ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > GUITAR瀟洒で風流な、思わずホッとするシブ瑞々しいリラクゼーション世界CD BUCKY PIZZARELLI バッキー・ピザレリ / CHALLIS IN WONDERLAND
商品詳細
●依然元気一杯な大長老:バッキー・ピザレリ(1926〜)の、今回は、長年敬愛してきたビル・チャリス&ビックス・バイダーベックに因んだ一編。編成は、Jerry Brunoのベースを不動の柱としつつの、息子ジョン参加のトリオや、ストリング・カルテット入りのセクステット、ヴァイオリンorマンドリン入りのトリオなど。グラッペリ風ヴァイオリンのメロディック・スウィンギンな滑脱プレイ(またはその立体化っぽいストリング・アンサンブル)、も適宜な按配で花形っぽくフィーチュアされながら、バッキーの、アコースティックによるリズム・ギター的なサバけた趣向と、7弦エレキによる潤いたっぷりのバラード的な美メロ表現、とを的確に使い分けた、さすが醸熟のマイルド・ブルージー・プレイが事も無げな軽やかさで悠然・飄然と絵を飾ってゆく、また何とも幽玄深い快投内容。ストリング陣入りのトラックでは、概ねフランス・ホット・クラブ的なスイング・スタイルを基調としながら、バッキーの、カラッとした風合いの中にも爽やかな潤いを多々含んだ、キレのあるリズミカルなコードワークが燻し銀風の渋い魅力を放ち、一方、ジョンとの2ギター体制では、トータルな音響造形デザイン面により緻密で細かい意匠の揮われた、ちょっとレス・ポール似だったりチェンバー風だったりの、メロウでお洒落な趣味よき寛ぎ浪漫派的アプローチに終始して、その優しい快適空間にしっとり酔わせてくれる、といった具合で、全体を通じてアレンジ・構成に中々周到な創意を凝らした、無駄もない簡潔かつ高密度な展開となっている。が、しかし、バッキーのギター演奏そのものには、いささかもリキんだところはなく、陽気で伸び伸びとした風流歌人の如きリラクゼーションが鳴音に満ち溢れていて、どこを聴いても思わずホッとさせられる。という絶妙の塩梅。

1. Sunday
2. Sugar
3. Challis In Wonderland
4. Davenport Blues
5. In The Dark
6. Romanza
7. Singing The Blues
8. In A Mist
9. Oh Baby
10. Sugar
11. Candlelights
12. What's New
13. I'm Coming Virginia
14. Flashes

Bucky Pizzarelli(ac-g,7string-g)
John Pizzarelli(7string-g on 3,5,6,12)
Jerry Bruno(b)
Dick Lieb(strings-arr,strings-cond on 1,4,7,10,13)
Aaron Weinstein(vln on 1,2,4,7,10,13)(mandolin on 9)
Svetlana Tsoneva(vln on 1,4,7,10,13)
Olivia Koppell(vla on 1,4,7,10,13)
Jesse Levy(cello on 1,4,7,10,13)

2010年8月15日、2011年3月28&29日NYCのNola Studios録音

レーベル:Arbors

レーベル(Arbors Records)の商品ページへ

在庫有り
CD

瀟洒で風流な、思わずホッとするシブ瑞々しいリラクゼーション世界CD BUCKY PIZZARELLI バッキー・ピザレリ / CHALLIS IN WONDERLAND[ARCD 19435]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報
今回、バッキー・ピザレリがタイトルとして掲げたChallisとは、彼が尊敬してやまない一時代前のアレンジャーBill Challisに他ならない。あのビックス・バイダーベックのコラボレーターでもある人物です。バッキーはバイダーベックのピアノソロをギターに置き換えて演奏する程、バイダーベック、及びチャリスに傾倒しているのです。バッキーが最初にビックスのピアノソロを聴いたのは1940年代、ヴォーン・モンロー・オーケストラの所属していた時でした。(実際は31年にバイダーベックは亡くなっているので、映像で見たのかもしれません)そして60年たった今日まで、ビックス・バイダーベックの音楽に何らかの形でかかわりを持ち続けています。今回の作品ではバイダーベックとチャリスとのコラボレーションで生まれた5曲を含み、息子ジョンとのデュエットでの4曲も披露。ビックス・バイダーベックの熱狂的ファンは長年、「Bix Lives」の信条を固く信じてきました。そして今回の作品で、ビックス・バイダーベックの音楽は紛れもなく現代に生き続けているという真実を確信させてくれたバッキー・ピザレリに、心から感謝しています。(ARBORSの新譜インフォを一部和訳)