ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)涼やかな波乗り感覚とハートウォーミングな歌心に貫かれた、瑞々しさ抜群の抒情派アルト会心打! CD 名雪 祥代 SACHIYO NAYUKI / COMFORT コンフォート
商品詳細
★クラシックからジャズに転向し、仙台を拠点に活躍している女性アルト(&ソプラノ)サックス奏者:名雪祥代(宮城県遠田郡出身)の、谷川賢作(p)をフィーチュアしたワンホーン体制によるセルフ・プロデュースの初アルバム。
★シャープな張りや締まりとまろやかなソフトネスが絶妙に合わさった、何とも美味しい清爽トーンのアルトが、スラスラと流線形を描き続けるような調子で哀歓を歌って、瑞々しい華を成し、骨太でコクのあるソウルフルなピアノの活躍も頼もしげに彩りを添えた、誠にハートウォーミングな好演内容。
★和気あいあいのリラクゼーションを底流させながらの、メロディアスでスインギーな自然体調子の伸び伸びとした抒情派奏演、が紡がれてゆき、名雪(as,ss)や谷川(p)の、明朗な人情味にシカと貫かれたごく楽しげなアドリブ活躍が爽やかに冴え渡って、実に快適な豊饒世界が生み出されている。名雪の、パーカー的なバップ・イディオム奏法と、よりクールな波乗り感覚の寛ぎフレージング、を融け合わせつつ滑脱に歩を進めてゆく、瀟洒で涼しげ、それでいてメリハリも利いたマイルド・メロディックなその吹奏が、心地よさ抜群、生鮮度も抜群の超フレッシュな映え具合を示しており、また、ソプラノに持ち替えてのエモーショナルかつ折り目正しいメランコリック節や、谷川の中々重厚感漂う懐深いダウン・トゥ・アースなブルージー技の繰り出し様、といった辺りもばっちりテイスティーに際立って、道程はカラフルで何げに濃密な、文句なしの充実した仕上がりとなっている。

1. When Lights Are Low (Benny Carter)
2. Today's Blues (Sachiyo Nayuki)
3. How Long Has This Been Going On? (George Gershwin)
4. Dream Of Konitz (Kensaku Tanikawa)
5. 煉瓦頌 (Kensaku Tanikawa)
6. All The Things You Are (Jerome Kern)
7. Nostalgie (Sachiyo Nayuki)
8. A Night In Tunisia (Dizzy Gillespie / Frank Paparelli)
9. Body And Soul (John Green)

名雪 祥代 Sachiyo Nayuki (alto saxophone) (soprano saxophone on 3,5)
谷川 賢作 Kensaku Tanikawa (piano)
佐藤 弘基 Hiroki Sato (wood bass)
今村 陽太郎 Yotaro Imamura (drums)
齋藤 寛 Hiroshi Saito (percussion)

2016年日本作品

レーベル:nayunayu-ukiuki music(自主制作)

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします
見開き紙ジャケットCD

自主制作 紙ジャケット仕様CD

涼やかな波乗り感覚とハートウォーミングな歌心に貫かれた、瑞々しさ抜群の抒情派アルト会心打! CD 名雪 祥代 SACHIYO NAYUKI / COMFORT コンフォート[NAYU 0001]

販売価格: 2,160円 (税込)
数量:
商品情報
★仙台を拠点に活動するジャズサックスプレイヤー名雪 祥代。
★昭和音楽大学・大学院で学んだクラシックの技術に裏付けされた正確なテクニックをジャズでも生かし、その演奏は男性的な力強いサウンドと歌心溢れる女性らしい柔らかな表現の両方を併せ持つと定評がある。今回録音の「Comfort」は3度の日本アカデミー賞受賞の作編曲家兼ピアニストの谷川賢作氏との出会いから生まれた。他のレコーディングメンバーは、何度も共演を重ねる東北で活躍するミュージシャン仲間達。だからこそ醸し出すタイトル通り“心地良い”響きが包み込む。「クリアで透明感に溢れたサックスの音色が心に沁みわたる。そこが彼女の個性であり、魅力につながっている」~Jazz ジャーナリスト 小川隆夫(ライナーノーツより)

★このせわしない世の中でホッとできる温かみのある作品、しかし決してEazyには聴き流せない内容の濃さは必聴!