ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム紙ジャケットCD紙ジャケットCD TONI LEE SCOTT トニ・リー・スコット / VOL.LONELY
商品詳細
★1961年にフレッド・アステア、エルマー・バーンスタインらによって設立されたウエスト・コーストのスモール・ジャズ・レーベル Vocal Collection Vol.1 Ava Recordsに残された秘蔵のヴォーカル・コレクション第一弾!

●トニ・リー・スコットのこのアルバムが正規盤で紹介されるのは、初めてだろう。彼女は、今もサンフランシスコで健在で本アルバムの再発を知らせると大変喜んでくれて、彼女が書いた自伝「ア・カインド・オブ・ラヴィング」を送ってくれた。この本には、波乱に富んだ彼女の半生が書かている。幾多の困難に立ち向かって、常にポジティブに生きて来た感受性の強く、優しい心をもつ、よりよい歌手になろうと努めてきた意思の強い女性の姿がそこにある。大変に感動的な自伝だ。

★本の中には、「エデンの東」がヒットしていた頃のジェームス・デイーンとの友情も書かれている。ハリウッドの食堂で良く出逢い、オートバイでやって来るジミーに私が足を失ったのは、オートバイの事故なのよ、オートバイ止めなさい、と忠告したことから二人の友情は、始まり、ジミーは、一本足の彼女を庇い、常に自信を持つように彼女を励ました。彼女もジミーがピア・アンジェリに失恋した時、慰めたり、急にスタ―になって、皆からちやほやされるが、一方、人間不信に陥っていたジミーに忠告したりと男女関係を超越した友情でむすばれていた。映画「ジャイアント」の撮影の時、彼が夜中に彼女を訪ねてきて、彼女を横に乗せて一言もしゃべらずに何時間もハリウッド中を 90 マイルのスピードで走りまわり、ほほに優しくキスして行ってしまった、という自動車事故で亡くなった直前の出来事も書かれているが、ジミーは、彼女が横にいると心が落ち着いたのだろう。それだけにジミーの自動車事故ニュースは、大変なショックだったという。その他に、歌手のジョン・ゲイリーが将来を失望して自殺しようとした時、彼女自身も失意の中にいたが偶然会って、二人で立ち直った話や彼女が行き付けのレストランで食事すると何時も先に代金を支払ってあった。誰が払ってくれたのだろうと調べるとフランク・シナトラだった、などという話も出てくる。・・・・・ライナーより

1.イット・クドント・ハプン・トゥ・ア・ナイサー・ガイ
2.サンフランシスコ
3.ホワット・ナウ・マイ・ラヴ
4.ワン・フォー・マイ・ベイビー 〜 ゴーイン・トゥ・シカゴ・ブルース
5. テン・セント・ア・ダンス※
6.マイ・ハート・ストゥド・スティル※
7.グッディ・グッディ
8.ホエア・ザ・ボーイ・アイ・セイヴド・フォー・ア・レイニー・デイ
9.想い出のサンフランシスコ
10.サムシング・クール
11.イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ※

トニ・リー・スコット (vocal)
ジェラルド・ウィギンス (piano)
ドン・アブニー (piano)※
ハワード・ロバーツ (guitar)
ウィルフレッド・ミドルブルックス (bass)
レッド・カレンダー (bass)※
ジャッキー・ミルズ (drums)

1963年6月 ハリウッド 録音

在庫有り
オリジナルLPデザイン紙ジャケット仕様CD

紙ジャケットCD TONI LEE SCOTT トニ・リー・スコット / VOL.LONELY[MZCS 1292]

販売価格: 2,520円 (税込)
数量:
商品情報