ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 7月REVIEW明快直球でイキのよさ抜群な、2管物の王道を驀進するスカッとした現代ハード・バップ会心打!超生鮮旨口!!! CD AL FOSTER アル・フォスター / INSPIRATIONS & DEDICATIONS
商品詳細
★1960年代にブルー・ミッチェルのサイドで頭角を現し、その後1970年代前期から1980年代にかけてマイルス・デイヴィスのグループの要として大活躍(一時引退・隠遁期のマイルスとも交流を続けていた数少ない側近の一人であった)、更に、ソニー・ロリンズ、マッコイ・タイナー、ハービー・ハンコック、ジョー・ヘンダーソンらの巨匠達にも重用され、自身がリーダーとして率いるバンドでも1970年代から今日まで着実にライヴ活動&レコーディングを続けてきた、バップ、ジャズロック〜ファンク、フリーなどオールラウンドに辣腕を揮う現代ジャズ・ドラムの第一人者の一人、=大ヴェテラン:アル・フォスター(1943年ヴァージニア州リッチモンド生まれ)の、久しぶりのリーダー・アルバム。
★編成的には、ジェレミー・ペルト(tp)、デイナ・スティーブンス(ts,bs)、アダム・バーンボーム(p)、ダグ・ワイス(b)とのオールスター的クインテットが基本で、演目はフォスターのオリジナル11曲に加え、最初の1曲はハンコック作、最後の1曲はマイルス作、というキャリアを総括するようでもある全13曲。
★豪快重厚な前のめりの圧倒的迫真パワー〜威勢と、緻密できめ濃やかなニュアンスの鋭さ、をごく自然に併せ持った、一音一音に実に豊かな表情と美味さを宿しつつバッチリ精確に律動するドラムの、何げに芸も細かいアタッキングな速射砲撃ワザ、に頼もしくドコドコ・バシャバシャ・シャキーン!とプッシュされながら、中々一徹な筋金入りバッパー気質のキリッとしたトランペットや、ソウルフルでレイジー・スモーキーな懐の深いテナー、モーダル・アグレッシヴだったり哀愁濃くロマンティックだったり軽妙ファンキーだったりの劇的ストーリーテラーたる本領を発揮するピアノら、それぞれに違った個性の、しかもいずれもしっかり華のある鮮度抜群の活躍が、文句なくスカッとした晴れやか&爽やかな大豊饒地帯を形成してゆく、理屈抜きの会心打内容。
★リズム・スタイルは今日らしく適宜ヴァラエティーに富むも、一貫して明るく親しみやすいキャッチーな歌心表現とダイナミック・スウィンギンなシャキシャキ歯切れもいいノリのよさ、を確たる肝とした、闊達旨口な2管物・娯楽活劇路線の鑑!とも云うべき真っ当至極の現代ハード・バップ大会、がひたすら嬉々溌剌と愉しげに展開され、フレッシュな覇気もみなぎったシンプル・ストレートで軒昂そして正々堂々たる驀進コースの中で、代わる代わるフロントに現れるソロイスト達の、吹き抜ける青嵐のように清々しいアドリブ奮戦が、終始開放的でおおらか、なおかつ超芳醇な盛り上がりを、豊作ぶりを呈して、全くゴキゲンだ。
★ペルト(tp)の、背筋の伸びた凛々しく硬質なシャープネスとまろやかな端麗美やエレガンス〜柔和さ、を的確に使い分けてのサバけた立ち働きや、スティーブンス(ts)の、雄々しいタフネスをたぎらせつつも、しかし絶えず一定の余裕・脱力感や微妙にけだるいリラクゼーションを残した含蓄ある滑脱ブロウ、そしてバーンボーム(p)の、熱血エネルギッシュさと軽妙小粋さと繊細アンニュイさ〜耽美性が渾然と融和したメリハリ抜群の進撃、更にはフォスター(ds)の、極めてパワフルであり同時に実に丹念なデリカシーをも備えたさすが百戦練磨の熟達した至芸など、ただならぬ究極に鮮やかな個人プレーの名場面も目白押し。

1. Cantaloupe Island (Herbie Hancock) 6:42
2. Ooh, What You Do To Me (Al Foster) 5:39
3. Simone's Dance (Al Foster) 5:01
4. Samba De Michelle (Al Foster) 5:54
5. Kierra (Al Foster) 5:31
6. Douglas (Al Foster) 4:48
7. Brandyn (Al Foster) 1:38 (piano & drums duo)
8. Our Son (Al Foster) 2:42 (tp-p-b-ds quartet)
9. Song For Monique (Al Foster) 4:21
10. Jazzon (Al Foster) 5:00
11. Bonnie Rose (Al Foster) 5:35 (piano trio)
12. Aloysius (Al Foster) 7:25 (ts-p-b-ds quartet)
13. Jean-Pierre (Miles Davis) 5:40

Jeremy Pelt (trumpet except 7, 11, 12)
Dayna Stephens (tenor saxophone except 7, 8, 9, 11) (baritone saxophone on 9)
Adam Birnbaum (piano)
Doug Weiss (bass except 7)
Al Foster (drums)

2019年1月28日ニューヨークシティのSear Sound Studio A録音

レーベル:Smoke Sessions

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

三面デジパック仕様CD

明快直球でイキのよさ抜群な、2管物の王道を驀進するスカッとした現代ハード・バップ会心打!超生鮮旨口!!! CD AL FOSTER アル・フォスター / INSPIRATIONS & DEDICATIONS[SSR 1904]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
SMOKE SESSIONS

マイルスのエレクトリック・バンド、ハービー・ハンコックやソニー・ロリンズ等、多くのジャズジャイアンツと共演したジャズ・ドラマー、アル・フォスターの久々のリーダー作が登場!

■ Smoke Sessions Records から、ベテランドラマー、アル・フォスターの新作が登場。リーダー作としては久々の発売となる。

■1943年バージニア州生まれ、ニューヨークで育ち1964年21歳の時にブルーノートのブルー・ミッチェルのアルバムに参加してデビューを果たす。1970年代から80年代にエレクトリック期のマイルス・ディヴィス・バンドで活動、ハービー・ハンコック、ソニー・ロリンズやマッコイ・タイナー、らのジャズ・ジャイアンツ達との共演や多くのツアーに参加した。

■最近はニューヨークのジャズクラブを拠点に積極的にライブ活動を行っているが、本作はトランペットのジェレミー・ペルト、テナー&バリトン奏者のデイナ・ステファンス、ジュリアード出身のピアニスト、アダム・バーンバウム、売れっ子ベーシストのダグ・ウエイスによるクインテット演奏。

■収録曲は全13曲。1 曲目にハービー・ハンコックの“Cantaloupe Island”、最終トラックにマイルス・ディヴィスの“Jean-Pierr”を収録。アル・フォスターと最も近かったマイルスとハービーの曲をまるでブックエンドのように配置。2曲に挟まるようにフォスターのオリジナル曲 11 曲が収録されている。オリジナル曲は今まで自分を支えてくれた家族や子供や孫たちにちなんだものである。どの曲もストレート・アヘッドでアル・フォスターのドラミングも絶好調である。

■録音は2019年1月、ニューヨークのシェア・サウンドにて。ジャケット写真は数多くのジャズCDのカバーを撮影しているJohn Abbott氏。ハードバップ・ファン、メインストリーム・ファンにお勧めの一枚である。(新譜案内より)

Recorded January 28, 2019 at Sear Sound Studio A in New York City on a Neve 8038 Custom Console