ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > BIG BANDCD Count Basie カウント・ベイシー / Live In Berlin 1963
商品詳細
★1963年初来日後の9月-ヨーロッパ楽旅、スヌーキー・ヤング, アービー・グリーン, ジミー・ラッシングも参加した絶好調ライヴ!

★1963 年はモダン・ベイシー・バンドの頂点を記す年でした。クインシー・ジョーンズのアレンジメントで大傑作『This Time By Basie』や『Li'l Old Groovemaker…Basie!』を、そしてビリー・バイヤーズのアレンジメントで『More Hits Of 50's And60's』と『Basie Land』を録音、エラ・フィッツジェラルドとの共演盤も残しているのですが、その他にも、5 月から6 月にかけては待望の初来日コンサートを行って日本のファンを狂喜させています。これは日本から一旦帰国した後の9月に敢行されたヨーロッパ楽旅の間にベルリンで収録された演奏で、「Moon River」、「Swingin' Shepherd Blues」、「Corner Pocket」、「The Midnight Sun Never Sets」など日本でのステージがまざまざと目に浮かぶ曲などを切れ味鋭く料理するバンドの絶好調ぶりが伝わってきます。日本公演に参加しなかったスヌーキー・ヤング(tp)とアービー・グリーン(tb)の参加にもご注目。また、歌手は日本に来たジミー・ウィザースプーンではなく初期のベイシー・バンドに帯同していたジミー・ラッシングがつとめており、あの素晴らしい歌声をたっぷりと楽しむことができます。(新譜案内より)

1. In A Mellow Tone (6:08) (Side A)
2. Moon River (3:20) (Side A)
3. Misty (3:18) (Side A)
4. Corner Pocket (5:24) (Side B)
5. Count'em (6:22) (Side B)
6. Announcement Count Basie (0:28) (Side B)
7. Mr. Five By Five (2:02) (Side B)
8. I Want A Little Girl (3:32) (Side C)
9. I'm Coming Virginia (2:02) (Side C)
10. The Swinging Shepherd Blues (3:55) (Side C)
11. The Midnight Sun Never Sets (3:05) (Side C)
12. It Needs To Be Bee'd With (4:27) (Side D)
13. Lil' Darlin' (4:01) (Side D)
14. One O'Clock Jump (1:37) (Side D)
15. Jumpin' At The Woodside (3:09) (Side D)

Snooky Young, Al Aarons, Sonny Cohn, Don Rader, Rickie Fortunatus(tp)
Henry Coker, Grover Mitchell, Benny Powell, Urbie Green(tb)
Marshall Royal(as)
Eric Dixon(ts, fl)
Frank Wess(as, fl)
Frank Foster(ts)
Charlie Fowlkes(bs)
Count Basie(p)
Freddie Green(g)
Buddy Catlett(b)
Sonny Payne(ds)
Jimmy Rushing(vo)

Recorded September 9, 1963 at the Sportpalast, Berlin, Germany

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します
CD

CD Count Basie カウント・ベイシー / Live In Berlin 1963[N 77026]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
JAZZLINE