ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品メロウ&テンダーな優しさや瀟洒味、リラクゼーションとヒンヤリ冷涼に鋭く冴えたクールな氷の感触を併せ持つカナダの独創ヴォーカル幻盤、復刻! CD JEANNETTE LAMBERT ジャネット・ランベル / ASK HER アスク・ハー
商品詳細
カナダの人気ギタリスト:レグ・シュワガーの妹であるヴォーカリスト&ソングライター(ピアニストでもある)(ポール・ブレイと五分に組むなど中々恐ろしい面もある):ジャネット・ランベル(オランダ生まれ、カナダ-オンタリオ州サドバリー=Sudburyで育つ)の、本盤は、シュワガーを筆頭とする小コンボの伴奏で1994年1月に吹き込まれた(於モントリオール)幻の一作(Jazz From Rant原盤)の、四半世紀余ぶりのCD復刻。シャープな張りやキレを呈し、ヒンヤリ冷涼でまろやかな潤いや透明感(或いは白雪っぽさ)にも富んだ、トーン高めで芯の据わった安定感あるクリーン・ヴォイスによる、歌詞とメロディーを大切にしながら抑揚豊かに中々力強くグルーヴを体現してもゆく、基本はあくまで切々と情感の行く末を伝える躍動型のリリカル歌唱が、声音自体のキーンと冷たく冴えた清風のような趣と相まって殊の外瑞々しく爽やかな華を成し、一方、しっかりハード・バピッシュで骨太感あるギターの硬派な鋭角的アクションや、アーシー・スウィンギンにキビキビ躍動するトランペット、哀愁たっぷりにマヌーシュな郷愁を映すヴァイオリン、荘厳な古式ゆかしさとミステリアスなエキゾティック色を渾然と振りまくチェロ、らインスト陣の真剣勝負の奮戦もバッチリ芳醇にコク旨な魅力を際立たせた、歯応え充分にしてホッと安心できる何げに中身の濃い好演内容。ウォーム&インティメイトなナイト・ラウンジ気分の優しい和み感を変らず底流させ、同時に敏活で歯切れのいい鋭利なノリ=ダイナミック・スイング感をも堅持した、アウトライン的には趣味のいい軽妙瀟洒な寛ぎ小唄セッションっぽいイメージの、快テンポで小気味よい道程が続くが、主役:ジャネット・ランベルの声そのものに宿る、ノーマ・ウィンストンとまでは行かないものの独特の冷え冷えとした半思索的ムードや、シュワガーのギターを筆頭とするインスト・サウンドの重厚さ、加えて楽曲の表す適度なコンテンポラリー・テイスト、といった要素が効いて、J・ランベルの歌い回し以下銘々の文体はあくまで粋で洒脱なリラックス傾向ではあるがトータルとしては、カタギの小唄大会からちょっとずれた、仄かな内向性や鋭いクールネス、幾分かシリアスな理知的文学性の漂う、バランス感覚絶妙のシャレていつつ幽玄深いワン&オンリーな歌世界が軽々創出されており、さりげなく見事。ジャネット・ランベルの、アメリカ白人系抒情派+クール派タイプ・シンガーの系譜を汲んだ、小粋でお洒落でウィットある、軽みの利いた流麗滑脱な寛ぎスインギー節を基本身上とするも、その声質に顕れる「寒冷地をそよ吹く風」の如き研ぎ澄まされた空気感や、レパートリー各々から齎されるこれまたクール(&インテリジェント)な現代感覚、などが加味されて、メロウ&テンダーでありながら微妙に醒めたところのある、全く独自の凛とした歌声キャラが巧まずして揺るぎなく確立されていて、説得力も絶大だ。若干出しゃばり気味(?)にワシワシ攻め込んでくるシュワガー(g)の助演も濃い好アクセント。

01. ギブレ
02. サムワン・エルス
03. ドリームキャッチャー
04. アスク・ハー
05. シントラ・ソング
06. アルファマ
07. バラッド・オブ・ザ・サッド・ヤング・メン
08. タンゴ・フォー・ワン
09. リマインダーズ
10. オー、ユー・クレイジー・ムーン
11. サロブレナ
12. ホエア・ウィ・リヴ
13. ウィンター・ソルスティス

Jeannette Lambert ジャネット・ランベル (vocal)
Reg Schwager レグ・シュワガー (guitar)
Kiki Misumi キキ・ミスミ (cello)
Michel Lambert ミッシェル・ランベル (drums)

*guests:
John McGarvie ジョン・マクガビー (violin on 05, 13)
Herbie Spanier ハービー・スパニエル (trumpet on 04, 09)
Michael Stuart マイケル・スチュアート (tenor saxophone on 08)

1994年1月18,19日カナダ-モントリオールのRANT Studio録音
*(CANADA Jazz From Rant ‎rant 9417)でCD化(廃盤)

レーベル:Muzak

御予約商品
2021年2月10日発売予定
国内制作CD


メロウ&テンダーな優しさや瀟洒味、リラクゼーションとヒンヤリ冷涼に鋭く冴えたクールな氷の感触を併せ持つカナダの独創ヴォーカル幻盤、復刻! CD JEANNETTE LAMBERT ジャネット・ランベル / ASK HER アスク・ハー[MZCF 1425]

販売価格: 2,540円 (税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
MUZAK
MUZAKのヴォーカル作品

★ダイアナ・クラール、ホリー・コール、ダイアナ・パントンはじめ、多くのジャズ・シンガーを送り出したヴォーカル王国カナダの知られざる秘宝。ジャネット・ランベルの遅すぎた本邦デビュー・アルバム。

★ダイアナ・パントンのレギュラー・ギタリストを務めるカナダを代表するジャズ・ギタリスト、レグ・シュワガーの妹であり、ポール・ブレイとの共演でも知られるシンガー、ピアニスト、ジャネット・ランベル。入手困難となっていたファースト・アルバムが2020年に配信のみで甦り、そして26年振りにCDとして復刻!
★ボーナス・トラックとしてラドカ・トネフやロバータ・フラックのヴァージョンにも劣らない『バラッド・オブ・ザ・ザッド・ヤング・メン』と彼女と親交のあったチェット・ベイカーでお馴染みの『オー、ユー・クレイジー・ムーン』を収録。(メーカーインフォ)

★今作の聴きどころ、なんといってもジャネットの伸びやかで透明感溢れる歌声と、優しく寄り添うレグのギターの絶妙な掛け合いだろう。一方で、彼女はチェロに対して特別なこだわりを持っていて、キキ・ミスミの存在は欠かせないほど、その才能を認めている。こうした変則的な編成から生み出される、旋律やリズムは、ストレートなジャズというよりは、やや変化球で、ブラジル音楽、フォルクローレ、タンゴ、さらにロックやフォークといった様々な要素が取り入れられ、作品のバックグラウンドには豊かな音楽の地図が描かれているのがわかる。彼女自身は、今作の歌詞とスタイルは、ポルトガルへ旅行に行った際に出会ったファドに強く影響されたという。ちなみに、僕が最初にこの作品を耳にした時、ふと過ったのは、キャスリン・モーゼスという同じカナダ出身のヴォーカリスト/フルート奏者だった。キャスリンは、70年代にアメリカのP.Mレコードから2枚のアルバムを出していて、この独特の幻想的な雰囲気に、どこか共通点があるように感じた。このレーベルには、ダイアナ・パントンのサポートでも知られるドン・トンプソンや、ギタリストのエド・ビッカートといった多くのカナダ出身のアーティストの作品が残されているから、ただの偶然ではない気がする。
★ジャネットは今作について、「物語に満ちた映画のような作品」と説明している。冒頭の「Givre」では実際に、モノクロ・フィルムで短編のプロモーション・ビデオを撮影してYouTubeにも公開している(https://youtu.be/CCEZI1To9so)。たしかに収録されている曲はどれも幻想的な雰囲気に包まれて、陰影に富んだ映像美が感じられる。彼女自身も、聴覚的であると同時に視覚的な音楽を目指しているという。例えば、北欧のカーリン・クローグや、イギリスのノーマ・ウィンストンといったヴォーカリストにも通じる様な、クールでエレガントな空気をまとい、それでいて叙情的な美しさも併せ持っている。それに、あえてオリジナル曲にこだわるのは、ミシェルとレグの作曲家としての才能に絶大な信頼を持っているからであり、彼女もまた歌詞というストーリーの世界観を充分に重んじているからだ。素晴らしい楽曲がずらりと並ぶが、彼女自身もお気に入りだというソフト・ボサの「Dreamcather」、まるで女性版チェット・ベイカーと言いたい淡い哀愁が漂う「Ask Her」、1960年代ヨーロッパのモーダル・ジャズを捕らえたような「Winter Solstice」が筆頭に挙げたい。どれも深い内省を秘めているが、その中にきらりと光るフレッシュな輝きを見つけることができる。それがこの作品の魅力だ。・・・山本勇樹(ライナーより)

1 –ギブレ
2 –サムワン・エルス
3 –ドリームキャッチャー
4 –アスク・ハー
5 –シントラ・ソング
6 –アルファマ
7 –バラッド・オブ・ザ・サッド・ヤング・メン※bonus track
8 –タンゴ・フォー・ワン
9 –リマインダーズ
10 –オー、ユー・クレイジー・ムーン※bonus track
11 –サロブレナ
12 –ホエア・ウィ・リヴ
13 –ウィンター・ソルスティス

※bonus track
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)