ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 8月REVIEW【送料込み価格設定商品】 オールド・ファッションでノスタルジックなレトロ・スイング・スタイルに乗せたシスターズ物的ヴォーカル・アンサンブルの快編 CD THE COTTON SISTERS ザ・コットン・シスターズ / THE COTTON SISTERS ザ・コットン・シスターズ
商品詳細
★チバマサミ(千葉妹佐美)をリーダーとし、Chie(佐藤千恵)、ミドリ(山崎みどり)、という、いずれも福岡で活動する女性歌手3人で2013年に結成されグループとしての活動をスタート、1940年代のブギウギやスイング・ジャズの今日流再創造、Andrews Sistersのカヴァー、を主たる旨としてライヴ公演を続け人気を博し、第38回(2018年)浅草ジャズ・コンテストでグランプリを受賞した女性コーラス団:The Cotton Sisters=ザ・コットン・シスターズ、のファースト・アルバム。伴奏は2管クインテット。

★ちょっとノスタルジックなスイングorブギウギ調の粋さ溢れるコンボ演奏にノリノリで導かれながら、ピタリと息の合ったコントラスト感あるカラフルで涼やか&軽やかなそよ風の如きコーラスが、何とも瑞々しく爽快に、そして瀟洒に響き渡ってプリティーな華を成し、また、張りがあって伸びやかだったり、結構渋めのハスキー・スモーキー筋だったり、白雪のようでいてちょっぴりクラシックの声楽っぽかったり、などのソロ・ヴォーカルや、端正で燻し銀的コクも滲むトランペット、スムース・テンダーなまろやかさの中に武骨さも仄めくアルト、洒脱な旨味と耽美的ロマンティシズムを併せ持つピアノら、銘々の個人芸も的確にエッセンスを凝縮したような簡潔にして余情豊かな魅力を放った、ひたすら小気味よく晴々朗々たるキャッチー・エンタテインメント世界に波乗り心地でハマらせてくれる好演内容。

★折り目正しく腕達者な演奏陣のツボを心得た旨口妙技もきららかに、鮮麗に際立ちながら、和気あいあいのインティメイトなリラクゼーションと、歯切れよくイキのいいダイナミックなスイング感、の並立した、単純明解でストレート・リリカルなごく親しみやすい全き正攻法のイキでシャレた娯楽的行き方が続き、1曲1曲はわりかし手短にまとめられた、トントン拍子でテキパキ進む快速な道程の中で、クリーン&クールなスッキリとした清涼剤効果も抜群のコーラスや、インスト勢の趣味よく含蓄深いソロ・プレイが、あくまで風通しよく開放感ある平易にして誠にアジな冴えを見せて、大いに愉しませ、なごませる。

★三位一体の端麗美を絶やさない3ヴォーカル・アンサンブルの、一聴、半脱力調子の自然体で空中遊泳に興じるかのような滑脱さ・流暢さ・リキみなさを湛えつつ、しかしその重層声音・鳴動具合には、一糸乱れぬ中々研ぎ澄まされた精緻巧妙なる練磨ぶりもさりげなく垣間見えて、全く鮮やか。

01. Rhumboogie (lead vocal:Midori)
02. Bei Mir Bist Du Sehon (lead vocal:Chie)
03. Rum And Coca Cola (lead vocal:Masami)
04. Rumors Are Flying (lead vocal:Chie)
05. Tico Tico (lead vocal:Midori)
06. (I've Got A Guy) In Kalamazoo (lead vocal:Chie)
07. Where Or When (lead vocal:Midori)
08. Daddy (lead vocal:Chie)
09. Boogie Woogie Bugle Boy (lead vocal:Masami)
10. Brazil (lead vocal:Midori)

#01-#06, #08, #09:cover of the Andrews Sisters
#07, #10:cover of the Dinning Sisters

Masami Chiba チバマサミ (vocal)
Chie (vocal)
Midori ミドリ (vocal)
Nobuyuki Takaki 高木 伸之 (trumpet)
Masakazu Fujii 藤井 雅和 (alto saxophone)
Daisuke Saito 斉藤 大輔 (piano)
Toshihiko Kawakami 川上 俊彦 (bass)
Tsuyoshi Takemoto 武本 強志 (drums)

2019年6月20日,22日福岡市(中央区大名2丁目)ROOMS録音

レーベル:Bandwagon

在庫有り
紙ジャケット仕様CD
※この商品のみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,160円になります。

【送料込み価格設定商品】 オールド・ファッションでノスタルジックなレトロ・スイング・スタイルに乗せたシスターズ物的ヴォーカル・アンサンブルの快編 CD THE COTTON SISTERS ザ・コットン・シスターズ / THE COTTON SISTERS ザ・コットン・シスターズ[BWCD 4000]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:
商品情報
第38回(2018年)浅草ジャズコンテスト・グランプリ受賞(応募数102組中1位)記念に制作。

★「The Andrews Sisters」などのスウィング時代(1940年代)のナンバーを、メインボーカルを固定しないスタイルでカバー。3人の個性あふれる歌声と、ご機嫌なバンドの演奏で、ハッピーが満載のアルバム。博多発エンターテイメントを皆さんにお届けします。 (インフォ)

2019年6月20日,22日 ROOMS,Daimyo, Fukuoka 録音
ライナーノーツ:Jazz Spot Riverside 元店主 小串 洋一

Recording Engineered by Kikuo Tomiura(Fukuoka Civic Hall Service) Kouichi Maruyama(TARZAN SIOUND SYSTEMS) Hisakazu Arizumi (One Nine Recording Service)
Produced by Masami Chiba
Directed by Daisuke Saito(ROOOMS)

★プロフィール
The Cotton Sisters (旧称:Riverside Sisters)
チバマサミ(リーダー)、Chie、みどり
 中洲老舗ジャズスポット「Riverside」で 出会った3名のボーカリストでコーラスグループを結成しました。1940年代からアメリカで活躍したThe Andrews Sistersのカバーを中心としています。2013年に現在のメンバーで活動を開始し、 2014年中洲ジャズ等のイベントに出演。 2015年はドラマー/アレンジャーである日高潤也氏率いるビックバンド『Advanced Music Gallery』との共演を果たすなど、 福岡県を中心にイベント出演やライブ活動を行っています。 2018年、The Riverside SistersからThe Cotton Sistersに名称を変更(グループ名の由来:博多の名物といったら?)。2018年12月8日(土)に浅草公会堂で行われた「第38回浅草ジャズコンテスト」で、グランプリを受賞しました(応募総数102組中1位)。2019年1月、『Advanced Music Gallery』との2度目の共演、【In "The" Mood vol.2】で昼夜2部公演を行いました。2019年3月〜6月まで、「浅草ジャズコンテスト・グランプリ受賞記念CDを制作したいとプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングで支援金を集めました。2019年6月20日と22日にレコーディング。2019年9月10日、ファーストアルバム「The Cotton Sisters」をリリース。(HPより抜粋)