ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年12月REVIEWエレガント&ムーディーなストリングスと豪快旨口な熟成テナーが瑞々しく融け合う雄渾ロマンティック世界 CD ERIC ALEXANDER エリック・アレクサンダー / ERIC ALEXANDER WITH STRINGS
商品詳細
★また一段と円熟味(&貫祿)も増してきた、現代正統派ハード・バップ・テナーの大人気横綱:エリック・アレクサンダー(1968年イリノイ州ゲイルズバーグ生まれ)の、このニュー・アルバムは2012年〜2013年に吹き込まれていた(於NY州ロチェスター)もので、アレクサンダーの長年の宿願だったというストリングスとの共演による(リズム・セクションは、デヴィッド・ヘイゼルタイン-p、ジョン・ウェバー-b、ジョー・ファンズワース-ds、の磐石体制)、初のウィズ・ストリングス・アルバム。

★しっとりとした澄んだ潤いやソフトでまろやかな温もりを湛えたストリングスのムード溢れる響鳴をバックに、引き締まったタフネスと柔らかな丸みや脱力感を併せ持った、ニュアンス濃やかで美味なるトーンのテナーが、豪快で雄々しくもスムース・ドライヴィングな、上手い具合にリキみの抜けた自然体調子のダイナミック・メロディック・ブロウをあくまで端正に、丁寧に紡いで、優雅なストリングス・サウンドに相性よく融け込みつつ味わい深く奥行き豊かな絵を悠々飾った、心地よさ抜群にして非常に密度の高い充実内容。

★バラード・コンセプトをメインとした歌心とリラクゼーション満点の明快直球抒情派快演、が折り目正しく綴られてゆき、カルテットのタイトなソリッド感ある凛としたハード・バピッシュ・サウンドと、ストリングスのエレガント&ムーディーな調べ、とが絶妙にブレンドされて、剛柔メリハリも自ずと細かにつけられる、中々深遠な劇的道程が展開してゆく中で、アレクサンダー(ts)の、決して奇を衒わず正攻法に徹して優しく朗々と美旋律を唄う、一聴ごくナチュラルそうでありながら何げによく考え練られ、鮮やかに構成されてもいるアドリブ妙技が、余情豊かな、そして絶えずワンポイントの余裕ある、泰然とした冴え渡り様を示して、見事。
→骨太く勇ましげで豪放なハード・ドライヴィング咆哮を頼もしげ・逞しげに轟き渡らせながら、同時並行的にソフト&マイルドなテンダネスも潤沢に漂わせる、という、全般に、パワフルでいて肩肘張らぬ和み感やセンシティヴな浪漫風情(〜優しさ)も巧まず備わった、その懐広く包容力も豊かな熟成された吹鳴のあり様は、おいしさ格別、快適度もバツグンで、弦楽アンサンブルとのマッチングも絶妙に、ウィズ・ストリングス物の王道を行く誠にゴキゲンな秀作に仕上がっている。

1. Gently (E. Alexander) 6:32
2. Dreamsville (H. Mancini) 5:09
3. Some Other Time (L. Bernstein) 5:34
4. Lonely Woman (H. Silver) 6:57
5. Slow, Hot Wind (H. Mancini / N. Gimbel) 6:21
6. The Thrill Is Gone (L. Brown / R. Henderson) 5:52

Eric Alexander (tenor saxophone)
David Hazeltine (piano)
John Webber (bass)
Joe Farnsworth (drums)
*featuring a string orchestra of 9 violins, 2 violas and 2 cellos with flute and french horn
*Dave Rivello (conductor and arranger)

2012年8月,2013年3月ニューヨーク州ロチェスターのThe Studios at Linden Oaks録音

レーベル:HighNote

▼カートでお選びください。
◎輸入盤CD
◎国内仕様輸入盤CD (日本語帯、解説:寺島靖国)

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD


エレガント&ムーディーなストリングスと豪快旨口な熟成テナーが瑞々しく融け合う雄渾ロマンティック世界 CD ERIC ALEXANDER エリック・アレクサンダー / ERIC ALEXANDER WITH STRINGS

販売価格: 2,180円~2,640円 (税込)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
仕様:
数量:
商品情報
HIGHNOTE

エリック・アレキサンダーの長年の夢であったストリングス・アルバムが登場!!

★ストリングスをバックに堂々と歌い上げるエリックの究極の美学、
バラード演奏に定評のあるエリックが曲の美しさをストレートに表現した注目作!

■人気白人テナー奏者エリック・アレキサンダーの初のウイズ・ストリングスアルバム。先日他界したピアニストのハロルド・メイバーンとの黄金のカルテットで日本でも人気がある。現在もニューヨークのジャズクラブ「Smoke」を中心に活動、世界各地へのツアー等で売れっ子のサックス奏者である。アルトサックス奏者のビンセント・ハーリングらと定期的に来日して好評を博している。サイドメンとしても多くのレコーディングに参加している。

■本作は 2012~2013 年に録音されたウイズ・ストリングスをバックにしたリーダー作品。リズムセクションには「One For All」のグループでも長年演奏している、デビッド・ヘイゼルタイン (p)、ジョン・ウエバー(b)、ジョー・ファンズワース (b) のカルテット編成に9バイオリン、2ビオラ、2チェロ、フルート、フレンチホーンのストリングスが参加したゴージャスなアルバム。

■エリックのバラード演奏は以前から定評があり、今作品でもお馴染みの有名スタンダード曲他をゴージャスなストリングスをバックにプレイしている。1 曲目の“Gently”はエリックのオリジナル曲で来日時のライブではたびたび演奏しておなじみの曲。その後、マンシーニの“Dreamsville”、バーンスタインの“Some Other Time”と続く。随所に光るデビッド・ヘイゼルタインの珠玉のバラード演奏も見どころである。エンディングの“The Thrill is Gone”はエリックの長年のお気に入り曲でもある。

■「このストリングス・プロジェクトは歌手でありジャズの理解者でもあるダイアン・アルメスト(Diane Armesto)のおかげで実現しました。」とエリックは語る。彼女のボーカルアルバムのバックとしてこのカルテットが録音に参加した後、ダイアン・アルメストはエリックの夢を真剣に受け止め、アレンジャーのデイブ・リベロ(Dave Rivello)にアレンジを依頼し、素晴らしいこのストリングス・プロジェクトが完成した。「曲の美しさをストレートに吸収し、常にメロディを最優先に考えました。」まさに究極のウイズ・ストリングスアルバムである。

■録音は2012年8月と 2013年3月、ニューヨークにて。解説はデビュー当時から現在までのエリック・アレキサンダーをよく知る寺島靖国氏。(新譜案内より)