ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX清新でいて滋味に満ちた寛ぎ抒情派エンタテイメント路線の鑑! CD SCOTT HAMILTON & JEFF HAMILTON TRIO スコット・ハミルトン & ジェフ・ハミルトン・トリオ / LIVE IN BERN
商品詳細
★スコット・ハミルトン(1954〜)+ジェフ・ハミルトン(1953〜)・トリオ、という、強力な顔合わせのスペシャル・カルテットによる、スイス-ベルンで催された国際ジャズ・フェスティヴァル出演時(2014年5月)のステージの模様を収めたライヴ・アルバム。流麗潤滑で温かみに満ちたテナーサックスのメロディック吹鳴が爽やかに、ハートフルに華を成し、歯切れよくシャキシャキしたドラムの躍動や、強堅でイナセげなピアノ弾奏、もおいしい彩りを添えた、誠に清々しく胸躍るような充実内容。
★リズム・スタイルは中々変化に富み、全般にアレンジや構成もしっかり考えられた、一定の緻密さや簡潔さを備えるセンスのいい寛ぎ抒情派演奏(モダン・スイング調)、が楽しげに展開され、ジェフ・ハミルトンの、安定律動性バツグンでいて縦横に小回りも利いた、結構芸の細かい闊達ドラミングが、一貫してテイスティー・グルーヴィーな魅惑的オーラを背後から放ち続ける中で、スコット・ハミルトンのさすが円熟味溢れる鮮やかな至芸や、タミール・ヘンデルマンのイキでホットな奮戦、がゴキゲンに豊作ぶりを呈してゆく。
●スコット・ハミルトンの、リキみなくスイスイと波乗り遊泳を楽しむようであり(絶妙にパンチも利いている!)、それでいて、そうした自然な豪快さの反面、ジェントルマンな気品や余裕〜ウィットっぽさも決して失うことがない、という、美旋律性と優しい旨味に貫かれたひたすらスムースな洒脱ブロウ、が冴えに冴え渡っており、一方ヘンデルマンの、スクエアーな硬派バップらしさと、ファンキーでソウルフルな熱血さ、を併せ持った劇的活躍もサエた鮮度で際立って、その道程は芳醇にしてスッキリ清新な、瑞々しい昂揚感に満ちた快適この上なしの仕上がりとなっている。

1. September In The Rain
2. All Through The Night
3. Watch What Happens
4. Soul Eyes
5. This Can't Be Love
6. There'll Be Some Changes Made
7. Sybille's Day
8. Key Largo
9. Woody'n You
10. The Champ
11. Ballad For Very Tired And Very Sad Lotus Eaters
12. You And The Night And The Music
13. Centerpiece

Scott Hamilton(tenor saxophone)
Tamir Hendelman(piano)
Christoph Luty(bass)
Jeff Hamilton(drums)

2014年5月18日スイス-ベルンのMarians Jazzroomでのライヴ録音

レーベル:Capri

在庫有り
デジパック仕様CD

清新でいて滋味に満ちた寛ぎ抒情派エンタテイメント路線の鑑! CD SCOTT HAMILTON & JEFF HAMILTON TRIO スコット・ハミルトン & ジェフ・ハミルトン・トリオ / LIVE IN BERN[CAPRI 74139]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:
商品情報
CAPRI

★スコット・ハミルトンとジェフ・ハミルトン、この二人のハミルトンの共演での録音は今回初めて。スイスのベルンのInternational Jazz Festival開催中にMarians Jazzroomで行われたライブ・セッションでの録音がCAPRIレーベルより登場。
●同じ方向性での活動で今まで大いに接点が有りそうだったのですが、しかし、嬉しい組み合わせです。ジェフ・ハミルトン・トリオでお馴染みのタミール・ヘンデルマン(p)、クリストフ・ルティ(b)の表情豊かなスインギー演奏も、とても楽しみです。