ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品迷いなく明快豪快にストレートアヘッド街道を突き進むスカッとした娯楽活劇的ワンホーン・バップの金字塔!!! CD NEW YORK ALL-STARS featuring ERIC ALEXANDER ニューヨーク・オールスターズ feat. エリック・アレクサンダー / BURNIN' IN LONDON
商品詳細
エリック・アレクサンダー(ts)(1968〜)とハロルド・メイバーン(p)(1936〜)の鉄壁コンビを核とした強力4人組チーム:New York All-Starsによる、2017年11月英ロンドンのPizza Expressジャズ・クラブでの公演の模様を収めた、白熱のライヴ・アルバム。肉太くも引き締まった逞しさ〜タフネス一杯な美味トーンのテナーが、ダイナミックに渦巻きウェイヴを描きつつ朗々と哀歓を歌って、実におおらかに、雄渾なる華を成し、歯切れよく威勢のいい前のめりな大立ち回りで嬉々溌剌と追い上げてくるピアノのパッションほとばしった奮戦、も頼もしげに彩りを添えた、理屈抜きの圧倒的なスケールのデカさと圧倒的なノリのよさで大いに昂揚させる会心打内容。徹頭徹尾メロディアス&スウィンギンでブルース由来の吟醸味もたっぷり含んだ、極めてストレートアヘッドかつスカッと壮快この上なしの娯楽活劇的な現代ハード・バップ熱演、が意気軒昂に、そして愉しげに展開され、中々超激烈に速射砲撃をカマしてくるドラムや、重厚&敏活に精確な律動を見せるベース、らのサポートにガッチリ支えられ、煽られながら、アレクサンダー(ts)とメイバーン(p)の、気力も充実しきったハイテンションな、それでいて泰然自若たる腰の据わり様、重心の据わり様も好もしい、悔いなき完全燃焼のアドリブ合戦が云うことなしの豊作ぶりを呈して、全くゴキゲンだ。アレクサンダー(ts)の、野太くストロングで躍動感満点の勇猛アクション咆哮をひたすら強靱・屈強にアツく轟かせて、正に問答無用の大興奮とこってりした旨味を満喫させてくれる反面、バラードでは一転して繊細で瀟洒そしてちょっとナイーヴなロマンティストになりきってじんわり寛がせてもくれる、その衒いなく悠々とした懐深い語り口が絶好調に冴え渡っており、一方メイバーン(p)の、ファンキーでソウルフルな漆黒のコク味全開フレージングと、モーダル・アグレッシヴな怒濤のアクション攻勢、を細かくも烈しく交差させつつ豪快に突撃驀進する劇的立ち働き、もこれまた誠に鮮麗で、両者ともケレンを排してシンプル・ストレートに一インプロヴァイザー、一バッパーに徹しきった潔し!の燃えっぷりが文句なしに素晴らしい。

1. Almost Like Being In Love
2. I Could Have Danced All Night
3. Nightlife In Tokyo
4. It's Magic
5. The Night Has A Thousand Eyes
6. Summertime

Eric Alexander (tenor saxophone)
Harold Mabern (piano)
Darryl Hall (bass)
Bernd Reiter (drums)

2017年11月20-21日英国ロンドン-ソーホー(Soho)のPizza Express Jazz Clubでのライヴ録音(英国作品)

レーベル:Ubuntu Music

御予約商品
CD
入荷予定時期:2018年11月上旬 受注締切:2018年10月30日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。




迷いなく明快豪快にストレートアヘッド街道を突き進むスカッとした娯楽活劇的ワンホーン・バップの金字塔!!! CD NEW YORK ALL-STARS featuring ERIC ALEXANDER ニューヨーク・オールスターズ feat. エリック・アレクサンダー / BURNIN' IN LONDON[UBU 0012CD]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
UBUNTU

2018年締めのワンホーンはこれで決まり!!エリック・アレキサンダーにハロルド・メイバーンというNY勢がロンドンで燃え尽きた夜が音盤化!!

★ハードバップ~ワン・ホーン好きの皆様!! 昨年大ヒットを記録した2017年ワン・ホーン大本命レオ・リチャードソンのようなストレート・アヘッドでスウィンギー、流れるように吹きまくってくれるワン・ホーンないかな・・・とお思いではございませんか? 昨年レオ・リチャードソンをリリースした英国のレーベルubuntuがまた最っ高のハードバップ~ワン・ホーン作品をリリースしてくれました! 
★ "昨今のストレート・アヘッドなジャズの世界で最も重要なソロイスト"とも評され不動の人気直球テナー奏者エリック・アレキサンダー、黄金の1950年代からニューヨークのジャズ・シーンで活躍するベテラン中のベテラン・ピアニスト、ハロルド・メイバーン、名門SteepleChaseからもリーダー作を発表し、ジャズの伝統を後世に引き継ぐドイツのドラマー、ベルント・レイター、世界のジャズ・シーンで活躍するベース・プレイヤー、ダリル・ホールというメンバーで、タイトルの如く燃え尽きるかのような最っっ高の演奏を披露。
★ 迷うことなきドストレートで直球勝負なエリック・アレキサンダーに御年83歳の御代ハロルド・メイバーンの演奏に鳥肌と同時にジーンと込み上げてくるものが・・・ スウィングしまくりのベルント・レイターとダリル・ホールの演奏からも耳が離せず、「最高!!!!」と思わず声が出てしまう特濃の60分間!! 兎にも角にもハードバップ~ワン・ホーン好きならば必聴の1作、2018年〆のワン・ホーンはこのアルバムで決まりです!! (新譜案内より)