ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCAL優しさと寛ぎに満ちたクール・テンダーな魅惑的ロマンティック・ヴォーカル♡ CD MARGARETA BENGTSON マルガリータ・ベンクトソン / BALLADS バラード
商品詳細
★人気ヴォーカル・グループ:The Real Groupの(元)中心メンバーであり、ソロによるSpice Of Lifeよりの作品群にも好評を集めてきた、スウェーデンのキャリア豊富な女性歌手:マルガリータ・ベンクトソン(1966年スウェーデンのストックホルム生まれ)の、今回は小編成(featuringマティアス・アルゴットソン-p,org)でのバラード集。
★透明感や潤いに富んだ、トーン高めの端正なクール・ヴォイスによる、優しくしっとりと語りかけてくるようであり、またその一方、張りを利かせて凛然と力強くエモーションを活写する面もある、さりげなく抑揚豊かなロマンティック演唱が、清新かつ瀟洒にアジな絵を飾った好内容。インティメイトでハートウォーミングな、落ち着いた和みめムードの行き方が続き、コクのある渋いピアノや、イナセげなトランペット、肉太くウネるソウルフルなベースら、インスト陣の気合の入った活躍もテイスティーに際立つ中で、ベンクトソン(vo)の、きめ濃やかでウィットあるハートフルな歌い回しが、何とも爽やかに、そして余情豊かに、瑞々しい魅力を放ってゆく。
★→歌詞とメロディーをあくまで大切にしたリリカル指向のアプローチを貫きながら、ある時は甘美でテンダーな切々とした哀感描写に深みを見せたり、ある時はよりダイナミックな筆致で軽快小粋にグルーヴィーさを醸成したりと、適宜メリハリの利いたドラマティックな流れを形作り、トータルとしてはごくメロウ&センシティヴな洒脱さ・柔和さにスッキリ収束させる、という、その、寛ぎと真心に満ち満ちたまろやかな歌声キャラは文句なく素敵。

1. The Very Thought Of You
2. My Foolish Heart
3. I Thought About You
4. Gentle Rain
5. My One And Only Love
6. Spring Can Really Hung You Up Most
7. Our Love Is Here To Stay
8. Long Ago And Far Away
9. Here's That Rainy Day
10. Nature Boy
11. Never Will I Marry

Margareta Bengtson マルガリータ・ベンクトソン(vocal)
Mathias Algotsson マティアス・アルゴットソン(piano, organ)
Peter Asplund ペーター・アスプルンド(trumpet, vocal)
Dicken Hedrenius ディッケン・ヘドレニウス(trombone)
Svante Söderkvist スヴァンテ・ソダークヴィスト(bass)

2016年作品

レーベル:Spice Of Life

在庫有り
国内制作デジパック仕様CD

優しさと寛ぎに満ちたクール・テンダーな魅惑的ロマンティック・ヴォーカル♡ CD MARGARETA BENGTSON マルガリータ・ベンクトソン / BALLADS バラード[SOL SV 0036]

販売価格: 2,470円 (税込)
数量:
商品情報
SPICE OF LIFE

★(2016年)来日記念盤は珠玉のバラード・アルバム。北欧を代表する美しく澄み切ったマルガリータの歌声。秋の夜長に贈るスタンダードの名曲集はジャズ・ファン必携の一枚!!

★北欧一と言われる美しい歌声とその美貌で聴く人を魅了し続けるマルガリータ・ベンクトソン。彼女の待望のアルバムは秋にふさわしい珠玉のバラード集。
●スペシャル・ゲストにスウェーデンを代表するピアニストの一人、しなやかでみずみずしいタッチで人気の高いマティアス・アルゴットソンを迎え、彼とのデュオを軸にペーター・アスプルンドのトランペット、ディッケン・ヘデレニウスのトロンボーン、スヴァンテ・ソダークヴィストをフィーチャーしてスタンダードの名曲の数々をしっとりと歌い上げたバラード・アルバムとなった。
●マティアスはハモンドオルガンの名手としても有名で、「Gentle Rain」「Spring Can Really Hung You Up Most」「Long Ago and Far Away」「Nature Boy」の4曲では教会音楽を思わせるオルガンプレイが聴ける。
★リアル・グループのソプラノ・シンガーとして長年に亘って活躍して来たマルガリータがジャズヴォーカリストとして独立、2007年に発表したソロ第一弾アルバム「I’m Old Fashioned/アイム・オールド・ファッションド」は全曲フルオーケストラをバックにスタンダードを歌い上げ、発表以来本国スウェーデンのみならず日本でもロングセラー・アルバムとして人気を博している。2009年に発売した第2弾アルバム「Where The Midnight Sun Never Set/ホエア・ザ・ミッドナイトサン・ネヴァー・セット」はビッグバンドからスモール・コンボをバックにジャズの楽しさを歌い上げた作品として人気を博した。7年振りとなる本作品「バラード」は彼女の5年振りの来日記念盤であり、目にも耳にも美しいマルガリータの魅力をスタンダードの名バラードとともにお届けするジャズ・ファンにとって必携の一枚である。北欧の澄み切った空気のように澄んだ歌声のバラード集はマルガリータとマティアスの魅力を凝縮した作品となった。