 精力的に活動を行う。また、後進の指導にも力を入れている。
★北九州発 個性派ピアニスト。待望のファーストミニアルバム。