ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)マイルドな耽美性と旨口ブルージー・ソウルがゴキゲンに融け合う熟練の自然体ピアノ!  永井 隆雄 トリオ TAKAO NAGAI / MIDNIGHT VOYAGE ミッドナイト・ヴォヤージ
商品詳細
★前作「Black Nile」も好評を集めていたベテラン歯科医ピアニスト:永井隆雄(1951年東京生まれ)の、今回は、ボディルセン&ルンドのデンマーク凄腕リズムと組んだ国際トリオによるスタンダード集。

★透明感と陰影が程好く合わさった、カッチリ堅固で鋭角なクリアー・タッチによる、明朗な歌心やロマンティックな耽美性に溢れ、渋旨なブルース・フィーリングもバッチリたっぷり備わった、衒いなきオーソドックス肌の抒情派バップ・プレイが、スケールも中々雄大におおらかな映え具合を見せた好投内容。

★メロディアスな抒情味を何より大切にし、ごっつり重厚でダイナミックなスイング感を絶やさない、「歌物派リリカル・エンタテイメント指向のハード・バップ」の鑑とも云うべき、単純直球型の躍動的快演が伸び伸びと楽しげに紡がれてゆき、適度に豪放でラフな勢いに満ちた道程の中、永井の、一貫して小細工抜きの真っ向勝負態勢で得意ワザ披露大会に嬉々として興じる、といった感じの、自然体でありつつ気力の充実しきった勇躍が冴えている。

★歌曲ナンバーを甘美かつ機動的に奏破する辺りにはエヴァンスの影が、また、フォークやゴスペルの色合いを含んだリズミカルなグルーヴ路線曲ではややキースっぽい面が、各々垣間見られもするが、トータル・イメージとしては、その中々ハードで重みあるガキゴキしたタッチの迫力もあって、「正統派の雄渾ハード・バッパー」然たる頼もしいキャラが確立されており、殺陣風の硬質なバップ・イディオム技やファンキー小唄的寛ぎフレーズも活用しつつ幾分か荒削りに、豪快に驀進を決め込んでゆく骨太な鳴音の様は、ブレのない説得力&旨味に溢れている。ボディルセンの横槍攻勢もGOOD。

1. Stella By Starlight ステラ・バイ・スターライト
2. Loud-Zee ラウド・ズィー
3. You Don't Know What Love Is 貴方は恋を知らない
4. What Is This Thing Called Love 恋とは何でしょう
5. Dark Eyes 黒い瞳
6. Autumn Leaves 枯葉
7. On Green Dolphin Street オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
8. Blues On The Corner ブルース・オン・ザ・コーナー
9. In A Sentimental Mood イン・ア・センチメンタル・ムード
10. Midnight Voyage ミッドナイト・ヴォヤージ

永井 隆雄 Takao Nagai(p)
イェスパー・ボディルセン Jesper Bodilsen(b)
モーテン・ルンド Morten Lund(ds)

2010年11月9日 横浜(Sugita Theatre)録音

レーベル:Marshmallow

永井 隆雄のサイトへ

在庫有り
厚紙Wジャケット仕様CD

マイルドな耽美性と旨口ブルージー・ソウルがゴキゲンに融け合う熟練の自然体ピアノ!  永井 隆雄 トリオ TAKAO NAGAI / MIDNIGHT VOYAGE ミッドナイト・ヴォヤージ[MMEX 147]

販売価格: 2,700円 (税込)
数量:
商品情報