ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年7月REVIEWスムース・レイジーな脱力的流麗さや寛ぎとブルージー・ソウルフルなコクっぽさやパンチが渾然一体化したコンテンポラリー・ワンホーン・ジャズの謹製品 国内制作CD REDMAN - MEHLDAU - McBRIDE - BLADE ジョシュア・レッドマン、 ブラッド・メルドー、 クリスチャン・マクブライド、 ブライアン・ブレイド / ROUNDAGAIN
商品詳細
★ジョシュア・レッドマン(ts,ss)(1969年カリフォルニア州バークレー生まれ)、ブラッド・メルドー(p)(1970年フロリダ州ジャクソンヴィル生まれ)、クリスチャン・マクブライド(b)(1972年ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ)、ブライアン・ブレイド(ds)(1970年ルイジアナ州シュリーヴポート生まれ)、という、かつて(90年代)はジョシュア・レッドマンのレギュラー・カルテットを構成していた、今や云うまでもなくいずれも一国一城の主〜斯界を代表するトップ・アーティストである希代の名手四人が凡そ26年ぶりに顔を合わせた(これまで個別に2人や3人での再共演は度々あったが、4人全員が顔を揃えるのは26年ぶりとか)、強力リユニオン・カルテットによる一編。

★幾分か怪しく入り組んだ幾何学的でリズミック&メカニカルなフレーズをクールに、淡泊に繰り出すピアノや、縦横無尽に四方八方を駆け巡りながら鋭くパンチ・キックをカマしたりちょっと不可思議に浮遊したりする飄々としたドラム、大地にしっかりと根を下ろしつつ機敏に邁進スイングするドライヴ感と雄大なスケールに満ちたベース、らにガッチリ支えられ、また適宜煽られ、触発されて、締まりと柔らかみを自然に一体化させたまろやかトーンのテナーが、半脱力調子で丸みを帯びた渦巻きウェイヴを描くかのような、マイルド・テイスティーだが決してキャッチーすぎない巧まずして抑えの利いた旨口フレーズを悠々と滑脱に紡いで、何とも清々しく同時に渋くもある中々懐深い華を成した好演内容。

★この顔ぶれならではの、親しみやすくメロディックかつノリノリではあるもののただのハード・バップではない、リズム・スタイルも当世らしく次々多彩に変移するコンテンポラリー・センス満点のリリカル・アクション的快演、が流れるようにスイスイと軽妙に、そしてまた敏活でシャープなグルーヴ感をもって事も無く展開され、リキみなく自然体で伸び伸びとスムースに舞い泳ぐレッドマン(ts,ss)、理知的・頭脳的にエッジを立ててくるメルドー(p)、自由闊達でいてあくまで流麗に遊撃をかけるブレイド(ds)、メンバー中最もオーソドックスな、黒いブルージー・ソウルとバップ・スピリット溢れる弾みっぷり〜跳ねっぷりでストレートアヘッド・ジャズらしい安定感を齎すマクブライド(b)、と、四者四様のカラフルな重層的・多層的な交錯具合・絡み合いが一定の余裕や品格を絶やさず繰り広げられて、聴く者はその颯爽とした洗練さに気分を浄化されながら終始フレッシュ・スリリングな昂揚感と美味さを満喫できる。

★レッドマン(ts,ss)の、肩の力を抜いてゆったりと抵抗なく流線形を描いてゆくかのような、思索性を孕んだちょっとミステリアスで陰影豊かな夢幻飛行風であったり、より真っ当で直球なブルース色にも富んだモーダル・バピッシュ・フレージングであったりと、ひたすら奇を衒うことなく滑らかに流れに身を任せるが如きナチュラル・スモーキー・ブロウが、さりげないさすがの熟成ぶり〜芳醇さを軽々と示していてとりわけ絶品だ。

1. アンダートウ
2. モー・ホンク
3. シリー・リトル・ラヴ・ソング
4. ライト・バック・ラウンド・アゲイン
5. フロッピー・ディス
6. ファーザー
7. ユア・パート・トゥー・プレイ

Joshua Redman ジョシュア・レッドマン (tenor saxophone on 1, 2, 3, 4, 7) (soprano saxophone on 5, 6)
Brad Mehldau ブラッド・メルドー (piano)
Christian McBride クリスチャン・マクブライド (bass)
Brian Blade ブライアン・ブレイド (drums)

2019年9月10-12日ニューヨークシティのSear Sound Studio C録音

レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン Nonesuch

解説:原田 和典
*メンバーのメッセージ日本語訳付

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

見開き紙ジャケット仕様・国内盤CD




スムース・レイジーな脱力的流麗さや寛ぎとブルージー・ソウルフルなコクっぽさやパンチが渾然一体化したコンテンポラリー・ワンホーン・ジャズの謹製品 国内制作CD REDMAN - MEHLDAU - McBRIDE - BLADE ジョシュア・レッドマン、 ブラッド・メルドー、 クリスチャン・マクブライド、 ブライアン・ブレイド / ROUNDAGAIN[WPCR 18350]

販売価格: 2,620円 (税込)
数量:
商品情報
NONESUCH

★現在のジャズ・シーンを牽引するサックス奏者のジョシュア・レッドマン、ピアニストのブラッド・メルドー、ベーシストのクリスチャン・マクブライド、ドラマーのブライアン・ブレイドのカルテットによる、1994年「MoodSwing」以来約26年振りとなるニューアルバム。レッドマン3曲、メルドー2曲、マクブライド1曲、ブレイド1曲のオリジナル計7曲収録。

■ ジョシュア・レッドマンにとって、初めてバンドリーダーを務めたこのカルテットだったが、活動期間はわずか1年半ほどだった。「このバンドは長い間一緒に出来ないってすぐに気づいたんだ。彼らは間違いなく、自分たちの世代の中で、それぞれの楽器で最も卓越し、革新的なプレイヤーだったから。その当時すでに引っ張りだこだったんだ、みんなが彼らと一緒にやりたがっていたんだ!しかも3人とも強力でカリスマ的な音楽性をもっていたから、いずれは自分たちの音楽的ヴィジョンを探求していくだろうとも感じていた。たとえ短い間だったとしても、彼らと一緒にバンドをやれた自分がどんなにラッキーだったか、誰よりもわかっているつもりだよ」 彼は、カルテットについてそう語る。

★ しかしレッドマンを始めとする4人は、この20数年間、音楽的交流が無かったわけでなはい。さまざまな形で、そしていろいろな機会において、4人のうち2人、または3人が一緒に演奏することはあったが、全員がカル テットとして揃ったことはなかったという。レッドマンはこのことについてこう語る。「実現するとは思っていた、ただいつになるかが分からなかった。俺たち全員とても忙しかったし、スケジュールの面でもクリエイティ ヴ面でもそれなりの時間が必要だったからね」

■ そして2020年。ついにその時が来たのだった。4人が再び集い制作された本作『ROUNDAGAIN』には、レッドマン3曲、メルドー2曲、マクブライド1曲、ブレイド1曲のオリジナルからなる7曲を収録。その中からレッ ドマン作曲の「Right Back Round Again」のライヴ映像が公開されている。

★ 26年前はまだニューヨーク・ジャズ・シーンの若手だった彼らも、今や現代ジャズ・シーンを牽引する存在までに成長した。 「自分だったら、10年前に実現させていたと思うよ」と語るのはブラッド・メルドー。「ジョシュ、クリスチャ ン、そしてブライアンは俺のヒーローなんだ。アヴェンジャーズと?一緒に演奏しているようなものだよ」(メーカー・インフォ)