ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX豪快熱血な男気に満ちたドイツ発・現代ハード・バップ会心の一撃!! 2枚組CD PETER LEHEL QUARTET ペーター・レーヘル / LIVE AT BIRDLAND 59 ETTLINGEN AND LIVE AT JAZZ & KLASSIKTAGE TUBINGEN
商品詳細
★ドイツ・シーンで活躍し、自身がその主宰者であるFinetoneレーベルからの諸作に好評を得ていた、キャリアあるテナーサックス(ソプラノやバスクラも)奏者:ペーター・レーヘル(1965年ドイツのKarlsruhe生まれ)の、本盤は、いずれもレギュラー・カルテットによる(一部ゲスト入る)2004年と2002年の2つのライヴ音源をカップリングした、ヴォリュームたっぷりの2枚組作品。
★CD1(2004年編)では、極太トーンで中々泥臭く豪快に吠えるテナーや、モード色濃いシャープ&アグレッシヴなソプラノ、ファンキー・ソウル全開でイナセげに驀進するピアノ、温もり&哀愁たっぷりのまろやかなバスクラ、らが実に伸び伸びと楽しげに見せ場を飾ってゆく、ノリノリで美味しさ格別の豊饒内容となっている。
★→直球勝負で王道をひた進む、何ともおおらかな正々堂々の人情娯楽的ハード・バップ大会(スタンダード中心)が連続し、重厚で骨太いリズム陣の安定感抜群なサポートにガッチリ支えられながら、レーヘルの、終始水を得た魚の如く溌剌と舞い泳ぐ生粋メロディスト&生粋スインガーぶりが、誠に鮮やかにゴキゲンな冴え渡り様を示す。一方CD2(2002年編)では、オリジナル曲を中心として、よりモーダル・スピリチュアルでシリアスめ・コンセプチュアルめの行き方を見せており、レーヘルやメック(p)の結構ハードボイルドな熱演が凛然と映えるが、やはりその根底には、ブルージーでソウルフルな吟醸的旨口スピリット(?)がシカと息づいていて、甘さ控えめながらバッチリ親しみやすい、コクも利いた超芳醇な音世界がイキイキと形成されている。

CD 1
1. Lullaby Of Birdland
2. A Night In Tunisia
3. The Wizard Of Oz: Over The Rainbow
4. Take Five
5. As Time Goes By
6. Caravan
7. 'Round Midnight
8. Porgy And Bess: Summertime
9. Corcovado
10. Lots Of Blues
11. Yesterday

CD 2
1. Dedication
2. Here And Now
3. One For Kodaly
4. Moving In
5. Seven To Heaven
6. Elegy
7. Gypsy Wings
8. Waltzing Out
9. Gloomy Sunday

Peter Lehel Quartet :
Peter Lehel ペーター・レーヘル(tenor saxophone, soprano saxophone, bass clarinet)
Ull Möck ウル・メック(piano)
Mini Schulz ミニ・シュルツ(bass)
Dieter Schumacher ディーター・シューマッヒャー(drums, percussion)

Vivian De Farias ヴィヴィアン・ド・ファリアス(vocal on CD1-3,CD1-9)
Artisfact String Quartet (strings on CD2-3)
(Karin Boehnel, Thomas Gehring, Thomas Haug, Ulrike Eickenbusch)

CD1:2004年1月16日バードランド59(エットリンゲン)でのライヴ録音
CD2:2002年10月13日ジャズ&クラシックターゲ(テュービンゲン)でのライヴ録音

レーベル:Finetone

在庫有り
2枚組CD

豪快熱血な男気に満ちたドイツ発・現代ハード・バップ会心の一撃!! 2枚組CD PETER LEHEL QUARTET ペーター・レーヘル / LIVE AT BIRDLAND 59 ETTLINGEN AND LIVE AT JAZZ & KLASSIKTAGE TUBINGEN[FTM 8013]

販売価格: 3,250円 (税込)
数量:
商品情報
FINETONE

ドイツのサクソフォン奏者、作編曲家、教育者、そしてファイントーン(Finetone)レーベルの主宰者としても活躍するペーター・レーヘル。レーヘル・カルテットの2つのライヴを収録した豪華ダブル・アルバムが登場!

エットリンゲンのライヴハウス「バードランド59」で行われた2004年ライヴには、「チュニジアの夜」、「虹の彼方に」、「テイク・ファイヴ」、「キャラバン」、「イエスタデイ」など極上のスタンダードがレーヘル・サウンドで味わえる。テュービンゲンのライヴハウス「ジャズ&クラシックターゲ」で行われた2002年ライヴでは、レーヘルのオリジナルを中心に、艶のあるサクソフォーンが美しく幻想的に響く。(新譜案内より)