ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX大船に乗った気分の超壮快旨口な直球ハード・バップ大会! CD ERIC ALEXANDER エリック・アレクサンダー / THE REAL THING
商品詳細
★益々快調!王道モダン・テナーの横綱スター:エリック・アレクサンダー(1968年イリノイ州ゲイルスバーグ生まれ)のニュー・アルバム。ハロルド・メイバーン(p)らとの鉄壁カルテットを基本に、今回はスペシャル・ゲストとしてパット・マルティーノ(g)が3曲に加わる趣向。
●張りと弾性を兼備した、中々豊かな包容力を感じさせるテナーが、ある時は勇猛に、またある時は瀟洒に、伸び伸びと美しいメロディーを歌って清やかな華を成し、ソウルフルなピアノやアーシーなギターらも、実に頼もしげにこってり濃い彩りを添えた、壮快この上なしの敢闘内容。全者一丸となって楽しげに驀進してゆく風な、ブルース色も濃い真っ向勝負のスカッとしたハード・バップ大会が一貫し、ハートウォーミングでいて清新なスリルも絶えない、緩急ある道程の中で、アレクサンダーを筆頭とする銘々の、腰の据わったおおらかげでいて気合軒昂たるソロ活躍が、何ともゴキゲンな充実ぶりを見せてゆく。アレクサンダーの、ドライヴ感満点で大層ダイナミック、それでいて滑らかさもバッチリの、ブルージー・バピッシュな渋め吟醸テイストであったり、小粋な唄っぽさやロマンティシズムに溢れた哀愁リラクゼーション傾向だったり、微熱と激情を孕んだモーダルな行き方であったりと、その、あくまで力は八分目の、余裕や落ち着きを底流させつつの流麗ブロウ、が誠に懐広い魅力を揮いきっており、一方、ハードボイルドでダウン・トゥ・アースな、苦味走った鋭角的グルーヴ感を醸成するマルティーノの毅然とした勇姿、並びに、これとアレクサンダーのコントラスト鮮やかな連繋や、メイバーンの、熱いスピリチュアリティ&野性味もチラつかせたエモーショナルな奮戦、といった辺りにも大いに妙味深いものがある。さすが「円熟さ」の際立った、(人情味もたっぷりな、)大船に乗った気分の逸品。

1. The Real Thing (R. Caldwell / J. George) 6:23
2. Pure Pat (J. Farnsworth) 6:40
3. Summertime (G. Gershwin / I. Gershwin / D. Heyward) 6:43
4. The Night Has A Thousand Eyes (B. Bernier / J. Brainin) 9:56
5. Little Boat (R. Menescal / R. Boscoli) 5:57
6. For George And Trane (E. Alexander) 5:50
7. Sleep Warm (A. Bergman / M. Bergman / L. Spence) 6:15
8. The Chief (H. Mabern) 5:59

Eric Alexander(tenor saxophone)
Pat Martino(guitar on 2,3,8)
Harold Mabern(piano)
John Webber(bass)
Joe Farnsworth(drums)

2015年4月ニュージャージー州イングルウッド・クリフスのRudy Van Gelder Studio録音

レーベル:HighNote

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します

CD

大船に乗った気分の超壮快旨口な直球ハード・バップ大会! CD ERIC ALEXANDER エリック・アレクサンダー / THE REAL THING[HCD 7278]

販売価格: 2,150円 (税込)
数量:
商品情報
HIGHNOTE

エリック・アレキサンダー, 絶好調の演奏!
ストレート・アヘッド、小細工無しの直球勝負
3曲でゲスト参加するパット・マルティーノも好演しています

★ 2014 年初頭のリリース『Chicago Fire』に続く、エリック・アレキサンダーの2015 年4 月録音、絶好調な最新作。

★メンバーは不動のメンバーで、巨匠ハロルド・メイバーン、同時代を共に歩いてきたジョン・ウェーバーにジョー・ファーンズワース。匠のルディ・ヴァンゲルダーのレコーディングで、揺るぎない充実の演奏を繰り広げています。

★二言の必要ない、ストレート・アヘッドな直球ハード・バップ。ライナーノーツによれば、”高度なテクニックだけの演奏は大きな意味をなさないこと”、“自分のフィーリング、ブルースを表現する必要性”を90 年代にエリックが学んで来たことが、前作の同ライナーによって語られていたとありますが、この作品には、その言葉通りの演奏があります。

★小細工なく、ひたすら、自らの中にあるものを演奏するバンドの演奏は爽快そのもの。よどみなく繰り出される演奏は、ジャズを体全体で呼吸してきたメンバーだからこその勢いにも満ちています。また男性的な表現と共に、茶目っけも感じさせるメロディも魅力。ミディアム・スウィングの心地よいリズムと共に、キャッチーな旋律が踊るオープニングも粋ですし、絶好調にエリックがソロを飛ばす4 の演奏はワン・ホーン・カルテットの最高の演奏といえましょう。

★そして、今回のもう一つの魅力は、なんといっても、パット・マルティーノの参加でしょう。

★もともとHighNote で発表されたパット・マルティーノの新録音作品のメンバーに、エリック・アレキサンダーが名を連ねており、この参加は自然な成り行きといえますが、先日の来日時にも“今という時に与えられた出会いに心を集中したい”
という旨のことを語っていたマルティーノ氏と、ジャズと正面から向かい合うバンドの相性は抜群で、ブルージーに決まりまくります。特にM3 はオクターブのアプローチも用いつつ渋く決めるギターと、憂いも感じさせる影のあるサックスが好相性です。

★40代の半ばとなったエリック・アレキサンダー。90 年代にシーンに現れて以来、安定した演奏を聴かせ続けてくれていますが、ここに、充実の作品がまた一つ登場です。(新譜案内より)