ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCAL優しい洒脱さと唯美的アート感覚を兼備したクール・センシティヴな清新抒情派ヴォーカル CD LUCIA CADOTSCH ルツィア・カドッチュ / SPEAK LOW スピーク・ロウ
商品詳細
★ベルリンを拠点に、Schneeweiss + RosenrotやLiun & The Science Fiction Band、Yellow Birdといった企画グループでジャンルを越えた活動を行なっている、スイス出身の女性歌手:ルツィア・カドッチュ(1984年チューリッヒ生まれ)の、本盤は、スウェーデンの逸材2人、テナーサックスのオティス・サンドシューとベースのペッテル・エル、との新生3人組ユニットによる一編。

★ヒンヤリ冷涼で透明感溢れる、中高音の澄んだ艶やかヴォイスによる、吐息風だったり語り節っぽかったりのテンダーな面と、結構ダイナミックに張りも利かせた半グルーヴィーな面、を按配よく交錯させた、基本はリリカル指向のドラマティックな演唱が、瑞々しくも芯の通った凛然たる華を成し、コク味こってりの肉厚テナーや、強烈にバネ&ウネりの効いた太いパーカッシヴなベース、らもおいしい彩りを添えた、心地よくも濃密な快演内容。
★インティメイトな和気っぽさと、浮遊空間的でトライアングルな迫真サスペンス、が好バランスで並立した、繊細かつ流麗なる道行きが続き、テナーやベースのヴォリューム感(〜重量感)ある硬派な立ち回りも絶えず頼もしげに、芳醇に際立ち、またこれに巧くプッシュされながら、カドッチュの、滑脱でいて一定の折り目正しさをキープしたセンシティヴな歌い回しが、何とも清新で美しい冴えを見せてゆく。
★歌詞とメロディーをあくまで大切にした、抒情派ジャズ・ヴォーカルの伝統に根を張るハートフルで優しい行き方、を基調としつつ、発声そのものから醸し出される「凛としたクールネス」や、一部での、スキャット〜ハミング系統の技を活かしたちょっと妖しい瞑想(幻想)感の描写、といった要素も奏効、トータル的には、オーソドックスな瀟洒さ・温和さ〜小唄感覚と、ヨーロッパらしいアートな耽美ロマン色、が絶妙に融け合った、中々奥の深い独自の歌景色がシカと描き出されており、また、レイジー・スモーキーで少々荒っぽいところもあるサンドシュー(ts)の豪快な活躍も好インパクト。

1. スロウ・ホット・ウィンド
2. スピーク・ロウ
3. 奇妙な果実
4. エイント・ゴット・ノー、アイ・ゴット・ライフ
5. ドント・エクスプレイン
6. ディープ・ソング
7. サム・アザー・スプリング
8. 柳よ泣いておくれ
9. 暗い日曜日
10. ムーン・リヴァー

Lucia Cadotsch ルツィア・カドッチュ(vocal)
Otis Sandsjo オティス・サンドシュー(tenor saxophone)
Petter Eldh ペッテル・エル(bass)

2015年8月17日-19日ポーランド録音

レーベル:Muzak

在庫有り
国内制作CD

優しい洒脱さと唯美的アート感覚を兼備したクール・センシティヴな清新抒情派ヴォーカル CD LUCIA CADOTSCH ルツィア・カドッチュ / SPEAK LOW スピーク・ロウ[MZCE 1330]

販売価格: 2,360円 (税込)
数量:
商品情報
MUZAK

★ビリー・ホリデイとニーナ・シモンにインスパイアされたスイス人女性シンガー、ルツィア・カドッチュのクールでスペイシーなニュー・チャプター系スタンダード集!

★スイスに生まれ現在ベルリンを拠点に多彩な活動を続ける新進ヴォーカリスト、ルツィア・カドッチュ。記事の質の高さで定評のあるドイツの新聞"DIE ZEIT"で「今最も重要な歌声」と称えられた彼女のインテリジェンス溢れるクール・エレガンス・ヴォイスで綴られたジャズ・ヴォーカルの未来を感じさせるスタンダード集。"Schneeweiss+ Rosenrot"や"Yellow Bird"といったユニットでジャンルを超えて活躍する彼女がスウェーデンのリード奏者、オティス・サンドシューのテナー・サックスと同じくスウェーデンのプレイヤー、ペテル・エルのアコースティック・ベースのみというシンプルな編成をバックにストーリーテラーのような彼女の浮遊感のある歌声が飛び交うそのサウンドからジャズの未来が見えてくる。