CD ブルースの旨味と烈しい抽象カラーが交錯するスイス現代ピアノ・トリオ!



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOCD ブルースの旨味と烈しい抽象カラーが交錯するスイス現代ピアノ・トリオ! ROSSET MEYER GEIGER / WHAT HAPPENED
商品詳細
●3人とも同郷であり、かつてはファンク・バンドでの僚友だったという、スイスの若手進歩派連名ピアノ・トリオによるオリジナル曲集。がっしり強堅で骨太、かつ、透明感や潤いも自然と備わった、ブレのない精悍そうなクリアー・タッチによる、ブルージーでダイナミックそしてアブストラクトでもある振り幅の大きな劇的即興プレイ!が、インタープレイ色濃いスリリングな趣向の中で旨味充分の映えを見せた、ユニークな敢闘内容。基本は結構ストレートアヘッドな、歌心、スイング感、ブルース・フィーリングをキッチリ有する現代モーダル・バップの正統らしい行き方、が凛々しげに続き、大方は主役ピアノ:Rossetの風格ある芳醇なメインストリーマーぶりが頼もしく冴えつつ、しかしエキサイトしてくると異形でけたたましくワイルドなフリー指向のインプロ激突、にも度々シフトする、という予断を許さぬ展開でフレッシュに楽しませてくれる。Rossetの、伝統的なブルース由来の吟醸ソウル・フィーリングやスピリチュアリティをその根っこに堅持した、「哀愁のタフガイ」然たるメランコリック・スインギー節の歌い上げ様、が実にイイ味を出しており、またダイナミズム傾向が強まると一気に烈しく爆発する岩石タッチの抽象的アクション攻勢や、それに呼応するドラムのアナーキー&ヴァイオレントな荒々しい乱れ打ち、更には、濃い口の情魂味をたっぷり含んだベースの野太いうねり轟鳴、にもそれぞれ理屈抜きの迫真力があり、圧倒される。

1. The Beginning
2. Die Sau
3. Feuer von Gibraltar
4. Tritt O'Nuss
5. Another Place
6. To Do
7. Fur Gregor
8. Fragment
9. Zebra Und Dromedar
10. Dribbling
11. Matteo
12. Mannsgoggel's Groove

Josquin Rosset(p)
Gabriel Meyer(b)
Jan Geiger(ds)

2009年9月16-18日イタリア-UdineのArtesuono録音

レーベル:Unit

MySpaceへ

Rosset Meyer Geigerのサイトへ

在庫切れ
CD

CD ブルースの旨味と烈しい抽象カラーが交錯するスイス現代ピアノ・トリオ! ROSSET MEYER GEIGER / WHAT HAPPENED[UTR 4266]

販売価格: 2,150円 (税込)
数量: