ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOブレッカー兄弟も大活躍する精悍凛々の昂揚感に溢れた80年代ハード・バップ会心打! 2枚組CD RICHIE BEIRACH リッチー・バイラーク / INBORN
商品詳細
★レニー・トリスターノに師事し、バークリー音大に学んで、スタン・ゲッツやチェット・ベイカーとの共演、デイヴ・リーブマンとのコラボ、等で人気を博してきた、学術理論に長じる探究肌な現代ジャズ・ピアノの重鎮:リッチー・バイラーク(1947年ニューヨークシティのブルックリン区生まれ)の、本盤は、ランディ・ブレッカー、マイケル・ブレッカー、ジョン・スコフィールド、ジョージ・ムラーツ、アダム・ナスボーム、という敏腕連と組んだ変動的コンボによる、1989年4月NYで吹き込まれた一作「Some Other Time - A Tribute To Chet Baker」(Triloka原盤)に、同じ顔ぶれによる未発表のライヴ音源を加えて2枚組とした強力再発版。
★苦味走った厳しい表情でシャープ&ソリッドに圧倒的ダイナミズムを体現するピアノの大立ち回り攻勢や、バップ色も豊富にひたすら朗々とよく歌うトランペット、まろやかでおおらかそれでいて繊細さとロマンティシズムに満ちた端麗な哀愁節を綴るテナー、濁りを利かせてダーク&ゲリラティックに暗躍するギター、らが極めて濃厚でスリリングな見せ場を形成してゆく、それぞれに迷いなく腰の据わった完全燃焼ぶり&花形役者ぶりで、大いに昂揚させる敢闘内容。
★メロディアスだが決して甘すぎず、硬派でハードボイルドな精悍凛然さをキッチリ堅持した80年代らしいキレのあるモーダル・バップ熱演が展開され、少々荒っぽくもシンプル・ストレートな抜群の疾走感をもって鋭敏に驀進するノリノリのライヴ編と、落ち着いた調子で何げに簡潔かつ高密度な構成力の粋を発揮する余情深きスタジオ編、とが按配よく好対照を成した、一貫してごく親しみやすくも中々濃度の高い充実した道程に仕上げられている。
★バイラーク(p)の、シリアスで毅然げな立体力学的アクション・プレイで烈々に興奮させてくれる一方、バラードでのしっとり優しい耽美派ロマンティストぶりがまた妙味深いその、終始背筋がキリッとしていて研ぎ澄まされた鳴音のあり様、が実に魅惑的で、一方、マイケル・ブレッカー(ts)の懐広くマイルド・テンダーな包容力と雄渾のスケールに満ちた誠に心地よい寛ぎブロウや、ランディ・ブレッカー(tp)のシャキシャキ・キビキビ・テキパキした歌心一杯の真性バッパー然たる立ち働き、といった辺りも超美味で好インパクト。

CD 1 - Live:
1. Paradox (R. Beirach) (7:06)
2. Alone Together (A. Schwartz) (6:17)
3. Inborn (R. Beirach) (9:35)
4. Con Alma (D. Gillespie) (9:22)
5. Sunday Song (R. Beirach) (7:10)
6. In Your Own Sweet Way (D. Brubeck) (8:33)
7. You Don't Know What Love Is (G. de Paul) (8:13)
8. Broken Wing (7:08)

CD 2 - Studio:
1. My Funny Valentine (Rogers / Hart) (3:50)
2. Leaving (R. Beirach) (6:05)
3. Inborn (R. Beirach) (9:26)
4. Some Other Time (L. Bernstein) (6:20)
5. Sunday Song (R. Beirach) (6:46)
6. Young & Foolish (Horwitt / Hague) (6:31)
7. Paradox (R. Beirach) (6:55)
※CD 2:1989年4月17&18日ニューヨークのクリントン・スタジオ録音

Randy Brecker (trumpet, flugelhorn on CD1-1,2,4,6,7,8,CD2-1,2,7)
Michael Brecker (tenor saxophone on CD1-3,5,CD2-3,5)
John Scofield (guitar on CD1-1,4,8,CD2-2,7)
Richie Beirach (piano)
George Mraz (bass except CD2-1)
Adam Nussbaum (drums except CD1-3,5,CD2-1,3,5)

レーベル:Jazzline

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します

2枚組CD

ブレッカー兄弟も大活躍する精悍凛々の昂揚感に溢れた80年代ハード・バップ会心打! 2枚組CD RICHIE BEIRACH リッチー・バイラーク / INBORN[N 77049]

販売価格: 2,600円 (税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
JAZZLINE

【名演!】マイケル・ブレッカー, ジョン・アバークロンビーに捧ぐ・・・
尽くせぬ思いを抱く1980年代という時代へのバイラークのオマージュ
1989年NY, 熱い鮮烈な演奏と深いバラード演奏の数々


★1980年代のジャズの創造力、熱さを伝える演奏!!
★1947年、ニューヨークに生まれたリッチー・バイラークは、70年代初めからECMで数々の作品をリリース。今は教鞭をとってきたドイツに拠点の中心を移して、演奏活動も行っていますが、80 年代への思いは特別なものがあるようで。そして、本作はそんなバイラークの時代への思いと、時代が生んだ創造力を証明してあまりある作品になりました。

★録音は、1989年4月17日と18日、マイルス・デイビスや、ビル・エヴァンス、またマッコイ・タイナーといったアーティストも録音を行ったニューヨークのクリントン・スタジオ。

★メンバーはランディ&マイケル・ブレッカー、ジョン・スコフィールド、ジョージ・ムラツ、アダム・ナスバウム。このバンドは純然たるレギュラー・バンドではなかったものの、リッチー・バイラークが、その時代のオリジナルを含め、自らの表現を形にしたくなった時に集結した特別なグループ。冒頭一曲目を聴けば、如何にメンバーが通じ合っていたか、疑う余地もないというものがあります。アダム・ナスバウムが叩きだす強力なリズム。屋台骨として当意即妙にラインをクリエイトするジョージ・ムラツ。コルトレーン直系と自らを位置付けてやまなかったマイケル・ブレッカー、ハイノートも絶好調に飛ばすランディ・ブレッカー。アウトするフレーズをポップに聴かせるジョン・スコフィールド。そして、モードなフレーズを切れ味鋭いリズムで聴かせる主人公リッチー・バイラーク。この音、正に1980年代!!冒頭一曲のみで、この時代の主流派ジャズのある種のスピリチュアリティがあふれだします。そうした演奏はたとえば、名スタンダードとして名高い“You don't Know What Love Is”でもしかり。バラードとしてスローで演奏されることも多いこの曲をアップ・テンポで、疾走感あふれるアレンジで演奏していく所に、このバンドのアイデンティティがあふれてやみません。

★しかし、そうしたパワーが漲る演奏と共に、耳を惹きつけてやまないのが、バラードの演奏。この日の録音は、曲によって構成メンバーが変わりますが、たとえば、トリオで演奏するバーンスタインの“Some Other Time”(CD2-M4) は、エヴァンスを正統的に継承する存在とも言われたバイラークのリリシズムがあふれる演奏。また、マイケル・ブレッカーとバイラーク、ムラツで演奏されるバイラークの名曲“Sunday Song”の慈しみに満ちた演奏は、感涙ものの美しさ。この曲はライヴとスタジオ演奏と2ヴァージョン双方がありますが、マイケル・ブレッカーの繊細なバラード・プレイが聴けるトラックとして、ファン必聴の名演といえそう。ランディ・ブレッカーとのデュオで奏でられる“My Funny Valentine”はチェット・ベイカーに捧げたトラック。またドラムレスの変則トリオで演奏される“Inborn”にも心を浄化するカタルシスさえ感じさせるものがあります。

★バイラーク曰く、“1980 年代はエヴァンス、コルトレーン、マイルス、モンク、ミンガス、セシル・テイラーといったアーティストが創造力を爆発させた1940年代から1960年代のような時代とは違うため、歴史的には、革新的で、クリエイティヴな時代とはみられていないかもしれない。しかし、1980年代は現代とは明らかに違い、巨匠たちは存命し、常に自分たちにインスピレーションを与え、ハイレベルな音楽が創られ続けてきた”とのこと。その言葉には、ある種の喪失感と、センチメンタリズムというものも感じざるを得ませんが、しかし、こうした演奏が作品化されることで、今という時代に問いかける力も確実に存在していることも感じます。

★スタジオ録音の一部はCD化(TRILOKA RECORDS 320181-2 Some Other Time - A Tribute To Chet Baker)されていたこともありますが、すでに廃盤になって、久しく、今回は、完全未発表のライヴ・ヴァージョンも収録して、作品化。リッチー・バイラーク自身がライナーノーツを執筆し、マイケル・ブレッカー、そして、先日亡くなったジョン・アバークロンビーに捧げるリリースというのも泣けます。 (新譜案内より)